子どもの脳を活性化する「コーディネーショントレーニング」って?

投稿日:

photo by 野鳥撮り趣味の動画/photo AC

「運動神経がない」と決めつける前に

運動が苦手そうなわが子を見て、「うちの子は足も遅いし鉄棒もできない。運動神経がないんだな」と決めつけていませんか? 少し待ってください。その前に考えてみるべきことがあります。

それは、子どもの「運動経験が足りているかどうか」ということ。よくいわれることですが、いまの子どもたちの周りには屋外で自由に遊べる場所が少ないために、どうしても身体を動かす経験が不足します。

本来、「ゴールデンエイジ」と呼ばれる神経系が著しく発達する幼児(5歳)から小学生(12歳)の時期にいろいろな外遊びを経験すれば、基礎的な運動能力は自然に身につきます。しかし、いまの子どもたちはそれができる環境で生活していませんから、運動能力が低くても仕方がない面があるのです。

そうはいっても何とかしてあげたいのが親心。もし自分の子どもの日常生活を振り返って、「運動経験が足りてないな」と思ったら、親子で運動する時間をつくってみてはいかがでしょう。

脳を混乱させるトレーニング?

そんなときに効果的な方法として、「コーディネーショントレーニング」があります。

『運動神経のいい子に育つ親子トレーニング』の著者である三木利章さんは、ジュニアサッカークラブを中心に多くの子どもたちを指導しながら、ジュニア期の運動や遊び、コーディネーショントレーニングをテーマに講演なども行っています。

コーディネーショントレーニングとは、たとえば「じゃんけんをしながらサッカーボールをパスし合う」といったような、複数の動きを同時に行う運動で、脳の働きを活性化する効果があります。

コーディネーショントレーニングを行うとき、脳は複数の作業を行う命令を次々に出さなくてはならないため、混乱しながらもいそがしく働き続けます。この負荷のかかった状態が脳を活性化させ、運動のための神経系を刺激して頭と身体の連動性が高まり、運動能力のアップにつながるのです。

三木さんは同書で、「簡単かつ手軽にできる」コーディネーショントレーニングのメニューを数多く紹介しています。どのメニューも、せまいスペースでも親子や友だち同士で楽しくでき、しかも効果的なものばかりです。

その中から、ほんの少しですが紹介してみましょう!

足でパス&手で風船打ち

『運動神経のいい子に育つ親子トレーニング』(以下同書)60ページより

手をたたきながら頭上に投げたボールをキャッチする

1人でもできるトレーニングです。ボールを頭上に投げたら、空中にある間にすばやく手をたたいて、落ちてきたらキャッチします。1回たたけたら、5回を目標に手をたたく数を増やします(ボール投げを3回から10回を目安に繰り返します)。

同書96ページより

ワンバウンド&ノーバウンドキャッチ

親子でできるトレーニングです。まず子どもが頭上にボールを投げます。目の前の親は左右どちらかの手を上げます。子どもは、親の左手が上がったのを確認したらボールをワンバウンドさせてからキャッチします。

同書76ページより


反対に、親が右手を上げたらノーバウンドでキャッチします。右か左を見極めて認識し、どのような動作をするのかを瞬時に判断するトレーニングです。慣れてきたら、キャッチする前に手をたたくなど、難易度を上げるのもいいでしょう(3回から10回を目安に繰り返します)。

同書77ページより

トップアスリートも取り入れている!

運動神経のいい子に育つ親子トレーニング』には、以上のようなメニューがたくさん紹介されています。一つひとつの所要時間は短いので、多種多様なトレーニングを行うことがおすすめです。繰り返しになりますが、コーディネーショントレーニングは脳を活性化させるのが目的。「できる、できない」は問題ではありません。できなくても繰り返し行なうことが効果を生むのです。

コーディネーショントレーニングは、頭と身体の連動性や集中力の向上、ウォーミングアップなどを目的に、トップアスリートたちにも取り入れられています。神経系が発達する「ゴールデンエイジ」の子どもたちにとっては、さらにおすすめのトレーニングです。親子で楽しく、運動しましょう!

書籍引用:運動神経のいい子に育つ親子トレーニング 著者:三木利章 価格:¥1,540(税込)
記事提供:日本実業出版社

-ライフスタイル
-,

関連記事

2019年凶方位南西北東東南

運を引き寄せるルーティンで「最高の結果」を出す

できずに落ち込む験担ぎはしない Akiko Yazawa ,Professional Backgammon Player . Satoko Kawasaki . テレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」 …

風水開運悪い気を吹き飛ばして五月病を乗り切る方法エネルギーチャージ

「好かれる人」はここが違った。人間関係がスムーズになるコツ

会社の上司や先輩から「礼儀がなっていない」と怒られた経験がある人は少なくないでしょう。 たしかに「礼儀正しく」はビジネスパーソンにとって基本中の基本です。 しかし「社会に出てからの礼儀」は、学校で教え …

「自分のもの・他人のもの」が理解できるようになる手遊び歌はコレ!

「A君が遊んでる車で僕も遊びたいな」 そう思ったB君。 A君から車のおもちゃを取ってしまう。 もちろん、A君は大泣き。 B君は返さない。 これは子どもが友達と遊んでいる時の「あるある話」。 誰もが経験 …

熟年離婚回避夫に長く愛される妻になる方法会話

【第6回】夫婦円満の秘訣!ありがとうを口に出すことの大事さ

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 戸村真琴さんの過去の記事はこちら コロナ禍でも毎日バタバタと忙しい主婦。報われないなぁ…と思っていたら。 フルタイムで仕事 …

月満ち欠けアロマ

月の満ち欠けリズムに合わせたメンタルケアとアロマの選び方

毎晩見ている月は、太陽との位置関係によって姿を変え、約1ヶ月の周期で満ち欠けを行います。月の形にはそれぞれ呼び名がついていますが、その中でも満月→下弦の月→新月の3つのサイクルを活用して心身のバランス …