家事ノート

新幹線を安く使う方法 東京~新大阪~博多~鹿児島中央【東海道・山陽・九州編】

投稿日:2019-03-09 更新日:

1回の利用で数万円になることも珍しくない新幹線ですが、安く利用する方法がないわけではありません。東京から西に伸びる新幹線について、おもな割引サービスを紹介します。

さまざまな割引サービスが待つ

 新幹線は特急列車だけが走る高速鉄道。乗車券のほかに特急券も買わなければ乗れません。都市と都市とを結ぶ長距離路線のため、実際に乗る距離も長くなりがちです。運賃や料金はどうしても高くなってしまいます。

東京~新大阪間の「のぞみ」は所定価格で1往復3万円近くかかる(2014年7月、草町義和撮影)。

 東京~新大阪間で「のぞみ」普通車指定席を利用する場合、所定の運賃と料金の合計(大人、片道、通常期の場合。以下同じ)は1万4450円。往復なら2万8900円です。約500kmに及ぶ距離を数時間で移動できるとはいえ、数万円レベルの金額だと「もう少し安くならないかなぁ」と思っている人も多いのではないでしょうか。

 さまざまな制限や注意事項があるものの、所定の金額より安くなる割引サービスがないわけではありません。東京から西に伸びる東海道・山陽新幹線と九州新幹線では、どんなサービスを利用すれば安くなるのでしょうか。

 安く利用する方法として昔からあるのが回数券です。東京~新大阪間の新幹線回数券(普通車指定席用)は、6枚セットで8万2140円。1枚あたりなら1万3690円で、所定より760円安くなります。ただし、発売されている区間が限定されていて、ゴールデンウィークなど利用できない期間があるなどの制限が設けられています。

 手軽さを重視するなら「スマートEX」を利用するのもいいでしょう。これは手元にある交通系ICカードとクレジットカードを登録することで、紙のきっぷを買うことなく新幹線を利用できるチケットレスのネット予約サービス。運賃と料金は所定より200円安くなります。回数券ほどの割安感はないものの、利用できない区間や期間の制限はありません。

遅い「ひかり」「こだま」を使う手も

 さらに安くしようと思うなら、スマートEXと同じネット予約サービス「エクスプレス予約」があります。スマートEXとの違いは、決済にJR東海の「エクスプレス・カード」など特定のクレジットカードが必要で、年会費を支払わなければならないこと。乗車時には原則として専用のICカードを使う必要があります。

「エクスプレス予約」の専用ICカード(2018年5月、草町義和撮影)。
 ただ、エクスプレス予約で東京~新大阪間の「のぞみ」普通車指定席を使うと1万3370円。所定の普通車指定席より1080円も安くなり、回数券や所定の普通車自由席と比べても少し安くなります。年会費は「エクスプレス・カード」を使う場合で1080円ですから、東京~新大阪間を1年に1回利用すれば元が取れます。

 また、エクスプレス予約には早期予約割引の「EX早特」や「EX早得21」などもあります。乗車日の3日前までに予約することを条件に「こだま」のグリーン車が利用できる「EXこだまグリーン早特」の場合、東京~静岡間は6030円。グリーン車を所定価格で利用するより安いのはもちろんですが、普通車指定席の所定価格と比べても320円安くなります。

「のぞみ」より停車駅が多い「ひかり」や各駅停車の「こだま」も、選択肢のひとつとして考えてもいいでしょう。東京~新大阪間の場合、所要時間は「のぞみ」が2時間30分程度なのに対し、「ひかり」は3時間前後、「こだま」は約4時間。その代わり、「ひかり」「こだま」普通車指定席の所定価格は「のぞみ」より400円安くなります。

「ひかり」「こだま」限定の旅行商品も販売されています。東海道新幹線では、「こだま」の普通車指定席のみ利用できる旅行商品「ぷらっとこだま」をJR東海ツアーズなどの旅行会社が販売。東京~新大阪間の普通車指定席なら1万500円で、所定価格より4000円近く安くなります。

 山陽新幹線にも「ひかり・こだまでGO!GO!」(JTB)や「バリ得こだま・ひかり号」(日本旅行)という旅行商品があり、一部の「ひかり」「こだま」を安く利用できます。これらの旅行商品を利用した場合、新大阪~博多間は7500円前後。所定価格は1万5000円ですから、ほぼ半額です。

安い話には「注意」が必要

 九州新幹線はどうでしょうか。こちらもネット予約限定の割引きっぷ「九州ネットきっぷ」があります。博多~鹿児島中央間の場合、所定価格は1万450円ですが、「九州ネットきっぷ」なら1190円安い9260円です。早期予約割引もあり、7日前までの予約が必要な「九州ネット早特7」なら所定より2740円安い7710円になります。

九州新幹線も回数券とネット予約による割引がある(2016年11月、草町義和撮影)。
 なお、6枚セットの回数券はありませんが、2枚セットの割引きっぷ「九州新幹線2枚きっぷ」があります。ただし普通車自由席用しかなく、発売額は1万8900円(1枚あたり9450円)。所定価格より480円安いものの、普通車指定席の九州ネットきっぷよりは高くなります。

 ただ、こうした割引サービスは「乗車当日に購入できない」「購入後の変更ができない」などといった制約がある場合も多く、注意が必要です。利用の仕方によっては所定のきっぷより高くなる場合もあります。

 たとえば、スマートEXを使って小岩駅(東京都江戸川区)から大阪駅まで移動(東京~新大阪間は「のぞみ」普通車指定席、それ以外の区間は普通列車の普通車自由席を利用)する場合、小岩→東京間と新大阪→大阪間は別に乗車券を購入する必要があり、合計額は1万4630円になります。

 いっぽう、所定のきっぷは東京都区内→大阪市内間の乗車券と東京→新大阪間の新幹線指定席特急券の組み合わせになるため、東京~新大阪間だけを移動する場合と同じ1万4450円。実はスマートEXを使うより180円安いのです。新幹線回数券(普通車指定席用)も設定区間は東京都区内~大阪市内間のため、スマートEXの方が940円高くなってしまいます。

 このように、「安い話」にすぐ飛びつくのではなく、所定価格と割引サービスのそれぞれのメリット、デメリットを比べたうえで、どのサービスを選択するかを考えた方がいいでしょう。

【了】

【写真】山陽新幹線なら半額プランも

山陽新幹線には「ひかり」「こだま」を半額で利用できる旅行商品もある(2017年9月、恵 知仁撮影)。

Writer: 草町義和(鉄道ライター)
1969年、新潟県南魚沼市生まれ。鉄道趣味誌で列車の乗車ルポや幻の鉄道(未成線)の散策記などを多数発表してきた。著書に『鉄道計画は変わる。』(交通新聞社)など。趣味はアサガオ、ゴーヤの栽培。

 ;

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

見た目そっくり! 「本みりん」と「みりん風調味料」の違いとは

和食の味付けに欠かせない「みりん」ですが、スーパーなどでは「本みりん」と「みりん風調味料」が並んで売られています。さて、この2つの違いや使い分け方とはどのようなものでしょうか。 みりんは煮物などの和食 …

床に大量の油をこぼした…“小麦粉”を使った掃除術が「すごい」と話題に、専門家に聞く

床に食用油をこぼした場合の掃除術がSNS上で話題に。小麦粉に油を吸わせるようにして1カ所にまとめ、固める方法に称賛の声が上がっていますが、この方法は実際に有効なのでしょうか。 こぼれた油の上に小麦粉を …

たった5つのテクニックで! 30年間の老後資金2500万円を“1700万円”も節約する方法

元証券マンで経済コラムニストの大江英樹さんが、2月27日放送のMBS・TBS系「教えてもらう前と後」に出演。夫婦が65歳から30年間生活するために必要な2500万円を1700万円も節約するテクニックを …

「二日酔い」に効果的な食べ物&飲み物まとめ

頭痛や吐き気などの症状がある「二日酔い」。分かってはいても、つい繰り返してしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな二日酔いに効果的な食べ物や飲み物をご紹介します。   つらい症状の …

辛味は脳内で“痛み”と認識されている? 辛い物が得意な人や好きな人は何が違う?

辛い物は脳内で「痛み」と認識されるので、それを緩和させるための物質が分泌される、という趣旨の投稿が話題になっていますが、実際のところはどうなのでしょうか。味覚の専門家に聞きます。 辛い物を食べると体は …