毎日をポジティブにする、シンプルでパワフルな10のルール

投稿日:


最高の毎日を手に入れる人生の10か条』(ジョン・ゴードン著/久保陽子訳)は、アメリカで刊行後10年に渡って読み継がれ、多くの人々にポジティブなエネルギーを届けた名著の邦訳です。出版にあたり、「物語に引き込まれ、登場人物に共感しながら一気に読み終えた」という訳者の久保陽子さんに、この本の魅力や読みどころについて寄稿していただきました。

他人事じゃない「ネガティブ思考」

アメリカで刊行から10年経った今でも売れ続け、100万部突破しているベストセラー“The Energy Bus”。私が出版社の方から原書を受け取ったのは、昨年のことでした。

物語はある朝、車で出勤しようとした主人公ジョージがタイヤのパンクに気づくところから始まります。ジョージは、会社でマーケティングチームを率いるリーダー。二週間後に新商品発売に向けた重要なプレゼンを控えていますが、チームの足並みは乱れています。

長い年月、他人の顔色ばかりうかがい、指示に従う歯車として生きてきたジョージは、ネガティブ思考がしみつき、不満ばかりかかえて生きています。そんなジョージに上司も部下も、妻も愛想を尽かし、解雇と離婚、両方の危機に直面しています。

「ここ数年、ツイていないことばかりだ」

そう考えるジョージは、タイヤのパンクにため息をつきながら、仕方なくバスで会社に向かいます。そこで出会ったのが、一人の女性運転手、ジョイでした。ジョイは満面の笑みを浮かべ、初対面のジョージに積極的に話しかけてきます。そしてジョージの後ろ向きな姿勢をすぐに見抜き、ポジティブな人間に生まれ変わってもらおうと、「旅する人生のルール10か条」を教えていきます。

ジョージの独白は、ネガティブな言葉であふれています。

「まるで世界中が自分の足を引っ張っているような気分になる」

「最後に『楽しい』と感じた日がいつだったのか、もう思い出すこともできない」

読んでいて思わず苦笑してしまうほどネガティブなジョージと、それをズケズケと指摘し、圧倒的なポジティブエネルギーを放つジョイ。この対照的な二人のやりとりは、どこかコミカルで、私は一気に読み進めていきました。

そして次第に、「ジョージのネガティブな姿勢は他人事じゃないぞ」と思うようになりました。スーパーでレジに並んでいるとき、自分の並んだ列だけ進みが遅い気がするジョージ。よい知らせと悪い知らせを聞いたとき、悪い知らせのほうしか頭に残らないジョージ。

そのネガティブ思考は、自分も身に覚えがあるな、と思ったのです。そしていつの間にかジョージに自分を重ね合わせ、ともにバスの旅をしている気分になっていきました。

運転手とともに学ぶ、「旅する人生のルール」

ジョイは1つめのルール「バスは自分で運転する」を示し、こう言います。

「あなたのバスの運転手は、あなた自身。それを忘れないで」

「自分の人生に責任を持ってハンドルを握らないと、本当にたどり着きたい場所に向かうことはできないわ」

人生は、自分で目的地を定め、ハンドルを握るバスの旅のようなもの。最高の旅にするために、どうやって目的地を決め、乗客を招き入れ、燃料を補充していくのか――。

運転手ジョイは、最高のバスの旅、つまり最高の毎日を送るためのルールを、ひとつひとつ、ジョージに伝えていきます。ジョージがバスに乗るのは、勝負のプレゼンまでの2週間。しかしそのわずかな時間で、ジョージは多くのことを学び、生まれ変わっていきます。

文中には多くの教訓が散りばめられていますが、そのほとんどが、すぐに実践できるシンプルなもの。この本を読んで以来、私も日常のふとした瞬間、ついネガティブな思考に陥りそうな瞬間に、物語に出てくるアドバイスを思い出すようになりました。

それまでならネガティブに受け止めていた出来事も、自然とポジティブに受け止められるようになっている――そんな変化を多くの読者が感じたことが、ベストセラーとなった理由かもしれません。

Photo by Phimchanok/ Fotolia

一筋縄ではいかない、個性豊かな登場人物

物語にはほかにも、多くの人物が登場します。中盤では、何年もネガティブなジョージに付き従ってきた部下たちが、反旗を翻し、鋭いセリフで刃を向けてきます。もともとあからさまに反抗的な態度をとっていた者もいれば、従順だと思っていたのに心の中ではジョージを否定していたことが明らかになる者もいます。

バスの乗客も個性豊かです。運転手のジョイのほか、更生施設に入っていた男性、仕事がうまくいかず一度は自殺を考えたという紳士、10か条のルールを世界中に広めようとパワフルに活躍する女性――。

そうした登場人物のイメージが伝わるよう、ひとりひとりの役になりきってセリフを翻訳していきました。

マイナスのオーラに包まれていたジョージは、最後には見違えるほどポジティブに生まれ変わります。ときに出口のないトンネルに迷い込み、後戻りしそうになりながらも、ジョイの導きのもと上り坂を駆けあがっていくジョージのエネルギーの変化が、訳文から自然と感じられるよう、翻訳者としてもエネルギーを注ぎました。

翻訳しながら、とくに面白いと思ったシーンは、先ほども触れた、部下に刃を向けられるシーンです。部下達たちを自分の運転するバスに誘い、チームで一丸となって目標に向かおうとするジョージ。しかし三人の部下が、乗車を拒否します。

ポジティブに生まれ変わろうとするジョージの前に、ネガティブで非協力的な態度で立ちはだかる三人。互いを敵視するジョージと部下のやりとりには、ネガティブなエネルギーが充満しています。ジョージに自分を重ね合わせる読者としては、四面楚歌の状況にいたたまれなくなります。

しかしそのシーンこそが、ジョージに真のリーダーへと生まれ変わるきっかけを与えてくれます。自分でバスを運転しようと前向きになり始めたジョージに、その動機は利己的だと核心を突く部下。自分ひとりの未来を考えて前に進もうとするのではなく、周囲の人にも心から愛情を持ち、真剣に相手の幸せを考えて行動することが大切だとジョージは気づきます。読者はここでも、ジョージに自分を重ね、日常を顧みるきっかけになるのではないでしょうか。

著者はアメリカNo.1のカリスマトレーナー

著者のジョン・ゴードンは、アメリカNo.1のカリスマトレーナーとして、テレビや新聞、雑誌など数々の媒体に登場しています。学校や企業、スポーツチームなどで講演会も開催し、学生からビジネスマン、プロのスポーツ選手にいたるまで、多くの人たちにエネルギッシュな生き方と働き方を指導し続けてきました。その経験が、文中に盛り込まれたアドバイスの裏付けとなっています。

主人公ジョージはビジネスマンですが、文章はとてもライトで物語の展開もテンポよく、主婦や子どもでも手に取りやすい作品だと思います。ビジネスの場だけでなく、家庭や学校、サークルなど、様々なシーンに応用できるアドバイスが散りばめられています。

巻末には、ルールを実践するための具体的なアクションプランも掲載されています。自分や所属するチームの現状に照らし合わせ、これから進んでいくステップを整理するのに便利です。

会社で部署やチームのトップに立つリーダー、部活動で後輩を率いる学生、地域のコミュニティで長を務める方、思春期のお子さんをどう導いていけばいいか悩む親御さんなど、様々な方におすすめしたい本です。 

ネガティブ思考を克服し、真のリーダーシップを学ぶことができる『最高の毎日を手に入れる人生の10か条』。読み終えたとき、これまでとは違った景色が見えてくるのではないでしょうか。


訳者プロフィール
久保陽子(くぼ ようこ)
1980年生まれ。東京大学文学部英文科卒。出版社で児童書編集者として勤務ののち、独立し翻訳者になる。訳書に『カーネーション・デイ』(ほるぷ出版)がある。鹿児島県出身。

書籍引用:最高の毎日を手に入れる人生の10か条 ジョン・ゴードン (著), 久保 陽子 (翻訳) 1,595(税込)
記事提供:日本実業社出版

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

遠藤さんファミワンサンゴスタイル

妊活応援隊!遠藤さん。 ―夏こそ温活ー

こんにちは!妊活応援隊遠藤さんです。 あったかくなってきたね! そうなってくると気になるのはエアコンの冷えだよね。 遠藤さんとっても冷え性なんだ。職場も電車も冷えてるよねぇ。 でも同じ部屋で男性が汗か …

流産死産体験談

つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。 日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりま …

調理以外でも大活躍!驚きの「電子レンジ」活用術3つ

多くの家庭にある家電の一つ… それは「電子レンジ」! 食品をあたためるのはもちろん、蒸し・ゆで料理なども簡単に作れるので調理の際は重宝しますよね! そんな便利家電「電子レンジ」は調理以外にも使える裏技 …

産後お悩み解決会話

【実態調査】子どもの発育や発達で気になることはありますか?

最近TVやネットでも取り上げられることが多くなった「発達障害」について。 日本の行政上では、発達障害者支援法が定める 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(A …

「やらないこと」から決める! 頑張りすぎない家事のススメ

(photo by acworks/photoAC) 「できれば家事なんてやりたくない!」 「誰か代わりにやってくれないかな」 心の中ではこのように思いつつも「自分がやるしかない」とイライラしながら家 …