作者が教える“夫婦円満”のコツが目からウロコすぎる漫画 「見習おう」「憧れる」と反響

投稿日:2019-05-14 更新日:

夫婦円満のコツを描いた漫画が話題に。取材時に円満のヒントを聞かれることが増えたという男性漫画家が紹介したのは、「お互いに嫌いなことを教え合う」ことで…。

「好き、より嫌いな部分を共有する話」の1カット=さわぐち けいすけ(@tricolorebicol1)さん提供

夫婦円満のコツを描いた漫画が、SNS上で話題となっています。取材時に円満のヒントを聞かれることが増えたという男性漫画家。そこで彼が紹介したのは、「お互いに嫌いなことを教え合う」ことで…という内容で、SNS上では「遠慮せず共有できるのは素晴らしい」「見習いたい」「こういう関係に憧れる」「これは職場でも言えることでは」などの声が上がっています。作者に話を聞きました。

嫌いなことを共有し、ストレスが軽減

この漫画を描いたのは、さわぐち けいすけさん(ペンネーム)。イラストレーターや漫画家として活動しています。2017年11月に「妻は他人 だから夫婦は面白い」(KADOKAWA)、2018年4月には「人は他人 異なる思考を楽しむ工夫」(同)を出版しています。

Q.漫画を描き始めたのはいつ頃ですか。

さわぐちさん「2016年です。取材や資料集めにお金をかける余裕がなかったので、日常を題材に描き始めました」

Q.この漫画を描いた理由は。

さわぐちさん「『質問されることが多いこと=知りたい人が多いこと』と仮定し、それに答えるような漫画を描けば、分かりやすく伝わると思ったからです。以前から、友達から夫婦円満のコツを相談されることが多かったので、大勢のためというよりは友達に向けて描いているつもりでした。

思った以上に反響があり、最近はメディアから質問を受けることも増えました」

Q.嫌いなことを共有して、ストレス、けんかは減りましたか。

さわぐちさん「相手を不快にさせないように、お互いに嫌いなことを伝えられるようになったので、ストレスはないですね。また、妻とけんかの経験はないです」

Q.友人など夫婦以外の間柄でも、嫌いなことを共有できるでしょうか。

さわぐちさん「内容と言い方さえ気をつければ共有できると思います」

Q.読者からはどのような意見が寄せられていますか。

さわぐちさん「『ウチはこうしています』『参考になった』『試してみたい』『共感できる』などさまざまな意見をもらいました。夫婦関係に限らず、人との付き合い方に正解はないので、私と妻の個人的な付き合い方を漫画で見た方が、何かを考える小さなきっかけになると幸いです」

(報道チーム)

嫌いなことを共有し、ストレスが軽減

「好き、より嫌いな部分を共有する話」=さわぐち けいすけ(@tricolorebicol1)さん提供

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

女性だけの問題じゃない! 男性不妊調べる「ブライダルチェック」の意義・内容・費用

不妊症は女性だけでなく、男性側に原因があるケースも少なくありません。男性のブライダルチェックについて、医師に聞きました。 男性のブライダルチェック、知っていますか? 結婚や妊娠を控えた女性を対象にした …

バスタオルの「雑菌臭」を撃退する3つのテクニック

お風呂から上がって手にしたバスタオル。しっかり洗濯したはずなのに、どうしたことか悪臭を放っている――。そんなご経験がおありではないでしょうか。今回は、バスタオルについたイヤな臭いの取り方をご紹介します …

子どもと満席の電車にいたら、高齢者に席を譲られ…お言葉に甘える? 断る? どうすべき?

満席の電車やバス内で高齢者と居合わせた場合、子連れの親はどのように振る舞うべきなのでしょうか。 高齢者と幼児、着席の優先度が高いのは? 親子で電車やバスに乗った際、高齢者に席を譲られ「子どもを座らせて …

タマネギでもう泣かない! そのコツを料理のプロに聞いてみた

カレーライスに野菜炒め、サラダと、毎日の食卓に欠かせないタマネギ。しかし、実際に口に運ぶまでの不都合として、切る時の“涙”を挙げる人も多いのではないでしょうか。そこで、泣かないためのコツを聞いてみまし …

ママ友とおしゃべりはダメ! 子どもの「授業参観」で親が絶対にやってはいけないこと

「授業参観」は、授業中の我が子を見学できる貴重な機会。ところが、子どもに手を振ったり、久しぶりに会ったママ友とおしゃべりしたりする「困った保護者」もいるようです。授業参観で気を付けたいマナーについて聞 …