スマホでも使える!! ママのための「子ども写真の基本」ワンポイント解説

投稿日:2021-06-02 更新日:


「ついこの前、つかまり立ちを始めたばかり」と思っていたのに、今では所かまわず全力疾走するように……と、子どもの成長は早く感じませんか。だからこそ「すぐに見られなくなるあどけない姿を残したい!」と、子どもにカメラを向けたくなるもの。そのとき知っているといいのが構図やアングル、光の当て方などの知識です。

そこで、ママさん向けフォトレッスンなどで活躍しているプロカメラマン・椎名トモミさんの著書『この通りにやれば必ずキレイに写せる 子ども写真の撮り方』(椎名トモミ著/薮田織也監修、以下本書)と先日行われたフォトレッスンの内容をもとに、スマホ撮影にも応用できる「上手な子ども写真の撮り方」をみてみましょう。

著者・椎名トモミさん(写真右、10/26開催のキッズフォトレッスン@ケンコートキナー セミナールームにて)。

子ども写真(キッズフォト)を複雑な構図で撮るのは至難の業

ネットや本で写真の撮り方を調べると、真っ先に出てくるのが「構図を意識しましょう」というもの。代表的なものとして「奥行きを感じさせたければ放射線構図を意識」「二分割構図やシンメトリー構図はバランスや安定感がでる」といったものがあります。 

でも、子どもの撮影で高度な構図を使うのは簡単ではありません。まだ動けない0歳児や、七五三・入卒園式といったある程度フォーマルな場ならともかく、「動き回って遊ぶ子どもの日常を思い通りの構図(位置関係)で撮る!」というのは至難の業……というか無理です。子どもからしたら「写真を撮ってもらうために遊んでいるわけじゃない」ので仕方ありませんよね。

でも、子ども写真を撮るときに、簡単で効果的な構図があります。それが「日の丸構図」と「三分割構図」

画面の真ん中に被写体を配置する「日の丸構図」の例。中央の被写体をストレートに表現できる。子どものアップを撮るときにオススメ。


三分割構図の例。縦・横をそれぞれ三等分する線の交点に被写体を配置するように撮る。この例では左下の交点にメインの被写体(子ども)が位置している(photo by Yumiko Kimura)


とりわけ、画面の縦と横を三等分にして、それをつないだ線の交わったところに被写体を配置する三分割構図は、キレイな背景と子どもを撮るときにオススメ。「三等分が難しい!」と思うかもしれませんが、被写体を真ん中から左右どちらかに少しずらすだけでもOK。カメラの画面に三分割のグリッドを表示すれば簡単に構図が決められます。

子どもをアップで撮るときや子どもが主役の写真を撮りたいときは「日の丸構図」。きれいな背景も写しつつ、子どもも撮りたいときは「三分割構図」。撮影に慣れるまでは、この二つの構図だけ意識していればよいでしょう。

「ほんのちょっと」のコツで、よりかわいく・すてきな写真に

動き回る子どもを撮るときにはあまり細かいことを気にしていられませんが、とても簡単なのに、写真がグッと変わるコツがあります。

それは「アングル」を意識して撮ること。

(本書P.31より抜粋)

子ども写真は子どもの目線の高さで撮るのが基本です。そうすることで子どもの生き生きとした表情がとらえられます。そして背景に写るものを見ながらほんのちょっとアングルを変えるだけで、同じ場所で撮っても写真の見栄えが全然違ってくるのです。

(フォトレッスンにて、椎名さん談)

子どもより身長の高い親が立ったままで撮ると、どうしても周りの地面が写り、全体の印象が奥行きのない、せせこましいものになってしまいます。上図中・上の写真では子どもの目線の高さに合わせて撮られていますが、それでも地面の写る面積が多くなっているのがわかると思います。

ですが、子どもの目線より低い位置から撮るようにすると顔の周りに明るい空が写りこむので、奥行きが感じられるさわやかな写真が撮れます。とはいえ、撮るために地面に寝転ぶまではしなくとも構いません。しゃがんだ状態からスマホやカメラの位置を少し下げて、子どもを見上げるような角度で撮ってあげる(専門的な言い方をすると「あおり気味で撮る」)だけで、このような印象が全然違う写真になります。

構図は後から切り取って調整できる

思い通りの写真を撮るもう一つの手段として「後からトリミングして調整する」という方法があります。写真用語としてのトリミングとは「画像の不必要なところを切り落とすこと」を意味します。

今回行われたレッスンでは事前に参加者から講評用の写真を送ってもらい、事前に椎名さんがトリミング等の加工を施し、ビフォーアフターを解説していました。この写真はその時の1枚です。

トリミング前の写真。きれいなコスモス畑と可愛い女の子。SNS映えする要素があるのに、写真に知らない人が写りこんでいたりして何となくイマイチな感じがします。この写真をトリミングしたのがこちら。

(photo by emi yamanaka)


比べてみてどうでしょうか? 大胆に縦にトリミングすることで「コスモス畑の中にたたずむ女の子」がクローズアップされ、「何を撮ろうとした写真なのか」ハッキリとわかるようになっています。

このように、後から不要な部分を切り落とすことで、構図を整えることができます。子ども写真でも、あらかじめ広い範囲を写真におさめておき、後から必要な部分だけ残せば写真としての完成度を上げられます。

また、このテクニックは運動会や公園などで走り回る子どもを撮ろうとしたときに起こりがちな「見切れ(手や足の一部が中途半端に切れてしまう失敗)」を防ぐにも有効です。 なお、トリミングを前提にカメラで撮影する場合は、記録画像サイズの設定を「L」サイズにしておきましょう。

ワンランク上の「光の使い方」

もう一つ、撮るときに意識したいのが「光」の使い方。撮りたいイメージや写真の用途にもよりますが、一般的に人を撮るときは顔が明るく写るように撮った方が綺麗に見えます。

「顔を明るく撮るには、太陽や電灯などの光が被写体の正面から当たるようにすればいい」と考える人も多いと思います。この方法は必ずしも正しい方法ではありません。下の写真を見てください。

(本書P.53より)

左が被写体の正面から光が当たる(順光)ように、右が被写体の背後から光がくる(逆光)ように、同じ場所・同じ時間に撮られたものです。見比べると、順光で撮った左側は確かに親子の顔が明るく写っていますが、お母さんの顔にくっきりとした影があったり、お子さんもどことなくまぶしそうな表情をしています。

一方、逆光の右側は全体的に明るく写っているため顔に影も出ず、お子さんの背中の輪郭が薄く光って見えるため、どことなくやさしい雰囲気が出ています。では、どうしてこうも違うのか、その理由を見てみましょう。

光の当たり方の違いと特徴

光の当たり方とそれぞれの特徴を見てみましょう。被写体に対する光の当たり方と位置関係、その特徴は以下のようになります。

(本書P.52より)


ここで逆光の説明のところに「逆光とプラスの露出補正でキラキラに」とありますが、ただ単に逆光で撮っただけでは、全体的に暗い写真になってしまいます。それを上図の男の子や先ほどの桜の木の下の写真のようにするには「露出補正」を行い、写真全体を明るくする必要があります(露出補正の設定方法はカメラやスマホの機種によって異なるため、それぞれマニュアルを参照してください)。

(本書P.53より)


あと、ここまでの説明で「逆光が○で順光は×」という印象を受けるかもしれませんが、下のような青空を背景にした元気な子ども写真を撮りたい場合や、色や形をくっきりと写したいときは順光で撮りましょう。


以上、子どもをかわいく撮るコツをいくつか紹介しました。写真を上手に撮るためにはシャッタースピードや「f値」と呼ばれる絞り、ホワイトバランスの設定などいろいろ覚えることも多くあり、これらについても本書でわかりやすく解説しています。

上達への一番の近道は構図と光に意識して数多く撮り、写真に慣れることです。本書とカメラをお供にして、かわいいお子さんの写真をたくさん撮っているうちに、あなたもステキなママカメラマンになれることでしょう。

取材協力:ケンコートキナー サービスショップ
東京都中野区中野5-68-10 KT中野ビル2F
TEL:03-6840-3778

書籍引用:この通りにやれば必ずキレイに写せる 子ども写真の撮り方
著者椎名トモミ 著/薮田織也 監修 価格¥1,650(税込)
記事提供:日本実業出版社

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

男女の発達の違い男の子叱り方

子どもの遊びに潜む危険…安全に体験させる方法とは?

最近は、自由に遊びたいだけ遊ぶ子どもが減ったような気がします。 公園を出ればスグ道路。昔のように自由に遊べる田んぼや空き地は減少。 子ども達を見守る地域の人との繋がりも減少。 そして遊び方も変化してい …

【第7回】夫婦はお互いが自分の姿を映す鏡だと思う

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 戸村真琴さんの過去の記事はこちら 相手八つ当たりする前に一人でリフレッシュ!夫婦間にも休憩は必要かも。 ・なんとなく喧嘩が多い時期な気 …

あらゆる試験を突破する「暗記のすごいコツ」

(photo by momo105/photoAC) 春からの新生活にむけて勉強を始めたものの、覚えることが多くてすぐに忘れてしまう……そんな悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。資格試験・大学入 …

キッチンドリンカー専業主婦

ごく普通の主婦が危ない!依存症の一種・キッチンドリンカーとは?

節度を守って楽しめば、飲酒はストレス解消法の一つになります。しかし近年では、ごく普通の主婦がアルコール依存症ひとつである「キッチンドリンカー」になるケースが増えているようです。 主婦は気軽に外出先でお …

イヤイヤ期突入! 子供と上手に付き合う簡単な方法

実は早いと生後6か月から始まっているとも言われている、子供のイヤイヤ期。 毎日忙しく頑張っているママにとっては、イヤイヤが始まると「ここできたか……」と悲しい気持ちになったり、ストレスを感じたりするこ …