【漫画】夕食は何でもいいと言う夫、妻の強圧に屈してショウガ焼きにしたら…「聞いときながら」

投稿日:2021-02-12 更新日:

夕食の献立を決める際のあるあるを描いた漫画が話題に。毎日の献立を考えるのは大変で、夫に食べたいものを聞く妻ですが…。

漫画「我が家の献立あるある話」のカット=よぎ(yogi_0919)さん提供
 夕食の献立を決める際のあるあるを描いた漫画「我が家の献立あるある話」がSNS上で話題となっています。毎日の献立を考えるのは大変で、夫に食べたいものを聞く妻。「何でもいい」と無関心な夫に圧力をかけ、具体的なメニューを言わせますが…という内容で「分かります」「献立を考えるのは大変」「聞いときながら」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

わが家では頻繁にあるやりとりで…

この漫画を描いたのは、よぎ(ペンネーム)さんです。会社員として働きながら、インスタグラムで夫婦の日常についての漫画を投稿しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

よぎさん「小さい頃から絵を描くのが好きで、小4くらいから漫画を描いたりしていました。現在もエッセー漫画とは全く違う絵柄で同人誌を描いています。夫婦エッセー漫画を描き始めたきっかけは、去年の旦那の誕生日プレゼントにエッセー漫画本を自費出版で作り、旦那を驚かせたいと思ったことです(笑)」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

よぎさん「わが家では頻繁にあるやりとりで、そのたびに2人で笑っているので面白いかなと思って描きました。あとは、このやりとりはうちだけなのか、そうじゃないのか、あわよくば知りたいなと…(笑)」

Q.料理はお得意ですか。普段、何を参考に献立を決めるのでしょうか。

よぎさん「料理はプロとかではないですが得意な方かなと思います。10年間、1人暮らしだったので…(笑)メニューはその日食べたいもの、数日間の食事、その日冷蔵庫にあるものを基準にレシピノートやアプリを使って考えています」

Q.夕食の献立はよく、旦那さまに相談されているのですか。

よぎさん「よく相談しています。漫画で描いた通り、旦那の意見がそのまま採用されたことはそう多くはないですが…(笑)『がっつり系とさっぱり系、どっちがいい?』は毎回聞いていて、そこだけは意識して作っています」

Q.よぎさんの手料理で旦那さまが好きなもの、嫌いなものは。

よぎさん「グラタンが好きらしいです。苦手な料理はないようですが、賞味期限ギリギリのお肉を使うと嫌がります(笑)」

Q.ちなみに、外食はどんなお店に行くことが多いのでしょうか。

よぎさん「お互い食べることが好きなので、お互いのおすすめのお店や気になるお店に行っています。ラーメン屋が多いかもしれません」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

よぎさん「共感していただいたり、『わが家の場合は〜』のように、コメントで皆さんのおうち事情を教えていただいたりしました。ユニークな意見が多く、皆さんのご家庭をのぞき見できた気がして楽しかったです!」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

よぎさん「夫婦で楽しく過ごしつつ、読んだ人が何だか元気になれるエッセー漫画を描き続けられればいいなと思っています。また、エッセー漫画のテイストでイラストや漫画のお仕事の機会があれば、チャレンジしたいです」

(オトナンサー編集部)

漫画「我が家の献立あるある話」のカット=よぎ(yogi_0919)さん提供

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

お弁当に「梅干し」を入れても食品の傷みは防げない? 梅干しの殺菌・防腐効果とは

食品が傷むのを防ぐため、昔からお弁当に梅干しを入れることがありますが、梅干しを1粒ご飯にのせただけでは効果がないようです。 (「梅干し」の殺菌・防腐効果とは?) 梅雨の時期になると、気温や湿度が上がり …

いますぐできる! 「通勤ラッシュ」をできるだけ楽に乗り越える方法

なかなか座ることができない電車の「通勤ラッシュ」。必ず座れるという方法はないものの、ちょっとした工夫で「ぎゅうぎゅう詰め」からは解放される可能性が高くなります。比較的簡単にできる「痛勤」の改善方法をい …

自分だけの一本を! 正しい「包丁選び」のための基礎知識

毎日の料理に欠かせない「包丁」ですがその種類は実にさまざま。数ある包丁の中から、用途などに合った「自分だけの一本」を正しく見つけるのは至難の業と言えるでしょう。ここでは、包丁選びの参考になる基礎知識を …

ぐずる、騒ぐ、席を蹴る…子どもと「新幹線」に乗る際、親が気を付けるべきこと

旅行や帰省などで子どもと新幹線を利用する際、保護者に求められる振る舞いとはどのようなものでしょうか。子どもも周囲の乗客も気持ち良く過ごすために、親が意識すべきこととは。 子どもと新幹線に乗る際の注意点 …

「入院1日あたり○○円」のがん保険に潜む“困窮”という落とし穴

がんになって長期の治療をする割合は3割程度。このリスクに対し、これまでは「入院1日○○万円」という保険が主流でしたが、「入院の短期化」が進んだことで異なるタイプの保険が登場しています。がんへの備えは万 …