体のラインがすぐに変わる! 話題の「からだ美調律メソッド」って?

投稿日:2021-01-21 更新日:

(photo by acworks/photoAC)

とてもカンタンなのに確実に効果が出るとテレビ番組でも話題になった「1回30秒」で理想の体型が手に入るダイエット法、「からだ美調律メソッド」をご存知ですか?

これは、「骨盤・股関節」といった体の中心部分を正しく「ゆるめ、整える」ことで、体本来の機能と美しさを取り戻すメソッドです。

考案者であるHakoさんの運営するレッスンスタジオにはその効果を聞きつけて、10代から70代まで、南は九州、北はドイツ(!)から、たくさんの生徒が集まっています。

その内容をまとめた『1回30秒 理想の体型が手に入るからだ美調律メソッド』が刊行。新刊に込めた思いや、その中で語られたエピソードの裏側について、Hakoさんに話を伺いました。(文責:日本実業出版社)

「がんばらない」ことで、女性はもっとキレイになれる。

こんにちは。美調律メソッドを指導しているHakoです。

全国的に桜が見ごろになり、春の気配が日増しに強まっています。あたたかくなってきて、散歩やハイキングも楽しい季節ですね。だんだんと薄着になる季節でもあり、「冬の間に溜め込んだ脂肪を一掃して、すっきりボディにならなくちゃ!」とダイエットを決意する方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください!
がんばったらキレイになるなんて、信じないでください!

やせたいから、お菓子を食べるのをやめてランニングする。
食べるのは好きで減らせないから、せめて朝晩ストレッチをする。
30代になって体がたるんできたから、ヨガでひきしめる。
40代、2児の母、以前に比べてファッションに気を配ることも減ってきたけど、おばさん一直線は避けたい。

……女性はいろんな理由で、いつも「もうすこしキレイになりたい」生き物。でも、だからといって何かをがんばってキレイになろうとするのは間違い。

では、どうすればいいかというと、それはカンタン。がんばらないで「整える」だけで体は勝手にキレイになっていくんです!

整えるのは気? オーラ? いいえ……

「整える」って、何を整えるの? と思われますよね。整えるのは、「股関節」です。正確にいうと「股関節」とそれに連なる「骨盤」をゆるめて整えることで、私たちの体は勝手にどんどん美しく、健康に整っていくのです。

方法はとってもカンタン。座っておしりをゆらす。ただこれだけです。

これを私は「おしり歩き」と呼んでいます。というと、「ああ、知ってる。腰を回すやつでしょ」とか、「座っておしりで前進するやつでしょ」と言われる方も多いのですが、違います。

だってそれ、がんばっていますよね?

1日に何十回も腰を回したり、朝晩と一生懸命おしりで前進したり後退したり……意外と手間や労力がかかりませんか?

私のおすすめしている「おしり歩き」はそのようにがんばる必要がありません。

まず、基本のおしりあるきの姿勢である「あぐら」になります。その後は、

おしりで歩く(右のおしりを浮かせ左に体重をかけ、逆も同様にして、いったりきたりする。左右10秒ずつくらい)
骨盤を前後に倒す(ゆっくり10秒くらい)
この2ステップだけ、たったの30秒でおしまいです!

日本実業社出版

本書74ページより


たったのこれだけで、あなたの体は変わり始めます。どんなふうに変わるかというと、長年生きているうちにゆがんでしまった股関節と骨盤がゆるみ、正しい位置に戻り、連動して背骨や肩、大腿骨なども整っていきます。

ですから、ゆがんだ骨格を守るように体を覆っていた筋肉やぜい肉がとれていき、正しいバランスに戻っていきます。その結果、腰痛や肩こりなどの不調が改善したり、すらりとしなやかなスタイルに変わっていったりするのです。

「がんばる」ことでは何も変わらない

「そんなカンタンな運動で変われるわけない」と、思いますか? 私のところへお越しになる生徒さんも、最初はみなさんそうおっしゃいます。実は、私も長年そう思っていました。

というのも、私はもともとバレエをしていました。7歳の頃からバレエのレッスンを始めて、一時はプロを目指してがんばっていたのです。けれど厳しい稽古を積めば積むほど、私の中である疑問が育っていきました。それは「どうして私は、西洋人のバレリーナのようにまっすぐな脚じゃないんだろう」ということ。

当時、バレエ教室には外国のバレエ学校の日常がスナップされたカレンダーが飾ってありました。そこに登場するバレリーナはみんな折れそうに細くて、まっすぐで長い脚と小さなおしりを持っていました。

私はといえば、決して太っているわけではないのですが、ふくらはぎは筋肉質で、おしりも横に広がっていて、脚もまっすぐとはいえません。

西洋のバレリーナと、どうしてこんなに違うんだろう。7歳の頃抱いたそぼくな疑問。これはその後、「からだ美調律」を考案するまで、ずっと私の中でくすぶり続けていました。

西洋人のようにまっすぐな脚でかろやかにバレエを踊りたい。そう思った私は、ハードなレッスンにも果敢に向き合いましたし、エクササイズなどもいろいろ試しました。「首は長く、胸は開いて、背中をピンと伸ばす。おなかは凹ませて重心は上に引き上げる」などの、「バレエの基本姿勢」を保つように心がけました。

でも、どうしても、西洋人のバレリーナとは違う。トレーニングやバレエのお稽古をすればするほどふくらはぎは筋肉質になって、太ももは太くなる。まっすぐな脚に憧れ続けた私は、ある日、無理な練習がたたって膝を痛めてしまいます。

病院で言われたのは「あなたはひざ下がねじれている」「バレエを本気でやるならアメリカで手術するか、趣味でいいなら無理な動きはしないこと」というものでした。

ショックでした。あんなに練習した結果が「プロのバレリーナ」になれなくなるケガを招くなんて。けれどこの怪我が転機になりました。トレーナーについてリハビリをし、また結婚や出産を経たことで、私の興味はだんだんと解剖学的なことへ移っていったのです。

どうして西洋人のようになれないのか。
それは、骨格が違うから。

どうしてハードにがんばっても、望む効果が得られないのか。
それは、ゆがんだ骨格の上に、筋肉をつけてしまっているから。

さまざまな専門家に教えを乞う中、このことに気づいたのは30歳を過ぎてからのことでした。

ムダなヨロイを脱ぎ捨てたら、あなたはどんどん美しくなる

私たちは毎日歩くだけでも、美しくなるためにエクササイズやトレーニングをがんばればなおさら、自然と体をゆがめてしまっています。そのゆがんだ体を守るために、ついてほしくない部分に筋肉やぜい肉がついてしまいます。

年をとるにつれて肩やおなかに肉がついた
加齢とともにおしりが角ばってきた
運動しているのに脚がししゃものよう
むくみやたるみが年々ひどくなってきた
腰痛や肩こりに慢性的に悩まされる
これらはすべて、体がゆがんでいるから。ついてほしくないぜい肉や筋肉は、ゆがんだ体を守ろうとする、いわば「ヨロイ」のようなものなのです。

だからこそ、私たちがまずするべきはエクササイズやトレーニングで体を鍛えることではなく、ヨロイを脱ぐこと。つまり、ゆがんでいる体を「ゆるめて整える」ことなのです。

そのために必要なのはがんばることではなくて、ただゆるめること。ゆるめるためには、努力なんていりません。

今回紹介した、おしり歩き以外の肩やお尻をゆるめる動きも、短いもので15秒、長いものでも数十秒ほど。

揺れたり、回したり、伸ばしたり。とってもカンタンで、気持ちがいいから自然と毎日続けられる「からだ美調律」の動きで、あなたの理想の体型が手に入ります。まずは一番カンタンなおしり歩きから始めて、夏に向かっていまよりもっと美しいあなたへ変身してください!

書籍引用:1回30秒 理想の体型が手に入るからだ美調律メソッド 溝口 葉子 (著) ¥1,430



Hako(溝口 葉子)(みぞぐち ようこ)

ライズライフスタジオ代表。7歳のときにバレエをはじめて以来「西洋人のバレリーナのような美しくしなやかな体」に憧れて、独学で体の研究を開始。ひざの怪我がきっかけで「体の機能・解剖」にも興味を持つようになる。ヨガ・ピラティス・バレエを掛け合わせたオリジナルレッスンを教えていくなかで、「美しくて機能的な体」になるカギは「骨盤・股関節」だと確信。「感じる」に重きを置いた「AWARENESS ANATOMYⓇ」を提唱するスタジオピボットに師事し、幼少期から30年にわたる自身の体の研究と経験をもとに「体をゆるめて整える」メソッド、「体美調律®︎」を考案。レッスンスタジオやオンラインサロン運営の傍ら、テレビ・雑誌などメディア出演も多数。

記事提供:日本実業出版社

-ビューティー
-,

関連記事

30分がんばったら効果抜群!全身の引き締めトレーニング【BodyAcademy×35Style】

エステ×トレーニングのサロンBodyAcademy監修!効果が高いエクササイズをご紹介していきます。 第8回目は「全身の引き締め」です。 30分頑張って全身痩せやすいカラダを手に入れましょう Leso …

週末だけ頑張ればOK?ローフードダイエットとは?

週末だけ頑張ればOK?ローフードダイエットとは?

頑張るのは嫌い!短期で簡単で健康的にスリムになりたい! できれば、運動なしで食事制限で減量したい! この二つを叶えてくれるダイエットが、あるんです! その名も「ローフードダイエット」です。 ローフード …

トマトダイエット効果効能

夏バテ、肌荒れ対策、健康維持にも♪今が旬!トマトを使ったダイエットとは?

サラダなどで食べる機会が多いトマト。 ジュース、トマト缶などいろいろな保存法があるので、手に入りやすいですよね。 ダイエットで取り入れている人も多いのではないでしょうか。 今回はトマトの効能、トマトを …

夫に「早く帰って来て」と思う妻はまさかの4割!?

近年、日本では長時間労働が問題になっています。 残業や徹夜は当たり前、長時間労働という感覚すら麻痺し、いつの間にか体調不良になっている…そんなこともありますよね。 働くママが増えたことで、 …

ダイエットに取り入れたい!オススメ野菜5選

ダイエットに取り入れたい!オススメ痩せる野菜7選

世の中にはたくさんのダイエット方法がありますよね。 その中でも野菜を使ったダイエット方法について今回はまとめてみました! 毎日運動するよりは日々の食事を調整する方がいいという方にオススメの野菜を使った …