しつけ 子育て 心のケア

子どもを追い詰めない叱り方のコツは「逃げ場」をつくること

投稿日:2019-04-13 更新日:

子どもを追い詰めない叱り方のポイントは「逃げ場」をつくること
みなさんは子どもを叱らない日ってありますか?

私は子ども達のためにも「叱らない日」を作ろうと思うのですが、なかなか実行できません。

なぜ「叱らない日」を作ろうとしたかというと、伝え方によっては子どもを追い詰める可能性があると知ったからです。

誰も憎くて子どものことを叱っているわけではありません。
「子どものため」と思って一生懸命、子どもに伝えようとします。

しかし、この行為が子どもの逃げ場を取り上げ、追い詰めることもあるのです。

大人だって逃げ場が欲しいですよね。
小さな子どもだと尚更、逃げ場が欲しいと思います。

では、どうすれば逃げ場を取り上げず叱ることが出来るのでしょうか?

四柱推命

【子どもを追い詰めない叱り方:その1】逃げ場=受け止めること

子どもを追い詰めない叱り方のポイントは「逃げ場」をつくること
我が家では、どうしても論理的に子どもを叱りがちでしたので、意識をして「○○ちゃんは、こうしたかったのね」と、叱る前に子どもの気持ちを受け止めるように努力しています。

子どもは「自分の気持ちを分かってくれた」ことが逃げ場となり、叱った内容についても「確かにそうか…」と納得しやすくなったように感じます。

【子どもを追い詰めない叱り方:その2】親の言葉と態度を一致させる

子どもを追い詰めない叱り方のポイントは「逃げ場」をつくること

「怒らないから言ってごらん!」と言いながら腕組みをしていませんか?

言葉では許しながら態度では許しているように見えませんよね。

子どもは親が発する言葉と同じくらい、態度もしっかり見ています。

言葉と態度が一致していないと、敏感に察してしまうのです。

親の癖になっている発言や態度もあると思うので、注意をしたいものです。

子どもにとって叱られるということは一大事件

叱られ方によっては大きなショックを受けて「大好きな親に嫌われた」と、ひどく落ち込むこともあります。

子どもの叱り方って本当に難しいです。

難しいからこそ色々と悩み、工夫をしているママも多いことでしょう。

私も思考錯誤しながら、今日も子ども達を叱っています。

「叱らない日」は、まだ作れそうにありません。

四柱推命

まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

結婚相手の顔、生まれる子どもの数、将来の家族構成も分かる占い
⇒無料鑑定中
【無料占い】2020年の結婚運勢
さらに!2021年、2022年…と
この先あなたがたどる運命まで細密未来予言!

-しつけ, 子育て, 心のケア
-

関連記事

【パターン別】子供の嘘を常習化させないママの対応法

先日、3歳の息子をもつ友達とランチをしていた時のこと。 「うちのコ最近、嘘つくようになったのよね……」 と、ため息交じりに話をしていました。 ママにとって子供の嘘は「うちの子にかぎって」という思いが強 …

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

子供にお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

お手伝いは、親子が触れ合いながら生活スキルが身につき、自信もつく等、たくさんメリットがありますよね。 母学アカデミー学長・河村京子さんの著書には、「お手伝いには、段取り力や自分の能力の使い方についてな …

ADHDじっとしていられない

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第7話:じっとしていられないナイ!

私、じっとしていられない女なんです。 ADHDってひとくくりに言っても、いろんな人がいるわけですが、それをざっくり3分類にしたのが、以前もご紹介した 「不注意優勢型」「多動性・衝動性優勢型」「混合型」 …

【実態調査】PTA・保護者会ってどう思いますか?

新年度を迎えると毎年やってくるのが保護者会、PTAなどの役員・係決めですよね。 じゃんけん、くじ引き、お子さんに1人につき必ず回、ポイント制など各園や学校ごとに独自のルールがあり、選出にも親の苦労があ …

虐待回避のカギは「夫婦が1+1=1」であること?

虐待回避のカギは「夫婦が1+1=1」であること?

2017年、警察が児童相談所に通告した虐待や虐待疑いの子供の数は65,000人超で、過去最悪。 社会的に認知されて通報が増えているとはいえ、子育ての悩みは昔からあったはずなのに、なぜ今これほど増加して …