子どもを「ダメな大人」にしない! やめさせるべき悪い習慣4つ

投稿日:

親が子にしてあげられることは…(photo by acworks/photoAC)

子どもの「悪い習慣」を放置していませんか?

『家政婦のミタ』の人気脚本家が手掛ける最新ドラマ『過保護のカホコ』が※放映中です。第一話の出だしから主人公・根本加穂子(カホコ)のお母さんの過保護ぶりが際立っていました。

たとえば

  • 毎日、娘のためにお弁当を手作り、ベッドまで起こしに行く
  • 毎朝、娘の洋服を決めてあげて、駅まで車で送る
  • 「カホコはお母さんの言うことを聞いていればいい」と言い切る など

カホコはこの状況に少しも疑問をもたず、お母さんの言うとおりにしていればいいのだと、就活がうまくいかなくても他人事の様子です。そんな2人の姿を見ながら、「ここまでではなくても、もしかして私も間違った子育てをしているかも」と不安を感じたお母さんも少なくないのではないでしょうか。

そんなお母さんたちに「子どもの将来は“毎日の習慣”で決まります!」と言うのが、自らも3人の子供を育て、教育問題・家庭問題の専門家として講演会等で活躍中の田嶋英子さん。田嶋さんの著書『今すぐやめさせたい 子どもを「ダメな大人」にする36の悪い習慣』から、やめさせるべき子どもの「悪い習慣」をみてみましょう。

授業中、お腹が痛くてもトイレに行くのをがまんする

授業中にお腹が痛くなってトイレに行きたくても、先生にそれを言いだせずがまんしてしまう子どもが多いようです。

「お腹が痛いならトイレに行くのは当たり前」、そう思う大人の人が多いでしょう。しかし自分の「当たり前」と、子どもの「当たり前」は違うものです。大人はそれを意識し、子どものことを気にしてあげる必要があります。

子どもにとって授業中に授業と関係のないことで先生の注意をひくことは、とても勇気のいることです。しかもお腹が痛くてトイレに行きたい……なんて、恥ずかしくて言いだしづらいですよね。

大人は、そんな子どもに、勇気を出して「体調が悪いです」と先生に伝える方法を教えてあげなくてはいけません。

子どもは大人には説明できなくても、いろいろなことをがまんしているものです。だからこそ「がまんしなくていい」と言うだけではなくて、どんなふうに表現したらいいかを伝えてあげるべきだと田嶋さんはアドバイスしています。

なぜなら、この「がまんして乗りきる」という習慣は、社会に出るとすぐに破綻してしまうからです。お腹が痛いときはトイレに行くしかないように、他の困った状況もがまんしているだけでは本当の解決にはなりません。

自分がしたいことや自分の状況を表現することができずに、人が聞いてくれるのを待っていたり、ただがまんしているだけの大人にならないよう、まずは先生に伝える練習をしてみてはどうでしょう。

相手よりも、小さい声で返事している

小さい声の返事は相手にとってストレスになります。声の大きさなんてちょっとしたことと思うかもしれません。しかし、聞こえにくい声で話されると、聞き取ろうとして耳を近づけなければならないし、スムーズな会話になりません。聴き手にとっては大きな負担です。

親は子どもに、挨拶や返事を返すことは礼儀の基本だと教えることでしょう。そこで忘れてはならないのが、相手の声の大きさに揃え、聞こえる声で返事をして初めて、「きちんとあなたに向き合っています」ということが、伝わるのだということ。相手にたいしてきちんとリアクションをとっても、声が小さいと「きちんと返事をしない子だな」「話を聞いているのかな」と相手に誤解されてしまう可能性があることを教えるべきなのです。

「話しかけられて返事をするときは、相手に聞こえる声で話す」。また、「相手を見て返事をする」ことも大切ですね。

この2つを、まずは親子の会話の中で取り入れてみてはどうでしょう。お母さんが子どもに話しかけるのなら、返事をするときにお母さんのほうを見るように教える。子どもの声が聞こえなければスルーしないで、「聞こえないよ」と言ってあげることで、聞こえる声で話す練習になります。

毎朝、親に起こされている

「お母さんが子どもを起こすのをやめたときに、起きられるようになりますよ」

「何歳くらいから、1人で起きられるようになりますか」「いつまで親が子どもを起こせばいいのでしょう」というお母さんからの相談に、こう田嶋さんは答えるそうです。なぜなら、子どもが自分で起きる前に親が起こしている間は、1人で起きられるようにならないから。

しかし、ただ単に放ったらかすだけでは学校に遅刻してしまいます。それならば子どもが1人で時間に間に合うように起きるためのサポートにまわりましょう。

たとえば「明日から1人で起きようね」と話をして、子どもに目覚ましをかける方法を教えます。最初の数日は部屋のカーテンを開けて朝日を入れたり、音楽をかけたりして、目覚めを促してもいい。「起こす」のではなく、「起きる」のをサポートするのです。

子どもの自立は、親の姿勢次第です。「1人で起きられないから、毎朝起こすしかない」という親の姿勢が、子どもの自立を妨げているのです。しっかりしたお母さんほど、「まだまだ」と子どもから手を離そうとしません。しかし親が手を離さないと、子どもは自信をもてません。「1人で起きられるかどうか」さえ自信がもてないようでは、社会に出ることはとても無理です。

子どもが自分から離れていってしまうのは心配だし、寂しいですが、「もうこの子はできる」と、手を離す時期を決める勇気をもちましょう。

持ち物を親と一緒に揃えている

小学校に入学し、授業が始まると時間割にあわせて持ち物を揃える必要があります。親が子どもと一緒に「明日は体育があるから、体操服がいるね」「国語の教科書は入れた?」そんな会話をしながら、持ち物の確認をするのは、最初の段階では「良い習慣」です。

一般的にはそこからだんだんと親の手を離れ、自分で確認し揃えられるになっていくプロセスをたどっていきますが、いつまでたっても忘れ物がないか確認せずにいられない親もいます。

そこには「だって、忘れたら困るじゃない」「親が確認してあげた方が安心」という親心があるのでしょう。しかし、今一度考えてみてください。今後中学、高校と進み、社会人になってまで同じことを続けるのは現実的に難しいのではないでしょうか?

田嶋さんによると、いざ親が手を離すときに、「もう○○歳だから(何年生だから)、今日から1人でやりなさい!」と言っていきなり放りだす親が多いそうです。しかし、子どもは、○○歳になったからといって急にできるようになるものではありません。

子どもにとって一番かわいそうなのは、できないまま放りだされることです。できない子だから確認してあげるのではなく、できるようになるサポートをしてあげることが大切です。持ち物の準備も、ただ忘れ物のないように確認するだけではなく、自分で持ち物を揃えながら、少し先の未来を想像し、計画的にものごとを進める力を育てるサポートへとつながるといいですね。

***

カホコは物話が進むなかで、成長の兆しがみえますが、まだまだお母さんとは離れられないようです……。

田嶋さんは同書のなかで、「自分の部屋に親が入って片づけても平気」「失敗して怒られないように努力している」「叱られたときに、何も言えない」など、親が気づくべき子どもの悪い習慣を教えてくれています。子どもとの毎日のなかで、「一人前の大人」になるために大切なことってなんだろうと疑問をもったお父さんお母さん、参考にしてみていかがでしょう。

書籍引用:子どもを「ダメな大人」にする36の悪い習慣 ¥1,485 田嶋 英子 (著)
記事提供:日本実業出版社
※こちらの記事は2017年8月に日本実業出版社に掲載された記事を転載しております。

-ライフスタイル
-, , , ,

関連記事

壁を乗り越える子どもに育てるには「ファンタジー」が大切

何かを始めてもすぐに泣いてしまったり、諦めてしまったりする子ども。 「うちの子は大きくなったら大丈夫かしら…?」 そんな風に親なら一度は思った事があると思います。でも大丈夫! 子どもはそう …

人の話が聞けない子どもの原因はテレビやyoutube!?

「なぜ人の話が聞けないの?」 「話を聞いているようで、全然聞いていない。」 自分の子どもに対して、こんな風に思ったことありませんか? もしかしたら子どもは話を「聞いていない」ではなく「聞けない」のかも …

遠藤さんファミワンサンゴスタイル

妊活応援隊!遠藤さん。 ―基礎体温について意外と知らないことー

みんな、こんにちは!えんどう豆の遠藤さんだよ! 遠藤さんは、みんなの妊活応援隊だよ。普段はTwitterで、妊活をがんばっているみんなの質問に答えたり、妊活の意外に知らないことをつぶやいたりしているよ …

「できる子」とは、親の思った通りに「できる子」ではない

子どもの可能性は無限大 できる子」というと、どういった子どもを思い浮かべますか? 勉強ができる子、きちんと行動できる子、スポーツができる子……。 あなたは、自分の子どもをどんな「できる子」に育てたいで …

骨盤ベルトと骨盤矯正、どっちが良いのか試してみた!

産後は骨盤の開きとゆがみが発生し、腰痛や尿漏れの原因になるという話を聞いた事ある方は多いと思います。 また、骨盤がゆるんでいると痩せづらいとか、いろんな噂がママたちの間で話題になっていますよね。 私も …