くらしの豆知識 夫婦生活 性生活 美容・健康

【実態調査】男女産み分け、チャレンジ&成功しましたか?

投稿日:2018-10-31 更新日:

男の子は81%、女の子は80%の確率で男女産み分けが可能(※1)など言われていますが、男の子でも女の子でも生まれてくる子は、かわいい我が子!

でも、「1人目は女の子が欲しい!」とか「2人目は男の子がいい!」など、生まれてくる子の性別を希望し、男女産み分けにチャレンジする夫婦もいますよね。

そこで姉妹サイト”ママニティ”の読者の方々に「男女産み分けにチャレンジしたかどうか」を聞いてみました!

Q,男女産み分けにチャレンジ&成功しましたか?

なんと半数以上の方が男女産み分けにチャレンジをした、という結果に!
回答者のご意見もみていきましょう!

【男女産み分け:男の子が欲しい】排卵日を狙って濃厚なSEX

一人目は絶対男の子が欲しくて、「排卵日を狙って濃厚なSEXをするといいよ」と友達に聞いたのでいざ実践。本当に男の子が生まれました!そして2人目は絶対に女の子が欲しかったので、サクッと。。笑 見事に女の子が誕生!
男の子が欲しかったので、時間をかけてたっぷり愛してもらいました(*^3^)/~☆たぶん三回はイッちゃったと思う(*^^*) おかげでちゃんと男の子を授かりました!
SEXしたくなる日がいつも排卵日なようで、子ども3人とも全員男の子です!笑
基礎体温を計り、リン酸カルシウム錠を3ヶ月以上位飲み続け、排卵日に性交することを数ヶ月。しっかり男の子デシタ!
よし!つくるぞ!じゃなくていつでもいいよ気分でリラックスしたら男の子でした。

排卵日にセックスをすると男の子、というご意見がとても多かったです。

【男女産み分け:女の子が欲しい】排卵日を外してサクッとSEX

女の子が欲しかったので、排卵日にHすると男の子の確率が高いと知り、基礎体温つけて排卵2日前に挑戦!無事(?)女の子が生まれました。
ママはあまり感じないでパパが浅く射精するというのをすると、女の子。ママが感じて体力を失った所に、深く射精すると男の子。と聞いた我が家は女の子が欲しかったので続けたら、女の子が出来た

女の子が欲しい場合はママを興奮させずに浅めの挿入で素早く射精を…というご意見が多かったです。

【男女産み分け:先輩ママからの口コミ】都市伝説!?他にもたくさんの産み分け方法が!

新たな選択肢!?「卒婚」のメリットって?

子作りの時に、ピンク色(女の子希望)やブルー(男の子希望)のゼリーを女性側(腟)に入れて使うのを聞いた事があります。産み分けに力を入れている産婦人科では処方してくれるようです。
男の人が野菜中心の食事で女の人が肉類中心の食事をすると女の子が出来やすいと聞いたことがあります。男の人が野菜嫌いだと男の子が生まれる確立が多いみたい!(科学的根拠はないと思いますが…)
中国式産みわけ!これは私の周りは100パーセント当たってます。中には違う人もいるみたいだけど、母とかの計算してみたら当たっててビックリしました!ちなみに私は後からやってみましたが、二人共やはり当たりました。
女の子が欲しい人は寝室の壁に女の子の絵をかざるといいと聞きました。あと、体位だと、女の子が騎乗位、バックが男の子が出来ると聞きました。
夫婦で旦那の方が気がつよいと女がうまれる。
うどんをたくさん食べると男のコができる。

嘘か誠か…都市伝説のような迷信もありますが、みなさん実際”男の子でも女の子でも元気に生まれてくれれば、どちらでも良い”というのが本音のようです!

こちらは先輩ママたちが経験したジンクスですので、科学的根拠はありません。ご理解くださいね。


【参考】
※1…ママニティ「男女産み分けマニュアル」より
ママニティ読者アンケート

【編集】
35style編集部


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

-くらしの豆知識, 夫婦生活, 性生活, 美容・健康
-

関連記事

これで妊娠した!?先輩ママ直伝、子授けスポット、子宝ジンクスとは?

妊娠待ち、不妊治療中などベビ待ちの方々の中には、妊娠にまつわるジンクスを聞いたことのある、という方も多いのではないでしょうか。 子宝グッズや子宝ジンクスのこと、少し気になったりしませんか? 今回は姉妹 …

姑帰省土産マンネリ

脱マンネリ!うるさい姑もあっと驚く帰省時のおすすめ手土産3選

今年も、帰省の時期が近づいてきましたね。筆者も年末年始は帰省することが多いのですが、いつも悩むのが手土産。 特に主人側の実家に挨拶に行く際はそれだけで数日頭を抱えてしまいます。 筆者はどちらかといえば …

【簡単】イヤ~な洗濯物の生乾き臭!確実に消す・防ぐための方法3つ!

悪天候が続いたりすると、どうしても洗濯物は家の中で干す…という事になっちゃいますよね! そして、家の中だと中々乾かない→次の洗濯物がやってくると言う感じで部屋の中がだんだんと窮屈になっていき、やがて変 …

高齢出産リスク体験談

【実態調査】先輩ママが教える!高齢出産メリット・デメリット<アンケート結果発表>

「高齢出産」と呼ばれるのは何歳からかご存知でしょうか。 日本産科婦人科学会によると高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))と定義されています。 近年、芸能人でも高齢出産での妊娠を公表す …

OLIVIAの夫婦のセックスにまつわる“ここだけの話”

はじめまして。OLIVIA(オリビア)です。 私は、ラブライフ・アドバイザーという肩書で、20代の学生から50代のお孫さんのいる既婚者までの幅広い年代の男女のお悩みにアドバイスしています。 「ラブライ …