ガソリン代を節約!上手なエコドライブで家計の支出を減らす技

投稿日:2019-06-24 更新日:

エコドライブガソリン代節約
車に乗っていると、どうしても燃費のことが気になってしまうという方が多いのではないでしょうか?

また、地球温暖化対策でCO2排出量の削減が緊急の課題にもなっています。

そこで、注目を浴びているのがムダな燃料消費を抑える“エコドライブ”です。
燃費はエンジンの排気量にも左右されますが、実はちょっとした運転の仕方で劇的に変わるのです。

そこで今回は、エコドライブのポイントをまとめた「エコドライブ10のすすめ」(エコドライブ普及連絡会)について解説していきます。

エコドライブ10のすすめ
ふんわりアクセル「eスタート」
車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
減速時は早めにアクセルを離そう
エアコンの使用は適切に
ムダなアイドリングはやめよう
渋滞を避け、余裕をもって出発しよう
タイヤの空気圧から始める点検・整備
不要な荷物はおろそう
走行の妨げとなる駐車はやめよう
自分の燃費を把握しよう
(平成24年10月 エコドライブ普及連絡会)

アクセルはふんわり穏やかに!

エコドライブガソリン代節約
エコドライブの基本は、急なアクセル操作をしないこと。
発進するときは、ふんわりと穏やかにアクセルを踏む「eスタート」を実践しましょう。
最初の5秒で時速20kmまで加速することが目安とされています。

ただし、信号待ちの先頭からの発信、合流した後などは、ほかの車の妨げにならないように、しっかり加速することが大切です。

信号待ちからの発進がもたつくと、一度の青信号で通過できる車が少なくなり、渋滞の原因になりかえって環境に悪影響を与えます。

また、走行中は、一定の速度で走ることが大切です。ムダな加速や減速が多いと、市街地では2%程度、郊外では6%程度も燃費が悪化します。ほとんどの場合、車間を広くすることで、ムダな加速や減速は避けられます。

そして、前方の信号が赤になるなど停止することがわかったら、早めにアクセルから足を離すことも大切です。車は惰性である程度は進みますので、ムダな燃料消費を防げます。

また、減速するときや坂道を下るときは、積極的にエンジンブレーキを活用しましょう。ブレーキで減速するよりも、燃費が良くなります。

ただし、自分の燃費だけを気にして周囲の交通の状況や流れのことを考えない“エゴ”ドライブにならないように注意してください。

信号待ちの先頭になった場合はすみやかに制限速度まで加速する、2車線道路であれば左側を走る、混雑時は極端に手前から減速しないなどを心がけましょう。

エアコンとアイドリングのストップは基本

エコドライブガソリン代節約
エアコンは冷却と除湿を行うものですので、基本的に暖房のときは必要ありません。
ですので、暖房を使うときは「ACスイッチ」はオフにしておきましょう。これは知らなかったという人が多いのではないでしょうか。

ただし、雨など湿気が多い日にエアコンをオフにして暖房を使うと、窓が曇ってしまいます。

そんな場合は、外気導入に切り替える、風向きを「デフロスター」(上向きの矢印の位置)にしてフロントガラスに風を当てると解消できます。それでも解消しない場合は、エアコンをオンにしましょう。

そして、アイドリングも意外なほど燃費を悪化させます。車にもよりますが、10分のアイドリングで約0.13リットルの燃料を消費します(エアコンはオフの状態)。

荷物の積み下ろしや待ち合わせなど、ちょっとした時間でもエンジンを止めてください。

また、長年の習慣で暖機運転をしている方もいるかもしれませんが、最近の車は暖機運転をする必要がありません。暖機運転時は5分で約0.16リットルの燃料を消費してしまいますので、エンジンをかけたらすぐに発進しましょう。

ただし、-20℃程度の極寒冷地などの特殊な使用環境では、暖機運転をしてください。

ちょっとした気配りで燃費が改善!

エコドライブガソリン代節約

燃費をよくするためには、日々のちょっとした気配りやメンテナンスも重要です。タイヤの空気圧を適正に保つ、車に余計な荷物を積まないといったカンタンにできることでも、燃費は改善します。

また、お盆やお正月などは高速道路の大渋滞が発生しますが、こうした渋滞を避けるようにするだけで、ムダな燃料と時間を使わなくて済みます。
そして、迷惑駐車は絶対にヤメてください。自分の燃費には関係ありませんが、渋滞の原因になり、環境に良くありません。

また、事故の原因になる可能性もあります。繰り返しになりますが、自分だけが良ければそれでいいという“エゴ”ドライブにならないように注意してください。

研究の結果、上記のことを守るだけで、10%前後の燃費改善につながることがわかっています。現在、平均燃費がリッター10キロの場合、11キロに伸びるということですので、仮に年間1万キロ走っているとすると、ガソリンを91リットル、金額にして10920円も節約できます(レギュラーガソリン、120円/リットルで計算)。

決して馬鹿にできない金額になりますので、長距離ドライブが増える夏本番を前に、もう一度、自分の運転を見直してみてください。

環境にも家計にも優しいエコドライブを心がけましょう!

参照:ママニティエコドライブ普及連絡会など

-マネー
-,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

<祝・貯金成功!>誰でも簡単にできるお金を貯める3習慣

待ちに待った給料日! 生活費に子どもの習いごとに……とお金を振り分けていったらもうお金が足りない! と嘆く女性が少なくないでしょう。 また、お金を貯めようと無駄遣いをしないように頑張っても、なかなか貯 …

【実態調査】「今後は働きたい」と考えている専業主婦ママは80%!その理由10選。

国が「働き方改革」を掲げ、女性の働き方についてなにかと話題になる昨今。 みなさんは子どもを育てながら働くことについてどう思いますか? 姉妹サイトのママニティの読者に「子育てしながらの働き方」についての …

「従業員持株会」への投資で資産形成するのは止めよう

あなたが働いている会社には「従業員持株制度」はありますか? 従業員持株制度と は、従業員が毎月一定の金額を拠出し、共同で自社株を買い付けていく仕組みのことです。 上場企業のほとんどで導入されていますし …

産後ダイエット食事制限

市販薬でも控除になる!? レシートを捨てずにお得生活!

2017年1月から始まった「セルフメディケーション(自主服薬)税制」。 活用している人、いますか? 従来の医療費控除は、年間の医療費が10万円を超えた場合、または総所得額が200万未満の場合、総所得額 …

早めの対策で安心したい!「育児貧乏」の脱出方法

あなたは、通帳の残高を見て、溜め息をついてしまう事はありませんか? 厚生労働省の平成27年度「国民生活基礎調査」によると、児童のいる世帯の63.5%が「生活が苦しい」と回答しています。 姉妹サイト「マ …