パトカーの塗装なぜ白黒? ポイントは「下側が黒」 当初は白色の塗装も

投稿日:2019-07-16 更新日:

全国の警察で使用されているパトカーの塗装は白黒のツートンですが、どのような経緯でこの色になったのでしょうか。その起源は、戦後すぐの時期までさかのぼります。

戦後期の警察の実情から、白黒塗装が誕生

警察のパトカーといえば、白と黒のツートンカラーでおなじみです。海外では白地に青や赤などといったさまざまな配色がありますが、日本のパトカーの塗装は白黒で統一されています。なぜこのような塗装なのでしょうか。

日本のパトカーのイメージ(画像:写真AC)。

警察庁によると、日本のパトカーの白黒塗装のルーツは第二次大戦後の1948(昭和23)年から1949(昭和24)年ごろ。当時の日本にはGHQの主導のもと、全国各地に「自治体警察」(旧警察法による、全ての市と人口5000人以上の町村が自ら運営した警察組織)が置かれ、それらの自治体警察がパトカーとして使用する車両に「ジープなどの車両を白色にしたものが見られた」といいます。

ただ、「当時の道路は舗装されていない場所がほとんどで、車体の汚れが激しかった」ともいいます。そうした状況のなか、自治体警察のひとつであった警視庁が、アメリカのパトカーを参考に黒色のセダン車をベースとし、下側が黒、上側が白のツートン塗装を採用しました。この塗装が1955(昭和30)年に全国的に統一され、現在に至っているそうです。

その1955年時点でも、日本の一般国道の舗装率はたった13.6%(簡易舗装を除く。国土交通省の資料による)。未舗装の道路は晴天時にはほこりが舞い、ひとたび雨が降ればぬかるんでしまう状態だったそうです。クルマの下側が黒色であれば汚れも目立ちません。日本のパトカーの塗装は、整備が進んでいなかった戦後の道路事情が原点だったのです。

ところで、一般のクルマをパトカーと同じ白黒塗装にした場合、違法になるのでしょうか。

警察庁長官官房総務課広報室に聞いたところ、「具体的な事案に応じて判断するため一概には言えないが」と前置きしたうえで、「警視庁や都道府県警察の名前を記載した車両を用いて警察官を詐称するなどした場合は、軽犯罪法違反となる可能性があります」と話しています。
【了】

 

【写真】海外のパトカー塗装、NY市警は白地に青

 

ニューヨーク市警察のパトカー(2013年9月10日、佐藤勝撮影)。

 

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

新型コロナか、風邪か…判断つかぬまま市販の「風邪薬」服用、問題ない?

新型コロナウイルス感染症の脅威が続いていますが、症状が風邪と見分けがつきにくいケースも多いようです。判断がつかぬまま、市販の風邪薬を服用してもよいのでしょうか。 判断がつかぬまま、風邪薬を飲んでもいい …

間違いだらけの美容! クレンジングは肌荒れの元凶? 美肌作りはとてもシンプル

著書に「化粧いらずの美肌になれる3つのビューティケア」がある、美容皮膚科医の菅原由香子さんに、美容の基本である洗顔や洗髪の誤った方法について聞きます。 あなたの洗顔も間違っているかも? 私たちにとって …

“財布の神様”を崇拝して、長財布伝説を信仰する人たちの不思議

ヒット本「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」の影響で「長財布伝説」が流布する中、長財布と「お金持ち」「成功」の間に因果関係はない、と筆者は主張します。   長財布を使うと、お金持ちになれる? …

カレーの染みは天日干しで落ちる? 「本当に落ちた」「びっくり」などの声、プロに聞く

「カレーの染みは天日干しで落ちる」という投稿が話題です。実際に落とせるのか、洗濯のプロに聞きました。 カレーの染みは天日干しで消える? 衣類についた「カレーの染み」について先日、SNS上で話題になりま …

実際は? 体を温めるといわれる「根菜」、逆に体を冷やすとの情報も…業界団体に聞く

大根やニンジン、ゴボウなどの「根菜類」は「体を温める」とよくいわれます。一方で、ネットでは「大根やゴボウは体を冷やす」という情報も。実際のところは――。 根菜を使った代表料理の豚汁 冬に食べると体に良 …