【婦人科医が回答】Q,40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

投稿日:2021-06-30 更新日:

40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

妊娠はとてもおめでたいことです。近年では、高齢出産も増えていますが、その一方でやむをえない事情で赤ちゃんを諦めなければならず、中絶を選択する方もいます。

姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お金やくらしのことなど日頃の「気がかり」を解決するコーナーからお悩みをピックアップしました。
専門家やその道のプロが、問題を解決します。

今回はポートサイド女性総合クリニック ビバリータ 院長の清水なほみ先生にご回答頂きました。
ご相談内容はこちら!

40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

何かのニュースか記事で「40代の中絶が増えている」という話を聞きました。
これは本当なのでしょうか。
高年齢での中絶は肉体的にも負担は大きのでしょうか。

妊娠総数に対して「中絶」を選択する割合は40代の方が高くなる

40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

40代の妊娠件数そのものが少ないことと、中絶件数の総数はここ数年減少傾向であることから、一概に「40代の中絶が増えている」とは言えません。

2015年度の統計データでは、
40代後半の出生数:1,307人に対し、中絶件数は1,340人。
40代前半の出生数:53,261人に対し、中絶件数は16,368人。
30代後半の出生数:228,919人に対し、中絶件数が31,765人。

「件数」だけで比較すると、20代や30代の中絶件数が多いことになりますが、妊娠総数に対して「中絶」を選択する割合は40代の方が高くなるといえます。

40代の中絶の理由として挙げられるのは、

  • 高齢妊娠だから体力的に不安
  • 年齢的に子どもに異常が出るのが心配
  • もう子どもがいるからこれ以上は育てられない
  • 経済的に無理
  • などが多く、ほとんどが避妊に対する認識の甘さから発生するものです。

    年齢がいくつになっても閉経するまでは妊娠する可能性はある。

    40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

    結婚してから年数がたつと、パートナーがコンドームを使いたがらなかったり、女性側も避妊に対して何となくいい加減になってしまうことはよくあります。

    しかし、「もうこの年だと妊娠はしにくいだろう」という認識は危険です。

    何歳であっても、結婚していても、閉経するまではピルか子宮内避妊具での確実な避妊が必要なのです。

    更年期症状や月経不順の予防を兼ねて確実な避妊をするならピルがお勧めです。

    喫煙など、何らかの血栓症リスクが高くなる要因がある方は、子宮内避妊具を選択するとよいでしょう。
    ホルモン付加子宮内避妊具の場合は、有効な期間が5年間なので、年単位の費用で換算すると最も負担が少なくなります。

    中絶手術は体への負担だけでなく、精神的なダメージも大きい

    40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

    中絶手術そのもののリスクは年齢によって変わるものではありません。

    40代だから、中絶手術の負担が大きくなるということではないのですが、例えば術後の体力の回復が20代の頃よりはゆっくりであるという可能性は考えられます。

    また、中絶手術は体への負担だけでなく、精神的なダメージも受けてしまいがちな処置です。

    女性の健康を守るうえでは、大事な選択肢の一つではありますが、確実な避妊をすることで不要な中絶を減らせるのであれば、まずは「何歳であっても、妊娠を希望している時以外はピルか子宮内避妊具」を浸透させていくことが重要と考えます。

    -ライフスタイル
    -, ,

    この記事を書いたライター
    清水なほみ
    2001年広島大学医学部医学科卒業
    広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業
    日本産科婦人科学会専門医
    日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー

    関連記事

    子どもが「習い事に行きたくない!」と泣く理由はママにあった。

    私は、3歳から小学生までの子ども達に、歌・ダンス・表現のレッスンクラスを運営しています。 レッスンには、いろんな子どもが通っています。 楽しそうに通ってくる子ども達がほとんどですが、中には泣きながら、 …

    食品添加物

    食品添加物って危険!?子どもに与える影響とおすすめの調味料

    料理の味付けには欠かせない調味料や保存性にすぐれた食品加工物など、市販の加工商品には必ずといっていいほど食品添加物が含まれています。 そして、今この食品添加物が与える体への影響が危惧されています。 家 …

    みんなどうしてる?人には言えない体臭ケア【30秒でできるにおいチェック】

    みんなどうしてる?人には言えない体臭ケア【30秒でできるにおいチェック】

    私、におってない?もしかして臭い? そう思った事はありませんか? 自分の臭いには慣れてしまっているので、自分では判断できないのが体臭です。 もし周囲の人に不快な思いをさせてしまっていたらと思うと不安で …

    【藤田保先生が解説】2020年、小学校で英語が必修科目に!授業はどう変わる?

    2020年度以降の小中学校の教育内容を定めた学習指導要領の改定に伴い、小中学生の授業が大きく変わります。 文部科学省: 今後の英語教育の改善・充実方策について 報告~グローバル化に対応した英語教育改革 …

    私はモンスターペアレント…? 保育園の対応にどこまで言う?

    保育園や幼稚園に不満があっても、モンスターペアレントだと思われることを恐れて、言いたいことを言えないママも多いよう。 そこで今回はママから寄せられたモンスターペアレントについての質問をピックアップ! …