あいまいな声かけはNG! 発達障がいの特性を理解して、子どもの「できる」を育てよう

投稿日:

この子はどんな特性をもっている?(photo by acworks/photoAC)


「何度注意しても、うちの子は同じことを繰り返すばかり」「この子にできることはあるんだろうか」

発達障がいの子をもつ親は、このような不安をもち、気づけば叱ってばかりの毎日となることが少なくないようです。しかしどんな子でも、大好きなお母さんとお父さんの笑顔のために、毎日新しいことを吸収しながら成長しています。

精神科医として「ATARU」「僕の歩く道」など多くのテレビドラマの医事監修をつとめ、発達障がい全般の専門家でもある西脇俊二先生によると、発達障がいの子の特性を理解し適切な方法でサポートすれば、歩みは遅くとも少しずつできることが増えていくそうです。

先生の著書『発達障がいの「子どもの気持ち」に寄り添う育て方』を参考に、子どもを正しくサポートする方法を見てみましょう。

発達障がいの子どもが「苦手なこと」「得意なこと」

生活・学習面や行動面などで、年齢に応じた発達の遅れにより「得意なこと」と「苦手なこと」の差が極端に目立つ子がいます。医学的には、このような“特性”を「発達障がい」と呼び、主に次の3つが代表として挙げられます。

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障がいに含まれる障がいの一つ)

特性:コミュニケーションや対人関係、社会性の障がい。パターン化した行動を好む。興味、関心のかたよりやこだわりが強い。

ADHD(注意欠陥・多動性障がい)

特性:集中できない。多動、多弁でじっとしていられない。考えるよりも先に動く。

LD(学習障がい)

特性:「読む」「書く」「計算する」などの能力の習得が極端に苦手。

発達障がいは、脳の一部の機能がうまく働かないことが原因で起きる症状であり、決して親の育て方や子どもの「やる気」に起因するものではありません。苦手なことも多い一方で、得意なことには集中力を発揮して取り組むなどのいい面も多く、こうした特性を強みに社会で活躍する人もいます。

発達障がいの子どもは、世の中で「当たり前」とされている、目に見えないルールや言葉の意味を察するのが苦手です。そのため、親や先生からいくら注意されても、何に対していわれているのかを理解できず、「自分なりに頑張っているのに、いつも怒られてばかり」と、生きづらさを感じることも少なくありません。

真面目で頑張り屋のお母さん、お父さんは、子どものできないことに目がいってしまいがちですが、できることにフォーカスして子どもと接することが大事です。

あいまいな言葉は使わない

発達障がいの子どもは、親からいわれた言葉が理解できないことがあります。

たとえば、アスペルガー症候群の子どもは、表情や様子から察することができないので、「これ・それ・あれ」などのあいまいな指示では理解できません。ADHDの子どもは何かに注意を向けているとき、声をかけても耳に入らないことが多いです。また、長く説明されると話の趣旨がつかめないこともあります。

こうした子どもに指示を出すときには、必ずそばへ行き、子どもの顔を見ながら話しかけるようにすることがポイントです。また、長い説明は避け、短い言葉で指示を出します。

ご飯の時間に子どもが遊びに熱中しているとします。そんなときはまず、子どもの視界に入ります。そして「今からお母さんが話すことを聞いてね」と声かけをし、「ご飯ができたよ」と目を見ていいます。子どもが理解できたら、次に「キッチンからお皿を机の上にもってきてね」とお願いするといった順番です。

大切なポイントとしては、一度に2つのことができないので、必ず指示する内容は1回につき1つにします。そして、1つ作業ができたら、「ありがとう」といい、次の指示を伝えるようにしましょう。

苦手なことはポイント制で行動させよう

人間は誰しも、ものごとにメリットを感じると、行動を続けやすくなります。反対に、苦手なことややりたくないことからは逃げてしまったり、先延ばしにしてしまいがちです。たとえば、ダイエットをしようと決意しても、ついつい甘いお菓子の誘惑に負けてしまうのは、「おいしい」というメリットを優先してしまうからです。

これは子どもも同じです。宿題に手をつけずにゲームばかりしているのは、「楽しい」というメリットがあるから。そんなときに「遊んでばかりいないで宿題をやりなさい」と叱ったところで、効果はありません。叱るのではなく、宿題をやることに子どもがメリットを感じるような提案をしましょう。

そのときに、役に立つのが「ポイント制」です。
ゲームばかりして宿題をしないなら、次のようなルールを決めてポイントカードを作ります。

・○時から○時に宿題をしたら1ポイント
・1日1ポイント獲得したら、1日20分ゲームをしてもいい
・宿題をしなかったら、ポイントが加算されないので、ゲームもできない など

ポイント制は、とくにADHDの子どもに効き目がある方法です。注意力が散漫になりがちな子も行動をポイントカードで見える化することで、「行動したことで結果が得られる」という意識が育ちます。

ポイントカードには、子どものお気に入りのキャラクターシールを使うなど、やる気を持続させるための工夫をしましょう。また「毎日、頑張って偉いね」「ちゃんと元気に挨拶をしてくれて嬉しいな」など、行動に対しての親からのほめ言葉で、子どものモチベーションをさらに引き出していくことが可能です。

ほめて子どもの「できる」を引き出す

子どもが苦手なことにトライしているとき、つい親はイライラした表情で、こう声をかけがちです。

「早くしなさい!」「まだできないの?」

我が子が生まれたばかりの頃はちょっとしたことができただけでも喜んだのに、成長するにしたがってイライラが多くなる。これは、無意識に大人のレベルで子どもを見るようになり、子どもの頑張りに気づかなくなるからです。

一度その考えを手放してみてください。今まで使っていた叱り言葉をほめ言葉に変え、子どものレベルにあった声かけやコミュニケーションを取ることで、子どもの行動も変わっていきます。

「頑張っていて、えらいね」とほめられて育った子は、積極的にものごとと向き合います。逆に「本当に駄目な子ね」と叱られて育った子は、ものごとに対して消極的になってしまいます。

ほめなれていないお母さんお父さんは、「子どもが何かできたとき、正しい行動をしたときにすぐほめる」「ありのままの子どもと向きあい、大切だという意思表示をする」「子どもが頑張っている過程をほめて、応援する」といったことを意識して、わが子の“特性”と向き合ってみてはどうでしょう。

書籍引用:発達障がいの「子どもの気持ち」に寄り添う育て方 著者:西脇俊二価格:¥1,650(税込)
記事提供:日本実業出版社

-ライフスタイル
-, , ,

関連記事

0歳からでも出来る!お風呂遊びで数字に強くなる!

小さい子どもが、「1・2・3・・・10」数字を読んでいたら、「わぁ!数字が読めるんだね」と感心します。 本当に凄い事だと思います。 しかし、当たり前ですが、その数字の意味を理解していない子どもがほとん …

月9ドラマ フジテレビ 主題歌

あの名作をもう一度!90年代おすすめの月9ドラマ3選

月9といえば、フジテレビ系月曜21時のドラマ枠。 月曜9時になると、街からOLが消えると言われたほど、大ヒット連発の枠でした。 また月9ドラマと言えば、主題歌が毎回注目されますよね。 小田和正の『ラブ …

『スッキリ』で紹介されて大人気!セリアの「シリコンクック菜箸」を使ってみたよ

料理をしていると、菜箸使って、軽量スプーン使って、軽量カップ使って…etc 残るのは膨大な洗い物の山…。 少しでも洗い物を減らすのはもはや主婦のたしなみ! 朝の情報番組『スッキリ』で紹介され、大人気と …

サレ妻サレ夫特徴なってしまう人

「サレ夫」「サレ妻」って何? なりやすい人の特徴

ドラマの設定やインターネットの掲示板で「サレ夫」「サレ妻」という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。 「サレ夫」「サレ妻」とは、浮気された立場の夫または妻を指します。 逆に浮気をした側の夫、 …

運動神経は遺伝しない!?子どもを運動音痴にさせない方法

「運動神経の良い子に育ってほしいな」 そう願うママも多いはずです。私自身、運動に関して良い思い出がないので、尚更そう思います。 その反面、「私に似て運動音痴になってしまうのではないか」と不安にもなりま …