「夫が突然、糖尿病に…」明るい夫婦のドタバタ闘病記が、1000万人の糖尿病患者と家族を救う!?

投稿日:2021-03-15 更新日:

月間200万PV! 奮闘するマルコ一家の人気漫画ブログが本になりました

「糖尿病」や「血糖値」の正しい知識が身につく“明るい闘病マンガ”

『うちの夫が糖尿病になっちゃった! ズボラ夫が血糖値を下げた方法』マルコ・著

糖尿病は予備軍も含めると、40歳以上の4人に1人が罹患するといわれる病気です。しかし一般向けにやさしく解説した本は少なく、十分な知識が浸透していないのが現状です。

そんななか、月間200万PV越えを誇る人気マンガブログ「うちの夫が糖尿病になっちゃった!」が書籍化。わかりやすいイラストと正確な知識満載で、糖尿病についてはもちろん、血糖値を下げて安定させる方法についても紹介しています。

糖尿病に悩む人たちや家族だけでなく、血糖値が気になる人、糖質制限食やダイエットに関心のある人にとって、とてもためになる1冊です。

◎本書のあらすじ
ナゾの咳が止まらないズボラ夫。放っておいたらある日突然病院で糖尿病と言われ……知識ゼロから試行錯誤し、奮闘するマルコと家族の明るくて“ためになる”ドタバタ闘病記。簡単な糖質制限レシピや生活習慣情報、主食や副菜を組み合わせるだけの「神食材でわかる! 献立の食材分類表 」などのコンテンツも満載で、毎日の献立づくりもサポートします!

マルコさん談:「『わたしも糖尿病予備軍?』と気になる方にもぜひ読んでほしいです」

◆マルコさんのインタビュー動画は「本TUBE」で!

糖尿病患者は1000 万人! いや、2000 万人超!?

厚労省の調査によると「糖尿病と強く疑われる者」は1000 万人、「糖尿病の可能性を否定できない予備軍」を合わせると 2000万人超になると言われています。患者の生活を支える家族をふくめると 、とても多くの人たちが病気と直面していることになります。

マルコさんのコミカルな闘病マンガは、そんな予備軍を含めた、糖尿病にかかわらざるを得ない人たちから「心が明るく、ラクになる」と強く支持されています。

最初に困る「糖尿病ってなにを食べたらいいの?」――早見表やラクチンレシピでおいしくカンタン食事療法

◎例えばその1.「ショウガやオクラなど、神食材を食べるだけ!」
家族が糖尿病と診断されたとき、最初に困るのは食事。「何を作ったらいいのかわからない!」そんなお悩みを救ってくれる、「神食材」がひと目見てわかる早見表や時短ラクチンレシピをたくさんご紹介。

食事療法でもっとも大切なのは長く続けられること 。そんな方法をたくさん紹介しているので「たったこれだけで簡単においしくて体にいい料理ができる!」とストレスから解放してくれます。

◎例えばその2.「コンビニの食材は便利の宝庫。決して手抜きではありません!」
大容量のサラダやおでん、ナッツ類などの品揃えが豊富なコンビニは糖質制限者の救世主。手間のかかるものはお手軽に安く購入して、パッと簡単に済ませましょう!

◎専門家が監修
自らも糖尿病を克服した、東京医科歯科大学名誉教授・藤田紘一郎先生が監修。医学的に正確な知識が得られます。


著者のマルコさんはこんな人!

関西在住の主婦。ライブドア公式ブロガー。夫が2型糖尿病と診断され、病気が発覚した経緯や、夫の日常などを描いた闘病絵日記ブログ「うちの夫が糖尿病になっちゃった!」を開設。月間最高200万PVと健康系ブログでは抜群の知名度を誇る。ためになる情報、 わかりやすくユーモアな内容で人気を博している。2人の娘を抱えながら夫を支え、ゼロから調べた情報を毎日公開するマルコ氏のブログは、患者本人だけでなく家族やパートナーが糖尿病の人たちにもとても共感を呼んでいる。

書籍引用:うちの夫が糖尿病になっちゃった! 著者:マルコ 著/藤田紘一郎 監修 価格:¥1,430(税込)
記事提供:日本実業出版社

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

子どもの習い事は親の自己満足?娘のピアノレッスン拒否からの学び

今の子どもは、小さい頃から多くの習い事をしています。 友達と遊ぶ時間もないほど毎日何か習い事をしている子どもも、少なくありません。 「子どもには色々なことを早くから経験させて、可能性を見出してあげたい …

私が体験したご近所トラブル~騒音・境界線・ゴミ出し・ペット~

私が体験したご近所トラブル~騒音・境界線・ゴミ出し・ペット~

ご近所さんとは上手におつきあいしていますか? おうち時間が増えた今、近隣住民の騒音やマナーなどが原因でトラブルが増加していると聞きます。 私自身も都内の借家に住んでいますが、ご近所さんとは顔を合わせれ …

【まさか私が毒親?】モラ母が子供を不幸にする3つの特徴

女友達と一緒にランチをする時には、彼女の子供も一緒という機会が増えています。 自分の命よりも大切な大切な、我が子。 そんな思いで子供のために毎日頑張っている彼女たちのことを、私は尊敬しています。 一方 …

男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛で元気。 悪く言えば、落ち着きがない。 娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。 もしかしたら、男の子の子育ては …

ママ心配…女の子とばかり遊ぶ男の子が小学校に入るとこうなった。

家で育児をしていると気づかないですが、集団生活に入って「あれ?」と気づく事があります。今まで何とも思わなかったけど、「うちの子大丈夫かな?」と不安になる事は、誰もが経験する事だと思います。 数年前、私 …