運の良い人はキッチンを制す【風水】開運をもたらすキッチンとは?

投稿日:2019-10-09 更新日:

開運運気アップ台所キッチン風水

食事はエネルギーの源。

風水においても、食べるものによって運気が左右されると考えられています。

そんな食事を作る場所であるキッチンが、風水開運上とても重要な場所であることは当然!

運の良さを手にしている人は、キッチンを制す!

ということで、開運をもたらすキッチンがどんなものなのか、お教えします。

食器や調理器具は整理整頓

開運運気アップ台所キッチン風水食器や調理器具は整理整頓

キッチンは、どうしても物が多くなってしまう場所です。

少し気を抜くと、途端にごちゃごちゃしてしまいます。

風水では、整理整頓をされているきれいな状態が良いといわれていますから、キッチンは特に、整理整頓に心がけましょう。

多すぎる食器や調理器具は、必要なものだけに。欠けてしまっている食器なども処分して。

においとともに悪運を撃退

悪運は、くさいにおいのある場所に流れ込みます。なんでも、悪霊などもくさい場所に集まるとか……。

キッチンは、生ごみなど、くさいにおいのするゴミが出る場所です。ごみの処理には気を使うべきでしょう。

ごみ箱は、ふた付きのものでにおいをシャットアウト。ごみ箱自体にもにおいは染みついてしまいますから、定期的に洗うことも忘れずに。

窓がある場合は一日に一回は開けて換気をしましょう。窓がないなら、換気扇を回して。

汚れをため込まずに金運アップ

開運運気アップ台所キッチン風水シンク金運アップ清掃

キッチンの排水溝の掃除は、金運アップに欠かせません。

金のエネルギーは、滞りなく流れるきれいな水がある場所に集まります。

シンクやコンロなどもピカピカにしておきましょう。

また、冷蔵庫の片付け・掃除も大事です。

賞味期限が切れている食材などが残っていませんか?

ある場合は処分をしましょう。

火を扱うキッチンのラッキーカラー

火のエネルギーを持つキッチンに取り入れたい色は、赤色

鍋などの調理器具を赤色にしたり、収納グッズなど目につく場所に置くものを赤色にしたりするのもいいでしょう。

とはいえ、キッチン中を赤色一色にしてしまうと、火のエネルギーが強くなりすぎてしまい、逆効果。適度に取り入れましょう。

出しっぱなしの包丁が家庭不和を呼ぶ

開運運気アップ台所キッチン風水出しっぱなし包丁は家庭不和を呼ぶ

キッチンに包丁を出しっぱなしにするのはNGです。

なぜなら、包丁が出しっぱなしになっているキッチンは、家庭運を下げてしまうから。

夫婦ケンカが増えたり、姑と同居をしている場合は嫁姑問題が持ち上がったり……。

包丁だけでなく、お鍋や食器類を出したままにするのもあまりよくありません。

それぞれ定位置を決め、片付けるクセをつけて。

開運運気アップ台所キッチン風水ちょっとした注意

ちょっと気を付けるだけで運気が良くなるかもしれません。

ぜひお試しを♪


水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

編集:35style編集

関連記事

靴にこだわってハッピーになろう【風水】運気が良くなる靴とは?

洋服の組み合わせ、髪型、メイク。 おしゃれにこだわりを持っている人でも、靴までこだわっている人は少ないかもしれません。 でも、運気が良い人や成功をつかんでいる人、いつも幸せそうな人たちの足元に注目して …

2019年3月~5月春開運日吉方位

幸運の鍵はココ! 2019年3月~5月春の開運日と吉方位で一気に運気アップ! 

春はスタートの季節。占いでいうと、節分を境に新しい年がスタートし、少しづつ新しい体制に切り替わりながら、3月後半の春分の頃を分岐点として、新しいサイクルに入ります。 春は一年のサイクルが本格始動する重 …

アラフォー結婚占い

占いのおかげ!?彼氏なしアラフォー派遣OLが結婚できた話

こんにちは。38歳アイ子です! 仕事に対して大きな目標も野望もなく、5年以上彼氏もいない、アラフォー派遣OLのわたしが見事結婚できたお話しをしたいと思います。 きっかけは先輩が教えてくれた「一億人の絶 …

西洋版の厄年?【29歳の壁】サターンリターンを乗り越える秘訣

キャリアアップ、結婚、子育て……。 29歳前後って、なにかと人生について真剣に考えさせられることが多いと思います。 それって、30歳という大台にのるから? いえ、もしかしたらそれはサターンリターンが原 …

2020年下半期の運勢12星座無料占い

【無料占い】12星座で占うあなたの2020年下半期の運勢

2020年も後半戦が始まりますね。 上半期は、世界的にコロナの感染が拡大、未だかつて経験したことのない混乱に陥りました。 それもそのはず、2020年は「破壊&再構築」の年なのです。 変革の年の …