読書を通じて思考力を高めるには、どう読めばいいのか

投稿日:2021-05-01 更新日:

photo by Igor Normann/Adobe stock


「本を読むことで頭がよくなる」と昔からいわれますが、それも読み方次第。本の種類にもよりますが、別々の人が同じ本を読んでも

読んだ後に何の知見も感情も残らない
知識として新たな言葉を知る(でも、それだけに留まる)
思考を巡らせ、新たな見解が生まれる
など、結果として残るものはさまざまです。

もちろん「単に時間をつぶしたかっただけ」など、読む目的によっては何も残らなくても問題ない場合があります。ですが、もし知見を得たり、あるいは思考を深めたいと思って本を手に取るなら、効果の高い読み方をしたいもの。

そのワザの一部を『「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術』(木山泰嗣著、以下本書)の内容を引き合いにしつつ、見てみましょう。

タイトルに表れない「潜在的なニーズ」を読み、思考力を働かせる

本のタイトルは内容を表しています。たとえば、なにか社会のトピックをテーマにしたビジネス書であれば「感染症」とか「MMT(現代貨幣理論)」「財政再建」などのキーワードが含まれ、時にはベストセラーとなります。

それらは「感染症について知りたい」「財政再建について論考を深めたい」など一定の顕在化したニーズを満たすべく出版して売れたわけですが、すべてのベストセラーがそのようなプロセスを経て成り立っているわけではありません。

東日本大震災が起きた2011年に、サッカーの長谷部誠選手が書いた『心を整える。』(幻冬舎)がベストセラーになりました。いまでも著者が現役で有名であるということもあってか、若い人にも読まれ続けているようです。

しかし、このベストセラーのタイトルどおりのテーマ「心を整える」は、時代背景を考えると、東日本大震災や福島第一原子力発電所事故といった未曾有の災害が起きた年に、日本の人々が潜在的に何を求めていたかを表しているといえます(この本が出版される直前の2020年の春にはパンデミックにより感染症やウイルスの本が売れ、カミュの『ペスト』〔新潮文庫〕が大ヒットしていました)。

(本書P.130より)

このように「なんとなく漂う不安・恐れ」といった世相が心の拠り所を求めた結果、特定の本がベストセラーにつながることもあります。これは裏を返せば「なぜかわからないけど売れた」という結果から思考を働かせれば、そのときどきの時代の空気やトレンドを読み取ることができるということです。

かつては、クイズ番組が流行するときは不景気だといわれたこともありますが、テレビをみるだけでなく読書をする習慣をもっていると「この1年でよく読むタイプの本があったな」とか、「最近、このテーマの本が増えているな」というように、自然に時代の空気を感じる瞬間がよくあります。

そのときは、いろいろな仮説を立てて「どうして、このテーマの本が売れているんだろう?」「なぜ、いまこの雰囲気の本が多いのだろう?」というように考えてみましょう。

考える対象は、本のタイトルや装丁(カバーデザイン)、著者の職業、さらには本の形態(ハードカバー、ソフトカバー、判型〔四六判、A5判、新書、文庫〕)、本で扱われている事柄などです。本を読みながら考えるのもよいですし、読書を終えた後に歩きながら考えてもよいと思います。

(本書P.130-131より)

事実と意見・フィクションを区別する考えを働かせる

これは本に限らず、新聞記事からSNS投稿まであらゆる文章を読むときの基本ともいえることですが、(物語など完全に創作された物語はともかくとして)本に書いてあることはすべて鵜呑みにしていいわけではありません。

調べれば他の本にも書かれている、あるいは正当なデータや根拠、客観的な観察結果に基づく「事実」もあれば、書き手の主張や妄想、立場に基づいて発せられた声明(ポジショントーク)などを中心とした「意見」が書かれていることもあります。

一番わかりやすいのが新聞です。起きた事件や政府発表といった報じる“事実”は1つでも、朝日新聞と産経新聞では論調が180度違うことも珍しくありません。

これは、数字やデータを交えながら客観的に書かれたようにみえる本や記事でも同じです。統計データをもとにして書かれていても「データをとるときの母集団の属性はどうだったのか」「解釈に恣意的な要素が入っていないか」などと頭を働かせなければ、事実と意見・フィクションの区別はつけられないからです。

たとえば昔からネット上に存在するジョークネタの一つに「インターネット上でアンケートを取ったところ、国民のインターネット利用率が100%ということがわかった」という話があります。

この話をフィクションとして流せるなら問題ないのですが、この数字を真に受けて「ならば、行政手続きはすべてオンラインに移行し、対面手続きはすべて廃止しても問題は生じない」と考えるのは、さすがにマズいとわかるでしょう。ネット上のアンケートなら、当然ネットを利用しなければ答えられないわけですから、100%になるのは当たり前だからです。

このように、読むときは文章や提示されたデータ・数字が「事実なのか、それとも意見やフィクションなのか。正しく取り扱われている情報なのか」などを考える必要があります。木山氏はそのような読むクセをつけるメリットについて、次のように語っています。

本には、著者の考え方が書かれた部分と、それを述べるための「著者ではない別の人物の考え方」が引用、あるいは紹介された部分もあるということです。これらを分けて読むクセをつけると、それなりの緊張感をもって本を読むことができます。

「自由で気ままに楽しむ読書」というと、漫然と読むだけのように思われるかもしれませんが、そうした「楽しむ読書」をするときから、事実と意見を自然と分けて読むことができるようになっていれば、情報や自分の思考を整理する力も身についているので、それを仕事や日常でも、自然に活かせるようになるでしょう。

(本書P.168より)

本記事では2つほど紹介しましたが、ほかにも思考力を高める読み方はあります。また最初に述べた通り、読む本の種類や目的はさまざまなので、こうした読み方をいつも行う必要はありません。ただ「内容から何かを得たい」というときはとても有効な方法ですので、ぜひ試してみてください。

記事提供:日本実業出版社
書籍引用:「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術 著者:木山泰嗣 価格:¥1,595(税込)

-ライフスタイル
-

関連記事

親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<4~6歳編>

・<0歳~1歳編> ・<2~3歳編> と書いてきましたが、今回は「4歳~6歳編」です。 どの年齢の子ども達にも言えるのですが、自分の気持ちをうまく伝えられるようになるには、大人の力が必要です。 4歳か …

大人の発達障害遅刻

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第3話:時間に間に合わナイ!

私、時間に間に合わない女なんです。 あなたの周りにも、しょっちゅう遅刻してきたり、いつも時間ギリギリになったりする人っているんじゃないでしょうか。 ADHDタイプの人の中には、ついつい時間ギリギリにな …

家族問題カウンセラーが見た【時代とともに変わりゆく小学生のトラブル】

子供達のトラブルは、時代と共に変化しています。 昔は、トラブル内容も複雑ではなく、お友達同士のちょっとした喧嘩や、子供同士がぶつかってどちらかが怪我をしてしまった、など単純なものが多く、いじめや仲間外 …

脳を育てよう!7歳から出来ること

・3歳までに出来ること ・4歳~6歳で出来ること と書いてきましたが、今回は「7歳から出来ること」です。 7歳と言えば、小学一年生。 小学校に入ると、子どもたちの世界は、今までの倍以上の大きさとなりま …

運気アップ唇リップ人相学

顔にもくせがある!その笑顔、得する笑顔?損する笑顔?

人は見た目が9割や、100%などというように、見た目は他人からの印象の大部分をしめるものです。 皆さんは自分の笑顔に自信がありますか? 笑っているつもりでも、その笑顔は「損する笑顔」かもしれません。 …