家事ノート

プロ顔負け!? 「100均包丁」を驚くほど切れ味抜群にする方法

投稿日:2018-05-31 更新日:

「包丁は100円ショップ」という人も多いことでしょう。しかし「安いから切れ味が悪いのは当然」と諦めていませんか。実は、100均包丁も正しく研げばプロの料理人顔負けの切れ味を発揮することができます。

「100均包丁」も研ぎ方次第で切れ味抜群になる

食材から生活用品まで何でもそろう、お得で便利な100円ショップ。中でも「包丁」は、大手メーカーのものだと数千円するため、100円ショップで買っているという人も多いはずです。

「安いから切れ味が悪いのは仕方ない」――。そう半ば諦めながら“100均包丁”を使用している、そこのあなた。実はしっかりと研ぐことで、プロの板前さんも驚く(?)切れ味抜群の包丁に生まれ変わらせることができます。

「砥石」を使うのがポイント

今回、オトナンサー編集部の取材に応じてくれたのは東京・合羽橋の料理道具店「飯田屋」の飯田結太専務です。

飯田さんによると、100円包丁は「砥石」を使って研ぐことがポイント。電動シャープナーは便利ですが、刃先をギザギザにして食材に引っかかりやすくなるように研ぐため、切れ味は良くなっても刃を傷めてしまうといいます。

砥石は通常「荒砥(あらと)」「中砥(なかと)」「仕上げ」の3種類。それぞれ粒子の粗さが異なり、プロの板前さんは荒砥→中砥→仕上げの順番で3種類を使うそうですが、家庭であれば、中砥で研ぐだけで十分。コツは包丁と砥石の間に10円玉が2~3枚入るような角度にすることです。

しっかりと研げば、水が入った500ミリリットルのペットボトルも日本刀のようにひと振りで切れるように。ただし、100均包丁は高い包丁より硬さがないため、同じ切れ味を何回も持続するのは難しく、切れ味を復活させるにはもう一度研ぐ必要があります。

(オトナンサー編集部)


▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

電気代は部屋の「色」を変えて節約できる!?

視覚を通じて人にさまざまな効果をもたらす「色」ですが、今回は、お部屋の色使いを変えることで電気代を節約するテクニックをご紹介します。ヒントは「寒色系」「暖色系」という考え方です。 「色」を利用した電気 …

あらゆるしがらみから自分を解放しよう! イヤな人に合わせる必要はない!

ベストセラー作家で歯学博士、経営学博士の井上裕之さんの著書「悪いエネルギーは1ミリも入れない」を紹介します。 頬の内側をかんでしまう理由は? 潜在意識とは、心理学や精神医学で「活動はしているが自覚され …

「リンゴを5カ月間保存できる方法」がSNSで話題に 専門家「有効です」

シーズンを迎えた「リンゴ」の保存方法に関する、あるツイートが話題に。「果軸部分に湿らせたキッチンペーパーを乗せて二重にラップに包み、冷蔵庫へ」というものですが、その真偽やいかに――。   こ …

パンケーキに“あるもの”を入れるとフワフワになると話題に、料理研究家「有効です」

ふわふわとした分厚いパンケーキの作り方がSNS上で話題に。その方法は、卵1個に炭酸水150ccとマヨネーズ大さじ2、さらにパンケーキミックス150グラムを混ぜ、小さい鍋で両面を5分程度焼くというもの。 …

もう迷わない! 「小麦粉」と「片栗粉」を使い分けるポイント

揚げ物や炒め物に欠かせない「小麦粉」と「片栗粉」。その使い方はよく似ていますが、両者はどのように使い分けるのがよいのでしょうか。料理のプロに聞きました。 小麦粉と片栗粉はどう使い分ける? 料理に欠かせ …