違いはどこ?【風水効果】ある人の特徴・ない人の特徴

投稿日:2019-05-24 更新日:

風水効果ある人ない人特徴

既に生活の中に風水を取り入れている人もいると思います。

風水を取り入れるのですから、せっかくなら風水の効果を期待したいところですよね。

しかし、人によって風水の効果がある人と効果がない人がいるようです。

一体、どのような特徴の人が風水効果を期待できるのでしょうか?

また反対に、どのような特徴の人が風水効果を期待できないのでしょうか?

詳しく見ていきます。

風水効果がない人の特徴

風水効果がない人の特徴

具体的には次の3点があげられます。

風水効果がない人のパターン1:物が捨てられない

風水効果がない人の特徴物が捨てられない

何年も使っていないものを「いつか使う時があるかもしれない」とため込んでいる人がいます。

何年も使わず古くなっているものからは邪気が発せられます。

この邪気が溜まって充満している部屋に住み続けると、気が停滞しやすく、悪いことが一向に改善されません。

このような状況では、いくら風水を取り入れても邪気に邪魔されて良い気が入ってこれなくなります。

頑張って風水を実践しているのに、一向に効果が現れないという人は、もう一度部屋を見直してください。

物が捨てられていないという点を忘れている人は、結構多いです。

風水効果がない人のパターン2:服装やメイクが何年も変わっていない

風水効果がない人の特徴服装やメイクが何年も変わっていない

何年も同じ服を着続けたり、何年も前からワンパターンのメイクをしている人は、風水的には何年も物が捨てられない人と同じ。

知らないうちに気が停滞していて、良い気を上手く自分自身に取り入れられていません。

持ち物を時々新しくしたり、見た目を変化させるということは、自分の気を変化させることにもつながります。

変化をしていかないと、自分自身に良い気を取り入れられません。

風水効果がない人のパターン3:損したことばかり覚えている

風水効果がない人の特徴損したことばかり覚えている

過去に何か損をしたことをいつまでも覚えている人は、チャンスや好機を見逃す傾向にあります。

これではいくら風水を実践して良い変化が表れてきても、上昇気運に乗り切れないでしょう。

人の意識の部分はとても重要。運気の差が大きく出てくるポイントです。

風水効果がある人の特徴

風水効果がある人の特徴

風水効果がある人の特徴は、変化に敏感で、変化を上手く自分自身に取り込み、生活を楽しくブラッシュアップさせている人です。

ここまであげてきたポイントを心に留めて、日々の生活の変化を受け入れやすくしていけば、自然と幸運が集まってくるようになるでしょう。

この記事を書いたライター
奥山礼紫(おくやまれいし)
日々気学鑑定士として多くの方の天命を読み説きながら、自分の運命、適性、恋愛傾向、人生の方向性などについて今一番必要なメッセージをお伝えしています。

関連記事

簡単風水2020年大型連休ゴールデンウィークGW散歩開運方位方角

【簡単風水】2020年の大型連休(GW)開運お散歩で運気アップが期待できる方位・方角

2020年は、星の動きで見てみても時代が大きく変わる年。強制的な変化や先が見えない状況に、不安を抱えている人が多いかと思います。 しかし、外出自粛とはいえ、家に閉じこもっているだけではネガティブな思考 …

男性彼氏12星座別2019年後半下半期SEX運セックス

彼の12星座別*2019年後半(下半期)以降のSEX運~いつまでも情熱的?

大好きな彼とは、いつまでもラブラブな関係でいたい。 どんなに長く一緒にいても、ドキドキしたい。 大好きな彼とのSEXも、この先ずっと濃厚で刺激的なものになるといいですよね。 彼は、2019年後半以降も …

今野そめの

今野そめの星占いコラム~12星座別夫のトリセツ~

旦那様って実はどんな人?どんな家事が得意? 何を言ったら重い腰をあげて手伝ってくれるの? そんなお困りの奥様必見! 旦那様の操縦法を、12星座別にひもといていきましょう! 牡羊座 エネルギーに満ち溢れ …

開運運気アップ台所キッチン風水

運の良い人はキッチンを制す【風水】開運をもたらすキッチンとは?

食事はエネルギーの源。 風水においても、食べるものによって運気が左右されると考えられています。 そんな食事を作る場所であるキッチンが、風水開運上とても重要な場所であることは当然! 運の良さを手にしてい …

春の開運金運アップ財布購入日の選び方置き場所

【春の開運財布】金運アップする財布~購入日の選び方&財布の置き場所

春……。この季節になると、引っ越しや部署移動など、新しい環境になって「心機一転!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 洋服もすっかり春の装いになって、街中に明るい色のトーンが増えてきました。 …