パトカーの塗装なぜ白黒? ポイントは「下側が黒」 当初は白色の塗装も

投稿日:2019-07-16 更新日:

全国の警察で使用されているパトカーの塗装は白黒のツートンですが、どのような経緯でこの色になったのでしょうか。その起源は、戦後すぐの時期までさかのぼります。

戦後期の警察の実情から、白黒塗装が誕生

警察のパトカーといえば、白と黒のツートンカラーでおなじみです。海外では白地に青や赤などといったさまざまな配色がありますが、日本のパトカーの塗装は白黒で統一されています。なぜこのような塗装なのでしょうか。

日本のパトカーのイメージ(画像:写真AC)。

警察庁によると、日本のパトカーの白黒塗装のルーツは第二次大戦後の1948(昭和23)年から1949(昭和24)年ごろ。当時の日本にはGHQの主導のもと、全国各地に「自治体警察」(旧警察法による、全ての市と人口5000人以上の町村が自ら運営した警察組織)が置かれ、それらの自治体警察がパトカーとして使用する車両に「ジープなどの車両を白色にしたものが見られた」といいます。

ただ、「当時の道路は舗装されていない場所がほとんどで、車体の汚れが激しかった」ともいいます。そうした状況のなか、自治体警察のひとつであった警視庁が、アメリカのパトカーを参考に黒色のセダン車をベースとし、下側が黒、上側が白のツートン塗装を採用しました。この塗装が1955(昭和30)年に全国的に統一され、現在に至っているそうです。

その1955年時点でも、日本の一般国道の舗装率はたった13.6%(簡易舗装を除く。国土交通省の資料による)。未舗装の道路は晴天時にはほこりが舞い、ひとたび雨が降ればぬかるんでしまう状態だったそうです。クルマの下側が黒色であれば汚れも目立ちません。日本のパトカーの塗装は、整備が進んでいなかった戦後の道路事情が原点だったのです。

ところで、一般のクルマをパトカーと同じ白黒塗装にした場合、違法になるのでしょうか。

警察庁長官官房総務課広報室に聞いたところ、「具体的な事案に応じて判断するため一概には言えないが」と前置きしたうえで、「警視庁や都道府県警察の名前を記載した車両を用いて警察官を詐称するなどした場合は、軽犯罪法違反となる可能性があります」と話しています。
【了】

 

【写真】海外のパトカー塗装、NY市警は白地に青

 

ニューヨーク市警察のパトカー(2013年9月10日、佐藤勝撮影)。

 

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

栄養バランスを考えた簡単「卵料理」レシピ集

さまざまな料理に欠かせない「卵」は、栄養のバランスにも優れた万能食材。ここでは、そんな卵の魅力を最大限に生かせる、簡単レシピの数々をご紹介します。   簡単に作れる卵料理のレシピをご紹介 栄 …

シャンプーもダメ! 美容室の前にしてはいけない「NG行動」5選

髪型や髪色を変えることで、“新しい自分”になれる美容室ですが、せっかくのチャンスも、美容室に行く前の「NG行動」によって台無しになってしまう可能性があります。その主要なものを美容師さんに聞きました。 …

知らないと損! 申請すれば「もらえるお金」

国や自治体の制度で、申請するともらえる各種のお金があります。これらを知っておくと、何かに困った時や人生の節目にとても役立つはず。ここでは、その一部をご紹介します。 申請するともらえる各種のお金がある …

新幹線の座席はどこを選ぶ? 使い方によって変わるメリットとデメリット

ひとつの編成に1000人以上の座席が設置されていることもある新幹線の列車。座席の構造はどれもほぼ同じですが、その場所と使い方によってメリットとデメリットの両方があります。どこに座れるのが便利で快適なの …

ぐずる、騒ぐ、席を蹴る…子どもと「新幹線」に乗る際、親が気を付けるべきこと

旅行や帰省などで子どもと新幹線を利用する際、保護者に求められる振る舞いとはどのようなものでしょうか。子どもも周囲の乗客も気持ち良く過ごすために、親が意識すべきこととは。 子どもと新幹線に乗る際の注意点 …