文章がうまい人ほど「言い換え能力」が高い!

投稿日:2021-06-09 更新日:

(photo by acworks/photoAC)

一生モノのスキルになる! 『文章を書く』ことの苦手を好きにかえる方法<連載第22回>

伝える力【話す・書く】研究所を主宰し、「文章の書き方」に関する著書も多い山口拓朗さんに書き方のコツを教わります。今回は、表現の幅が広がる「言い換え能力」について。

頭がいい人」の言い換え表現とは?

言葉にはいろいろな表現方法があります。たとえば「頭がいい人」というニュアンスを伝えたいとき、あなたなら、ほかにどのような表現で言い換えますか?以下は「頭がいい人」の言い換え例です。

賢い人/知的な人/利口な人/利発な人/クレバーな人/頭の回転が速い人/頭が切れる人/知性が高い人/シャープな頭脳の持ち主/頭が冴えている人/インテリジェンスの高い人

少し広めに解釈すれば、ほかにもまだまだ考えられそうです。砕けた文章が許されるシチュエーションなら「ヤバイ頭脳の持ち主」も候補に挙げることができます。

文章で何かを伝えるとき、その表現アプローチはひとつではありません。無数にある表現の中から、TPOに応じた最適な表現を選び取ることができる人は、文章を書くセンスのある人です。

雑誌、書籍、サイト、ブログから表現フレーズを仕入れる

表現アプローチの引き出しを増やす、つまり、言い換えのセンスを磨くことはできるのでしょうか? 答えはイエスです。最もいい方法は自分がよく書いているテーマに関連する専門誌を読み込むことです。

美術についての文章をよく書く人であれば、美術の専門雑誌や書籍、あるいは美術の専門サイトやブログをチェックしながら表現フレーズをインプットしていきます。感動したというニュアンスであれば、「しびれる」「琴線に触れる」「胸を打つ」「ジーンとくる」「うならされる」「魂が揺さぶられる」「その場から動けなくなる」「ハンマーで頭を殴られたような衝撃を受ける」などが言い換え候補として有効かもしれません。大事なのは、メディアからインプットしたフレーズを積極的に使うことです。 

あるいは、せっかく美術について書くわけですから、その表現にも美的センスあふれる比喩を用いてもいいでしょう。「その瞬間、体中の細胞が一斉にダンスを始めたかのようだった」「その瞬間、自分の心にこびりついていた“思い込み”が粉砕される音が聞こえた」「その瞬間、これまで何万回と考え続けてきた人生の謎が解けたような気がした」という具合です。

「類語検索サイト」をチェックするクセをつけよう

便利なもので、最近では類語が簡単に調べられるアプリのほか、インターネット上には無料で閲覧できる類語検索サイトなどがあります。

言い換えが苦手な方やいつも似たような表現ばかり使っている方は、積極的に類語を調べてみましょう。もちろん、調べた類語は実際に使わなければ、いつまで経っても自分のものになりません。「スマホで類語を調べる → 実際に使う」。この習慣が身につくと、文章表現のセンスがどんどん磨かれていきます。

また、表現アプローチを増やすエクササイズのひとつとして、仲間と「類語出しゲーム」に興じるのもオススメです。以下は、お題の一例とその言い換え例です。それぞれのお題で考えてみてください。

◆元気な人→エネルギッシュな人
◆まっすぐな思い→真摯な思い
◆美しい女性→まばゆい女性
◆圧倒的な成績→突出した成績
◆勇敢な男→肝の据わった男
◆不愉快な出来事→胸くそ悪い出来事

最後に、あなたの周りにいる「おとなしい人」を思い浮かべて、その人を「おとなしい人」以外の言葉で表現してみましょう。以下に載せた言い換え例を見る前に、まずは自分の頭で考えてみてください。

【「おとなしい人」の言い換え例】

寡黙な人/マイペースな人/無口な人/物静かな人/優しい人/落ち着いた人クールな人/暗い人/物腰の柔らかい人/穏やかな人/穏和な人/温厚な人/ソフトな人

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

「仕事と家事に時間を取られて子どもに関わる時間が少ない。」 「子どもに寂しい思いをさせてしまっている。」 子育てしながら働くママであれば、誰もが一度は思うことではないでしょうか。 家族が一番。 子ども …

【体験談】私が子育てに悩んだ本当の理由を打ち明けます

真っ暗なトンネルの中をずっと歩いている気がする。 頭の中にこの言葉が浮かんだのは長男が生まれて3か月たった頃でした。 私は日々の疲れと、睡眠不足と、精神的ストレスで限界にきていました。 長男は本当よく …

【置いても泣かない】赤ちゃんの背中スイッチはこれで切り抜けろ!

腕の中でスヤスヤ眠る赤ちゃん。 可愛くてずっと抱っこしていたい気持ちもあるけど、ママは忙しいです。 寝かすとすぐに起きてしまうので、ずっと抱っこしたままなんです…というママも少なくはありません。 少し …

朝からドラマティックに!名作ぞろい90年代の朝ドラ特集

朝からドラマティックに!名作ぞろい90年代の朝ドラ特集

NHK連続テレビ小説、通称朝ドラ! あまりテレビを見ない…なんて人も、今までにどれか一度は見たことがあるのではないでしょうか? まっさきに思い出すのは、どの朝ドラでしょうか? 今回は90年代の懐かしの …

発達障害とは

発達障害は“障害”ではない!?「有名人・偉人たちにみる発達障害」【Part1】

栗原類さん、勝間和代さん、ミッツマングローブさんなど自身が「発達障害」であることを告白する芸能人や著名人の方のおかけで、最近は「発達障害」という言葉の認知度も高まってきていますよね。 発達障害といって …