まだ間に合う!夏の沖縄に家族で安く行くコツとは

投稿日:2019-07-05 更新日:

まだ間に合う!夏の沖縄に家族で安く行くコツとは
姉妹サイトママニティのユーザーアンケートでも『行きたい旅行地No.1』に選ばれている沖縄。

しかし、沖縄=夏=高額!というイメージがあり、沖縄行きをためらっているママもいるのでは?

そこで、沖縄に通い続けているライターが、『夏の沖縄でも家族で安く行くことができるコツ』をお教えします!

今回は、安く行くことができる『時期や移動手段』に関するコツです。

<沖縄に安く行くには?>狙い目は9月末~10月!

まだ間に合う!夏の沖縄に家族で安く行くコツとは
沖縄の海で泳ぐことができ、かつ、安く行こうと思うなら、9月末~10月が狙い目!

飛行機代や宿泊費は、9月のシルバーウイークが過ぎるとぐっと安くなります。10月の三連休が過ぎるとさらに安くなります。また、この狙い目期間なら台風に遭遇する確率も低くなります。

<沖縄に安く行くには?>LCC利用は必須!

まだ間に合う!夏の沖縄に家族で安く行くコツとは
安く沖縄に行くなら、格安航空会社(LCC)の利用は必須!特に、数千円で利用できるPeach Aviation (ピーチ)JetSter(ジェットスター)がお勧めです。

キャンペーン時に航空券を取ると、数百円で購入できることも!

ちなみに、LCCは運賃が不要になる「幼児」が2歳未満までと、大手航空会社に比べると1年短くなっています。また、子ども料金は設定されていません。

とはいえ、大手航空会社が設定している子ども料金に比べれば、座席料金を支払ったとしても十分安いのです。

LCC利用の留意点も知っておこう!

まだ間に合う!夏の沖縄に家族で安く行くコツとは

LCCのオプション料金

LCCは料金が安い分、様々なオプション料金が発生することもあります。少しでも安く利用したいなら、キャンセルがおきないような旅行計画を立てたり、「着るものは現地調達!」くらいの気持ちで持ち物は最小限にしたりするなどの工夫が必要です。

LCCの座席は狭い

LCCは、大手航空会社と比べると座席間が狭くなっています。

2歳未満の子どもであっても、膝の上に乗せて移動しようとすると窮屈さを感じる可能性があることは、覚悟しておきましょう。

LCC那覇空港ターミナルの発着場所に注意

LCCは那覇空港の発着場所が国内線ターミナルではなく、LCC専用ターミナルになる場合があります。

無料循環バスの利用が必要なくらいの距離ですので、時間に余裕をもった行動が必要です。

どうしても国内線ターミナルを利用したいという理由があるなら、LCCの中でも割高になるケースが増えているジェットスターを利用しましょう。
まだ間に合う!夏の沖縄に家族で安く行くコツとは
いかがでしたか?

沖縄に安く行く方法はまだあります!

次回は【家族旅行】沖縄・美ら海水族館に最安値で入場する方法とは?と題して、宿泊・観光編お送りします!

【参考】LCC各社ホームページ, 那覇空港ホームページなど

※いずれも公開日時点の情報です。詳しくは各航空会社にお問い合わせください。


黒木 美郷(くろきみさと)
ファイナンシャルプランナー。
30代女性を中心に、相談者に寄り添うライフプランニングをしています。
2つ年上の旦那と東京で2人暮らしをしており、お酒&お肉LOVEの妊活中ライターでもあります。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子どもを妄想しつつ世界各国の育児ノウハウも収集しています。


無料占い達川

関連記事

初心者には投資信託がオススメ! その理由とは?

前回のコラム「【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?」では、投資初心者の方にお薦めする商品として投資信託をあげました。 初心者向けになぜ投資信託がお薦めなのか、今回はその点を少 …

ガソリン代を節約!上手なエコドライブで家計の支出を減らす技

車に乗っていると、どうしても燃費のことが気になってしまうという方が多いのではないでしょうか? また、地球温暖化対策でCO2排出量の削減が緊急の課題にもなっています。 そこで、注目を浴びているのがムダな …

「つみたてNISA」のデメリットは?

前回は 、つみたてNISAのメリットを説明しました。しかし、ネットなどでは「メリットばかりではない。デメリットもある」との意見を見かけます。 そこで今回は、よく見かけるつみたてNISAのデメリットにつ …

年収給料所得アップ増加職業転職企業起業

驚愕! 手取りが減っている今だからこそ始める【お金を増やす方法】

突然ですが質問です。 今の給料・年収に満足していますか? 毎日コツコツ働いて給料を得て、節約して、貯金して……。 「一応、年収300万円台で生きていけている」 「年収400万円台だから大丈夫」 前向き …

投資先を分散させると、どうしてリスクは低くなるのか

分散投資はリスクを低減するための有効な手段の一つだ、と前回書きました。 今回はその理由について少し説明していきます。基本の考え方がわかれば、その後自分なりに応用していくことも可能になってくると思います …