【夢占い/夢診断】金運アップのチャンスが訪れる夢とは?

投稿日:2019-06-01 更新日:

夢占い夢診断金運アップチャンス機会

普段なんとなく見ている夢には、あなたへの大事なメッセージが隠されている場合があります。

中には、あなたに金運のチャンスが巡ってきていることを暗示する夢も……。

チャンスを逃さないためにも覚えておきたい、金運アップが期待できる夢をいくつか紹介します。

金運アップチャンス夢1:豚が出てくる夢

夢占い夢診断金運アップチャンス機会豚

昔から、金運を運んでくる動物として豚を象った置物や絵画を飾ることってありますよね?

豚は動物の中でも最強の金運をもたらす動物とされています。

その豚が夢に出てきたら、金運が上がる吉夢。大きな利益を得る前の前兆夢となります。

豚は一度の出産でたくさんの子豚を生むので、繁栄の意味も含んでおり、これから家計がどんどん潤ってくることを暗示しています。

夢に親子の豚またはたくさんの子豚が出てくれば、仕事の成功、出世、財産の増大も期待できるでしょう。

金運アップチャンス夢2:竹が出てくる夢

夢占い夢診断金運アップチャンス機会竹

元来、竹は金運に縁起の良いものとされていますが、その竹が真っすぐ高く伸びる様子は、金運上昇の象徴とされています。

竹が出てくる夢を見たなら、これからどんどんお金が増えていくでしょう。

事業や商売をしている場合は、業績がどんどん上がっていきます。

また、静かな竹藪を歩く夢や竹に直接触れる夢は、臨時収入がある・宝くじに当たる・お金持ちの恋人に出逢うといったことが期待できるでしょう。

金運アップチャンス夢3:ケガをする夢

夢占い夢診断金運アップチャンス機会ケガ怪我をする

夢の中でケガをする・交通事故にあう・誰かに刺されるといった夢は、何か不吉な悪い夢のような感じがしますが、実は金運アップを暗示するとても良い夢です。

さらに、事故やケガで大量に血が流れる夢は、近々大きなお金が入るのことを暗示しています。

血が流れる場面なんて想像しただけで恐ろしいですが、血が意味するものはお金。

どくどくと溢れるように流れる血は、お金が溢れることを表しています。

もし、夢に出てきた事故の場面やケガをする場面をカラーで鮮明に覚えていれば、さらに金運アップや昇給が期待できるでしょう。

夢占い夢診断金運アップチャンス機会忘れない

夢には不思議な力があると言われています。

夢を無意識に見ているようでも、それはあなたの深層心理を映したあなたへの大事なメッセージなのです。

今回は金運アップを暗示する夢をいくつか紹介しました。

もし、このような夢を見たのなら、しっかり夢を記憶して胸に刻んでおくことが大事です。

忘れてしまっては効果も半減してしまいますから、ご注意くださいね。

この記事を書いたライター
奥山礼紫(おくやまれいし)
日々気学鑑定士として多くの方の天命を読み説きながら、自分の運命、適性、恋愛傾向、人生の方向性などについて今一番必要なメッセージをお伝えしています。

関連記事

お部屋に飾って運気アップ!『花風水』を取り入れて開運しよう

小さな種からグングンとたくましく成長し、美しい花を咲かせる……。 そんな生命力あふれる花を部屋づくりに取り入れた「花風水」をご存じでしょうか? お花の色や種類、そして飾る場所を意識するだけで、運気がグ …

成績アップ受験合格子供部屋風水デスク机の向き集中力

成績アップ・受験合格を引き寄せる【風水】勉強運が高まる子ども部屋の特徴

子どもの成績アップや受験合格を狙いたいなら、部屋の方位だけではなく、机の置き方にも注目しましょう。 勉強を始めてすぐに気が散ってしまわないよう、集中力を高める向きで勉強机を置くことが大事です。 どうす …

エッチ運UP風水術レス解消愛情表現

エッチ運がUPする風水術を使ってレス解消へ! ポイントは?

そのうちなんとかなるかなと思っていても、セックスレスは時間がたつほど深刻になってしまいます。 しかしセックスレスの話はとてもセンシティヴ。 本音で話し合うなんてとてもという人は、男女の関係に意味が深い …

新宿の母占い口コミ

【占いサイトレビュー】新宿の母に2020年の運勢を占ってもらいました!

こんにちは、シャーミーです! 2020年ですね~。 東京にはオリンピックが来るし、私は40歳になるし。 脂肪は減らないのに、支出は増えるし。 どうしたもんでしょう? くわえて娘の保育園のPTAやら、お …

◆占い的中◆アラフォーOLが130日後に運命の人に出会い、結婚出来た話。

結婚も子どもも諦め、人生100年時代を一人で生きていくと決めていたアラフォーOLのわたし。 まさかこの歳で運命の人と出会って、恋に落ち、結婚出来るなんて夢にも思わなかった…。 そんなわたし …