運動神経は遺伝しない!?子どもを運動音痴にさせない方法

投稿日:2019-02-09 更新日:

子ども,運動音痴
「運動神経の良い子に育ってほしいな」
そう願うママも多いはずです。私自身、運動に関して良い思い出がないので、尚更そう思います。

その反面、「私に似て運動音痴になってしまうのではないか」と不安にもなります。

果たして、運動神経は遺伝なのでしょうか?
運動音痴にさせない方法ってあるのでしょうか?

四柱推命

運動神経は親から子には遺伝しない?

子ども,運動音痴
最近の研究結果を見てみると、人間の脳は3歳までに80%、6歳までに90%、12歳までに100%完成すると言われています。

そして、運動神経を良くするためには、脳の発達段階に合わせて運動の種類を変えていくことが大事なのだそうです。

つまり、運動音痴は遺伝しない!

そして、運動音痴になるかどうかは年齢に応じた遊びをできるかどうかにかかっていそうです。

子どもを運動音痴にさせないためには?年齢別:オススメの運動法

年齢別におすすめの運動法をみていきましょう。

子どもを運動音痴にさせないための運動法:乳児期は「赤ちゃん運動」が大事!

寝返り・腹ばい・ハイハイ・つかまり立ちといった「赤ちゃん運動」には、

  • 歩く
  • 走る
  • 正しい姿勢を保つ

など、1つ1つに大事な意味があるそうです。

狭い住環境で過ごす子どもはハイハイの期間が短く、すぐにつかまり立ちができてしまうケースも多いようですが、ハイハイは腕や胸の筋力アップや、環境の把握、脳の発達にもとても効果的だそうです。

たまには広い環境で遊ばせるのも、いいですね。

子どもを運動音痴にさせないための運動法:1~2歳はボール遊び!

子ども,運動音痴
歩くようになって、一人遊びもできるようになるこの時期はボール遊びがおすすめです。

1歳くらいの時期はボールを追いかける、蹴る、投げるなどの動作を覚えます。

2歳くらいになるとボールが弾む動きがわかるようになるので、ボールを走って追いかける、という大事な運動ができるようになります。

子どもを運動音痴にさせないための運動法:幼児期はバランスがポイント!

子ども,運動音痴

動くことが上手になってくる3~6歳の時期はバランスをとる動きが大切です。

幼児期から養われたバランス感覚は、その後のどんなスポーツにも役立つようです。

例えば「ケンケンパー」といった懐かしい遊びを一緒にやってみたり、ブランコや滑り台などの遊具を使ったりして遊びましょう。

子どもを運動音痴にさせないための運動法:小学校低学年は動きの基礎を!

子ども,運動音痴
動きの基礎となるものは「歩く・走る・投げる・捕る・転がる・跳ぶ」だそうです。

鬼ごっこを通しての全身運動や、相撲・縄跳び・キャッチボールを通して力の使い方やバランス感覚が身につきます。

伝統的なコマ・けん玉は投げる動作を身につけさせる最良の遊びです。

年齢に合わせて自由に運動して、たくさん失敗や経験をして、健やかな体に育てたいものですね。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

-ビューティー, ライフスタイル
-,

関連記事

ウエストのくびれを作る1週間メソッド【BodyAcademy×35Style】

エステ×トレーニングのサロンBodyAcademy監修!効果が高いエクササイズをご紹介していきます。 第2回目は「ウエスト」です。 くびれたウエストを目指して頑張りましょう トレーニングは3種類。全て …

子どものイヤイヤ期は「ママからの愛情を試す時期」

先日、お坊さんがさまざまなお悩みに答えるというサイトを見つけました。 そこで”あるお悩み”が私の目にとまりました。 なんでも「嫌だ」という子どもに怒ってばかり。 「こんなに子どもに対して怒っている人は …

「落ち着きのない子供」原因はあの成分が足りないから?

今日は子連れでママ友と外食。 そんな時、落ち着きなく店内を歩きまわってしまったのは、なんとうちの子だけ! 「うちの子供だけ、どうして落ち着いて座っていられないのかしら……」 こんな悩みを抱えているママ …

前向きになれる風水涙を流す

日本人には、あと一歩「自分で考える力」が足りない

「その他大勢」にならないための「考え方のツボ」とは? 「どうすればいいかは、自分で考えてよ」 「何をいいたいのかわからないよ。きちんと考えた?」 「いいたいことはわかるけど、今ひとつ説得力がないな…… …

ADHD特徴発達障害図解サンゴスタイル35style

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の向いている仕事・就職支援

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは発達障害の一つであり、不注意・多動性・衝動性の3つの特性があります。大人になってから気づくこともありますが、多くは子供の頃から落ち着きがない、集中力がない、感情がコ …