節税対策② 「贈与」と「相続」はどちらがトクか!?

投稿日:2021-04-11 更新日:

photo by akizou/acworks

現金・預金、土地・家屋などの不動産、有価証券、ゴルフ会員権……一定額以上の財産の相続または贈与にかかってくる「相続税」と「贈与税」。いずれも財産を受け取った人が納める義務のある税金ですが、どんな違いがあるのでしょうか。累計30万部を超えるロングセラーの最新リニューアル版『相続・贈与 かしこい節税の教科書』(小池正明・著)から、知っておくと役立つ節税のヒントを紹介します。

基礎控除や税率に大きな差が…

いきなりですが、質問です。もし、成人した子が親から1000万円の財産をもらうとしたら、「相続」と「贈与」でどちらがトクになると思いますか? 

結論を先にいえば、1000万円に対する税額を単純に計算した場合、相続税は100万円、贈与税は177万円となるので、相続のほうがトクといえます。

 ・相続税……1000万円×税率10%-0円=100万円
  *控除額0円(国税庁:相続税の速算表)、被相続人の財産総額が3000万円以下なら無税
 ・贈与税……(1000万円-110万円)×税率30%-90万円=177万円
  *基礎控除額110万円、控除額90万円(国税庁:贈与税の速算表)
   親子間の贈与は軽減税率(特例税率)を適用

相続税と贈与税は、どちらも財産の移転にかかる税金で、互いに密接な関係にあるため、相続税法という1つの法律の中に定められていますが、控除額(課税価格から差し引ける額)や税率など、まさに天と地ほどの差があるのです。また、相続税は、財産の総額や家族構成などによっても大きく変わってきます。

たとえば、基礎控除額を比べると、相続税の場合、相続人1人なら3600万円で、相続人が1人増えるごとに600万円が加算されます。一方、贈与税の基礎控除額は、財産の価額に関係なく、年間1人110万円までと決まっています。贈与は毎年できるとはいえ、わずか110万円が上限で、これを超える財産は課税対象となります。

 ・相続税の基礎控除額……3000万円+600万円×相続人数
 ・贈与税の基礎控除額……年間110万円

上記のように、暦年(1月~12月の1年間)に受けた贈与財産をもとに贈与税を計算することを「暦年課税(※1)」といいますが、贈与税には「相続時精算課税(※2)」という特例もあり、これが適用される場合は2500万円までの贈与が非課税(特別控除)となります。

いずれの場合も、複数の人から財産をもらった場合はその総額で計算しますが、不動産など財産評価が難しいものや、生活費や学費など課税されないものもあります。判断に迷ったときは、税務署や税理士など専門家に確認なさってください。

※1 暦年課税……1年間に受けた贈与財産の合計から基礎控除額110万円を差し引いた残額に税率をかけて贈与税を計算する。その際、贈与があった年の1月1日時点で20歳以上の人が直系尊属(父母や祖父母など)から受けた贈与は「特例贈与財産」として、それ以外の「一般贈与財産」より低い税率(軽減税率)になる。
※2 相続時精算課税……原則として、60歳以上の父母(または祖父母)から20歳以上の子(または孫)に対して財産を贈与した場合に2500万円以内は非課税となり、これを超えた分は一律20%で課税される。ただし、相続開始前3年以内の贈与財産は相続税の対象財産に加算されるほか、この制度を利用すると「贈与税の暦年課税へ変更できない」「相続税の小規模宅地等の特例が受けられない」といったデメリットもあるので、じっくり検討したほうがよい。

税率の区分もまったく違う

次は、税率について見てみましょう。相続税も贈与税もどちらも「超過累進税率」といって、課税される財産が大きくなるほど高い税率が適用されます。この場合の税率は最低10%から最高55%までで、どちらも同じです。

しかし、途中の税率の区分はまったく違います。贈与税の税率は、親子間などでの贈与に適用される「軽減税率(特例税率)」と、その他の場合の「一般税率」の2通りがあり、この軽減税率と相続税の税率を比較したのが、次のグラフです。

これを見ると、課税対象となる財産の価額が同じでも、贈与税の税率のほうがかなり高く、累進度合もきつくなっていることがおわかりいただけるでしょう。このため、税額に置き換えると大きな差になるのです。

ではなぜ、このような差があるのでしょうか。それは、相続税と贈与税の関係性によるものです。贈与税には「相続税の徴収もれを防ぐために課税する」という大義名分があるため、仮に相続税の税率より低いとすれば、その役目が果たせません。生前に贈与して贈与税を払うほうが、あとで相続税を払うよりトクになってしまうからです。

相続税は「点」、贈与税は「線」

結局、どちらがトクかといえば、相続税のほうに軍配が上がりそうです。しかし、相続税と贈与税では、課税のしくみがまったく異なるため、同額の財産に対する税額だけを比較しても、あまり意味がありません。財産状況や家族構成などが違えば、必ずしも、相続税が有利とはいえなくなります。

たとえば、財産が何十億円もあるという高額資産家の場合、相続税では6億円を超える分には55%もの高い税率が適用されます。しかし、毎年600万円ずつ贈与すると、これに対する税率は20%ですから、この場合は、贈与のほうがトクになります。

また、相続税が「相続時点の遺産額」に課税されるのに対して、贈与税は「年間の贈与額」に課税しますから、税額をにらみながら贈与額を決められる、というメリットもあります。つまり、相続税は死亡という「点」の財産に課税、一方の贈与税は毎年の贈与という「線」の財産に課税するという違いがあるのです。

したがって、相続と贈与のどちらがトクかという単純な話ではなく、課税のしくみをよく理解したうえで、「相続と贈与をうまく組み合わせて全体として節税する」ということが、もっとも大切といえるでしょう。
*本記事は、2020年9月1日現在の法令等に基づいています。


著者プロフィール:小池 正明(こいけ まさあき)
⻑野県⽣まれ。中央⼤学卒業後、1978(昭和53)年税理⼠試験合格、1983(昭和58)年税理⼠事務所開設。税理⼠として企業の税務、経営を指導するとともに、講習会・セミナーなどの講師も担当。現在、⽇本税理⼠会連合会税制審議会専⾨委員⻑、早稲⽥⼤学⼤学院法務研究科講師。主な著書に『相続・贈与 かしこい節税の教科書』『最新 図解 消費税のしくみと実務がわかる本』『法⼈税・消費税の実務処理マニュアル』(以上、⽇本実業出版社)、『⺠法・税法による遺産分割の⼿続と相続税実務』(税務研究会)などがある。

書籍引用:財産評価から申告までが1冊ですべてわかる 相続・贈与 かしこい節税の教科書  著者:小池正明 価格:¥2,200(税込)
記事提供:日本実業出版社

-マネー
-, ,

関連記事

年間16万も!? 思わず禁煙を考えたくなる「タバコの年間コスト」

家族やあなた自身、タバコを吸っていますか? タバコの健康被害だけでなくタバコ代がいくらかかっているか考えたことはあるでしょうか。 年間のタバコ代はなんと16万円!! JT(日本たばこ産業株式会社)が毎 …

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット・デメリット

前回、iDeCoの特徴について書かせていただきました 。 今回は、巷で言われているiDeCoのメリット・デメリットについて考えてみます。 まず メリットについてですが、多くは「税制優遇」にあります。 …

私たちは給料の何割を貯金したらいい?

毎月コツコツ貯金している方がほとんどだと思いますが、「もしかするとウチは貯金額が少ないかも……」と不安に思ったことはありませんか? 毎月貯蓄する金額は、年齢や家族構成、収入、ライフステージ、生活レベル …

【よその家のお金事情】「家計資産」の平均は◯千万円超!?

他人の懐事情や生活レベルを気にしても仕方がないとはわかっていても、やはり気になるもの。 とはいえ、どんなに仲が良くても、友人や同僚とお金の話はなかなかできませんよね? 「聞きたいけど聞けない…」そんな …

【実態調査】「今後は働きたい」と考えている専業主婦ママは80%!その理由10選。

国が「働き方改革」を掲げ、女性の働き方についてなにかと話題になる昨今。 みなさんは子どもを育てながら働くことについてどう思いますか? 姉妹サイトのママニティの読者に「子育てしながらの働き方」についての …