エンタメ くらしの豆知識

【第5回】幼稚園落選に旦那の浮気…。2019年、やっと夫の厄が明けました!!

投稿日:2019-01-04 更新日:


こんにちは!シャーミーです。
あけましておめでとうございます。2019年ですね!

我が家はやっと、夫の厄年が明けました!
ダブルの意味であけましておめでとうございます、です。

前厄、本厄、後厄と、この3年間が長かった。2018年にいたっては、我が家にたくさんの危機が訪れました。

2018年は散々!幼稚園落選にパソコンデータも吹っ飛ぶ…。

2018年は散々...。2019年、夫の厄が明けました!
2018年は散々...。2019年、夫の厄が明けました!
2018年は散々...。2019年、夫の厄が明けました!
2018年は散々...。2019年、夫の厄が明けました!

まずは、娘の幼稚園選考、落選。
2つ受けて2つとも落ちてしまいました。

去年までは定員割れしていて、誰でも入れるといわれたところだったのに、今年は定員オーバーのため抽選。
抽選だから、運にまかせるしかないんだけど…。
合格発表の掲示板に我が娘の番号がなかったときは、いい年して泣いてしまいました。

そして、大事なパソコンのデータ吹っ飛び事件。
3年保証のパソコンが4年目に入ったところで、急に息をしなくなるというね。

契約期間終わったら、ドライになるタイプ?
たいしたデータも入ってないので、どうしようかなと思ったのですが、中には娘の生まれたときの動画と、実家の猫たちの赤ちゃん動画が…。
修理代として8万円が吹っ飛んでいきました。

2018年の大事件!夫の浮気発覚!?


そしてなんといっても2018年、我が家を揺るがせたのが「夫の浮気問題!」
どうも、夫がウキウキしているな~と思って、携帯を見てしまったんです。

そしたらまあ、女のひととLINEでイチャイチャしているじゃありませんか!!
ウキウキの原因はこれかよ~!

最初は、携帯を見てしまったことを言えずに、一人悶々とし、一人やけ酒、暴飲暴食。
あるとき、恨みつらみがついにあふれてしまって、夫に問いただしたところ…。

山吹

お相手は職場の60代女子ということがわかりました。
よーく読んだら「膝に水がたまっちゃった!」「えー!触ってみたい~!」なんていう、妙齢ギャルたちの会話(夫はギャルじゃないですが)。

私は、顔に5ミリのイボができたり、全身に湿疹が出たり、メンタルがやられていたというのに、こんな結末。
ついでに暴飲暴食のせいで体重が8㎏も増加してしまいました。

夫の厄年は明けたけれども、私のこの体重はまったくかわりそうにありません。

…ていうか、夫の厄年っていうか私の厄年だった?
2019年、いいことがたくさん訪れますように!!


シャーミー
シャーミー

30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

都内のおんぼろ狭小借家に住んでいます。
(そして、ニックネームに反して、生粋の日本人です。)

素敵に暮らしたい気持ちはあるのに、素敵じゃないことばかり。
ほぼほぼ大雑把に生きていますが、たまにくよくよちんまり。
そんな日々をざっくりじわっとお送りいたします。

夫→40代。心に乙女(というかOL、たまに妖精)が住む。介護職。娘ラブ。
娘→2015年生まれ。成長曲線の一番上をひた走る、健康児。


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

資格不要で主婦に大人気!
占いを学んで人気者に♪
◆占い的中◆130日後に
運命の人に出会い結婚できた話。

-エンタメ, くらしの豆知識
-,

関連記事

キッチンドリンカーや習慣飲酒は、どこからアルコール依存症?

キッチンドリンカーや習慣飲酒は、どこからアルコール依存症?

女性の「アルコール依存症」が年々増えているといいます。 男性よりも少ない量や期間で依存症になりやすい体質であることや、社会の変化なども理由にあります。 仕事、結婚、子育てなど生活変化のストレスにより飲 …

その食品は大丈夫? 医者や栄養士が食べないようにしている食品3種を公開

私たちの体は食事によって作られています。 だからこそ、少しでも体に良い食材・食品を採ろうと響工夫しています。 しかし、自分の体にいい影響を及ぼすだろうと考えて口にしている食品の中には、医者や栄養士とい …

【簡単】イヤ~な洗濯物の生乾き臭!確実に消す・防ぐための方法3つ!

悪天候が続いたりすると、どうしても洗濯物は家の中で干す…という事になっちゃいますよね! そして、家の中だと中々乾かない→次の洗濯物がやってくると言う感じで部屋の中がだんだんと窮屈になっていき、やがて変 …

季節の変わり目体調不良

体調不良が一番起こりやすい季節は○月って知ってた!?

3月が近づくと長かった寒い日々が終わり、日差しがポカポカと暖かく、新学期、引越し、新しい門出など心躍る春の季節が到来ですね。 色々な新しいイベントが控えて心もなんだかドキドキそわそわし出しますが、心身 …

流産死産体験談

つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。 日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりま …