他人事じゃない、突然やってくる「親の介護」。その時どうするべきか

投稿日:

(photo by photoB/photoAC)


ムリなくできる親の介護』は、父、祖母、母と連続で介護を経験した著者の工藤広伸さんが、ムリせず、頑張り過ぎない、親も子も幸せになる介護について教えてくれる1冊。

親の介護に直面する前に「これだけはやっておいたほうがいいこと」や、著書に込めたメッセージについて、工藤さんにお話をうかがいました。

介護は1本の電話から、突然スタートした

――工藤さんの「介護」の始まりは、突然だったそうですね。その時の状況を教えてください。

今、私は46歳ですが、すでに3回の介護を経験しています。1回目が34歳のときで、私は東京で働いていました。岩手に住む当時65歳の父が、脳梗塞で倒れたという連絡が妹から入ったんです。事情があって家を飛び出して以降、ずっと一人暮らしをしていた父の面倒を見ることができるのは私しかおらず、介護離職をせざるを得ませんでした。

仕事を失ったことで、収入はもちろんのこと、将来のキャリアプランや自分の老後の貯金などを、同時に失うことになりました。

ただ、体調の異変を感じた父が自力ですぐに病院に行ったこともあり、1年もかからず状態が回復したため、もう1度東京に戻り再就職できました。しかし、そのわずか5年後に、今度は岩手にいる認知症の祖母が子宮頸がんで余命半年と宣告され、同時に母が認知症を発症し、40歳のときに再び介護離職をすることになりました。

1回目の介護スタートから、こんなに立て続けに続くとは思いませんでしたね……。祖母と父を看取ったあと、現在はフリーランスとして講演会や執筆活動を行ないながら、東京と岩手を年間約20往復しながら引き続き母を遠距離介護中です。

――大変でしたね……。突然の介護から、気づいたことはありますか?

突然の介護生活スタートと介護離職のなかで感じたのが、備えの大切さです。とくに「複業(仕事を複数持つ)」と「貯金」が必要だと気づきました。「会社員としての道しかない働き方の不安定さ」や「お金がどんどんなくなっていう恐怖」は、とても強烈でしたね。

そのため、父の容体が回復して会社員に戻った後、何か他の道はないだろうかと考えた末に、副業としてブログをはじめました。といっても、雑貨や投資、競馬など、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるとばかりに興味のないジャンルのブログを20個ほど立ち上げた結果、全部失敗してしまいました。方針もなにもなかったので当たり前ですよね(苦笑)。

ただし、その経験が2回目の介護離職の際に、現在の活動の柱となる「介護ブログ」を立ち上げる元となっているんです。その介護ブログを中心に、講演会に呼んでいただいたり、本を出版させていただくなど、フリーランスとして活動する現在につながっています。

工藤広伸さん。自身の体験をもとにした介護に関する書籍を多数執筆


――介護中の、職場の反応はいかがでしたか?

1回目のときはすぐに会社を辞めてしまったのでよくわからないのですが、2回目の介護の際は、職場の方々に理解していただき、かなり融通をきかせてもらいました。介護がスタートしたときはまだ転職して9か月ほどで、部下も7人いたのですが、社歴が10年あり私の補佐をしてくれていた女性に「介護があるから申し訳ないけど」と、僕の仕事をほぼお願いして仕事を回してもらっていました。

そうした職場の理解もあり、3か月だけ介護と仕事の両立を試みてみましたが、東京で働き、週末は岩手で介護という生活は、やはり限界がありましたね。夜行バスで朝の6時に東京に帰ってきて、シャワーだけ浴びて仕事に行くという生活で、単純に体力的にきつかったです。

介護はそんなに大変じゃない?

――今、お聞きしているだけでも、介護って大変そうだなと思うのですが、工藤さんはどう思われますか? 世の中でも「介護は大変」というイメージが強いですよね。
「大変じゃない」とは言いません。ただみなさんがイメージされているより大変ではないと思います。テレビをつければ「認知症の人が行方不明、暴力をふるって」といったニュースがあふれていますよね。イメージが先行しているというか……、大変なところばかりが世の中に宣伝されているような気がします。

でも、実際はそんなことばかりではないんです。親のできることとできないことを理解して、目の前の介護をこなしている方、使える制度は使ったり、専門家に頼ることで、無理なく介護を行なっている方もたくさんいらっしゃいます。だから「全部が全部、大変じゃないですよ」というのは声を大にして言いたいです。

また、大変だから必ず施設に入れなきゃということもなくて、実は介護を行なっている正社員の8割ぐらいの人が介護保険サービスを使って、仕事と介護を両立させています。その介護の中身を見てみると、見守りや家事の手伝いといった生活のサポートが一番多く、私たちがイメージする「24時間つきっきり」ということはほとんどないんです。

私自身は、介護を体験することで介護保険サービスの使い方を知ることができましたし、なにより今という時間がとても貴重なものだと気づくことができました。以前は46歳なんておじさんだなと思っていたんですが、介護に関わるなかで60代70代の人と交流する機会が増え、まだまだ自分は若くて色々なことに挑戦できるんだなと、考え方が変わりましたね。

親の介護を通じて、介護を自分ごととして考える機会を持つことで、今という時間の無駄遣いをしなくなったんです。

――お話をうかがって、私がもっている介護のイメージが変わりました。そもそも、なぜ介護に関する「負」のイメージが強いのでしょう。

まず第一に、さきほどふれたようにメディアがそういった情報ばかりをとりあげるからです。とにかく壮絶、悲惨といった形容詞をつけたがる。私自身がメディア取材を受け始めた当初も、一言も言っていないのに「介護で大変苦労している工藤さん」というように編集されましたね。

自らの体験をもとに講演会に出させていただき、介護も楽しみながら行なっていますと話していたのに、「収入もなく苦労している」というテロップになっていて、びっくりしました(苦笑)。そういう負のイメージを作られてしまうんです。

そんな状況が嫌になって、ブログの問い合わせフォームに「『壮絶な介護』を記事にされたい場合は、取材目的と合致しない可能性があります」と書くようにしたんです。そうすると、とたんに依頼が少なくなりました。メディアはそういう人を探しているんですよね。しかも男で介護離職しているから、ホームレスにでもなっているんじゃないかみたいな。

そうした不幸話はPVや部数が伸びますからね。その気持ちもわかるのですが、そんな所ばかり取り上げられるのは、介護している人にとっても情報を得る人にとってもよくないなと思います。

もちろんその一方で、介護が大変で追い詰められている人がいるのも本当です。私の講演会に来て、「親が認知症で……」と泣き出す方もいらっしゃいます。

一人で抱え込むことが、一番危険

――そういう方は、何に追い詰められているのでしょうか?
「どう対応したらいいかわからない」というのが一番大きいと思います。認知症の場合、親が同じことを何度も言って、それにカッとなって正論で対応して後悔。そうしたループから抜け出したくて、でもどうすればいいかわからない、という話をよく聞きます。

このような場合、たとえばホワイトボードに親がよく口にする疑問や不安への答えを書いておき、いつでも見える場所に置いておくという方法があります。そうした、「知っていれば役に立つ」知識が、情報としてなかなか入ってこないことも、介護をつらくしてしまう原因です。

知識があるのとないのとでは、心の余裕がまったく違ってきます。著書の中では、NPOや自治体などが運営している「介護カフェ」を活用し、介護仲間や相談相手をつくってくださいと書きました。介護カフェは、介護している人が悩みを相談しに行く場所で、息抜きの場になります。

書籍などで、介護について1人で勉強を始めようと思っても、なかなか難しいです。文字だけ追っても、自分ごとになれないんですよね。

でも、人を通してだと、広い視野でさまざまな情報を交換できますし、自分の中にたまっていた不安などを吐き出すことができます。何かあったときに、「あの人に聞いてみよう」と思い浮かぶ人が1人いるだけで心の余裕が全然違うんですよ。

――なるほど。現役世代のビジネスパーソンの場合、とくに「介護」と「仕事」の両立が難しく、一人で抱え込んでしまいがちですよね。どうすることが正解だと思われますか?

最初はやはり会社に相談して、介護休業制度を活用してほしいですね。

介護離職する人の2人に1人は、誰にも相談せずに辞めちゃうんですよ。そこには、介護を始めると言った瞬間に昇進がなくなってしまうとか、同僚が迷惑そうな顔をするなど、色々な理由があるのですが……。上司や友人に相談することで、孤独な介護への道を回避できる可能性が高くなります。

介護休業を利用して、自治体の介護保険サービスへの申し込みやヘルパーさんの手配など、仕事に戻るための介護体制を整えることが、両立のキモになります。

また、介護休業法では「取得できる93日間の休暇は3分割できる」となっているので、最初の1か月を準備にあてて、状態が変わればまた1か月というように取得してもいいと思います。施設に入れるといってもお金の面や、職員さんとの相性があるので、その期間中に色々と情報を収集することが大切です。

本来なら、そうした「介護が必要になったらどうする?」という話を、親御さんに前もって聞いておくのが一番いいのですが、ほとんどの人が準備のないまま介護生活に突入してしまいますね……。たとえば、エンディングノートを使って、いざというときの意思統一をしておくことも、介護と仕事の両立に欠かせないものです。

――――なんとなく「介護」に対して不安を感じている、そのために何をすればいいのか迷っている読者に向けてメッセージをお願いいたします。

「介護は突然やってくる!」と怖がらせるつもりはないのですが、近い未来と考えておいたほうがいいです。

その「もしも」のために、今日から「介護アンテナ」を立てることを意識してみてください。介護に対してちょっとだけアンテナ(=興味)をもつだけで、入ってくる情報量が変わるはずです。電車に乗っていたら、介護に関する広告が目に入ってきたり、なにげなく見ていたテレビの特集に気づいたり、その情報の積み重ねが、いずれ来る本番のための武器になります。

年末年始に実家の親御さんと久しぶりに会うと、「あれ? こんなに年をとっていたかな」と感じることがあるはずです。その気づきを放置せず、ぜひお互いに色々なことを話して準備してください。

ムリなくできる親の介護』には、介護をする子どもさんはもちろん、介護される本人も知っているといいことを、4コママンガを交えつつ紹介していますので、親子で読んでいただるとお役に立てるかと思います。

『ムリなくできる親の介護』好評発売中です。


著者プロフィール

工藤 広伸(くどう ひろのぶ)

介護作家・ブロガー。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護からスタート。祖母の死後、悪性リンパ腫の父(76歳・要介護5)を在宅介護で看取る。2度の介護離職を経験、成年後見人経験者、認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。現在も東京と岩手を年間約20往復しながら、しれっと遠距離介護中。

ブログ「40歳からの遠距離介護」運営、Webサイト「介護ポストセブン」(小学館)に連載中。著書に『医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得』『医者は知らない!認知症介護で倒れないための55の心得(いずれも廣済堂出版)、『がんばりすぎずにしれっと認知症介護』(新日本出版社)がある。 

記事提供:日本実業出版社

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

片づけてマイナス20kg!整理整頓とダイエットの関係とは

「部屋は心の状態を映す鏡」とはよく言ったものだなと思います。 確かに部屋が散らかっているときは、集中力も散漫気味で落ち着かず、やる気も出てこなかったりしますよね。 では、「部屋は体の状態を映す鏡」とい …

私が二人目の育児で「失敗した」と思うこと

息子が2歳4か月の時に娘が生まれました。 夢にまで見た2人目! 今日からは家族4人の生活が始まる。 大変なことも多いだろうが、楽しいことはきっと何倍もあるはず! そう思った2人目誕生でした。 が、私に …

子供の「まだ帰りたくない!」には携帯アラームを有効活用!

子供と公園に行き「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」ってなりませんか? で、「じゃ、あと少しねー(●●分ねー)」と言って時間が来て「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」と …

子どものやりきる力を育てる3つの環境づくり

子どもには色々な可能性があります。 ちょっとした言動で「もしかしたら、この子は天才なんじゃないか」と思わせてくれます。 いわば、「親バカにさせる天才」が子どもなのかもしれません。 今回の「やりきる力」 …

2021年withコロナおうち養生

2021年もwithコロナ?ストレスをため込まない『おうち養生』のススメ

「梅雨に入って湿度が高くなれば……」「夏になって日差しが強くなれば……」などと、メディアに出演している有識者から、新型コロナウイルスの終息の目安が何度となくいわれてきたものの、実際には感染拡大が続いて …