“5歳まで”が鍵! 英語が得意な脳の育て方とは?

投稿日:2021-01-18 更新日:


(photo by myumyu/photoAC)

「英語教育はできるだけ早いうちから始めたほうがいいってホント?」「早すぎる英語の勉強はよくないって聞いたけど……」

子どもの英語教育に対して、お父さんお母さんから疑問の声が多くあります。

そのような疑問に対して、脳科学者の茂木健一郎さんは、近著『英語が得意な脳の育て方』の中で「英語教育はできるだけ幼いうちからはじめたほうがいい!」と断言しています。脳科学の発展により言語を認識する脳の構造がだんだんとわかってきており、その見地からも、英語をはじめるのはできるだけ早いほうがいいそうです。

「英語で聴ける・話せる脳」の育て方についてフォーカスした第2章から、その理由をいくつか紹介します。

なぜ、5歳までに英語を学ぶのか

近年の脳科学の研究で、脳の80%は0歳から3歳、遅くとも5歳ごろまでには基礎が完成するといわれています。したがって脳が育つゴールデンエイジであるこの時期にどのような経験をするかが「英語ができる子」になるか、「英語ができない子」になるかの分岐点といえます。

この分岐点において、お父さんお母さんに心がけてもらいたいのが「子どもの脳にドーパミン・サイクルを育てる」ことだと茂木さんはいいます。ドーパミンとはうれしいことや楽しいことがあると分泌される脳内の神経伝達物質で、「脳内報酬」とも呼ばれています。

このドーパミンが分泌されると人間は気持ちが盛り上がり、快感を覚えます。その体験を何度か重ねるうちに脳は快感を再び覚えたくなり、「あの楽しいことをもう一度やろう」という指示を出します。この指示によって人は夢中になれることを見つけだし、それを成功させるために熱中し、やり遂げる力が育っていきます。

つまり「刺激を受ける→ドーパミンが出る→楽しい→またやりたくなる……」。この「ドーパミン・サイクル」が完成されると、まるで遊んでいるような感覚で、何事にも集中して取り組む子どもになれるのです。

5歳までの英語の土台づくりには、英語に対してドーパミン・サイクルをつくることができるかどうかが重要なポイントになっていきます。たとえば、「英語ネイティブと会話をするワクワク」「はじめて知る言葉と触れ合うドキドキ」「新しいことができるようになる楽しさ」などを感じることがたくさんあると、脳でドーパミンがどんどん分泌され、ぐんぐん英語を吸収していくのです。

勉強というよりは遊び感覚で。ワクワク・ドキドキを体験が何よりも大事なのです。

普段から英語の歌や音楽に慣れ親しんでおこう

脳のゴールデンエイジともいわれる5歳までに、ドーパミング・サイクルを完成させるには具体的にどうすればいいのでしょうか。茂木さんがまず提唱するのが、英語を音楽として楽しむことです。

脳には、言語処理をおこなっているブローカー野(や)という部位があり、言葉を文法に則って発話する役割を担っています。そこでは音楽と言語を同じもの、一体のものとして処理していることがわかっています。

このブローカー野の活性化には、英語を音楽として楽しむことが効果的だそうです。

子どもを見ていると、聴いた音楽をすぐに覚えて体を動かしたり、意味がわからずとも歌詞を覚えていくということがよくあります。これは小さな子ども特有の才能で、彼らは言葉を話せない代わりに、音楽で豊かなコミュニケーションをとれるのです。

英語の歌を聴かせた場合、子どもの脳はすぐにフル回転して「これまでに聴いたことがない歌」に全力で集中します。それに慣れていくと、あたかも自分が歌っているかのように聴くことができるようになるのです。

英語の歌に慣れ親しんでおくと、大人になってから英語を学ぶ場合ほど苦労することなく、自然と英語を聞きとれるようになります。

1日4単語のペースでボキャブラリーを増やしていこう!

生まれたばかりの赤ちゃんが1歳になるころ、脳内では芽生えはじめた言葉に対するエネルギーが一気に爆発する時期が訪れます。お父さんやお母さんの何気ない会話にも耳をじっとかたむけて、一つひとつの単語を学習していき、1歳半頃から自分の言葉として話しはじめます。

当然ですが、英語を話すときにもこのボキャブラリー(語彙)が重要になります。アメリカの言語学者であるスティーブン・ピンカの名著『言語を生みだす本能』の記述によると、「子どもの言語は1歳半ごろから2時間に1単語ずつ増えていく」とあります。平均して1日8時間起きていると考えると、1日4単語覚えていく計算になります。つまり英語ネイティブの子どもは、1歳半~5歳までの3年6カ月でおよそ5000語の言葉を覚えることになります。

ということは日本語ネイティブの子どもも、1日4単語のペースで単語を覚えていければ、5歳までに英語ネイティブに近いボキャブラリーを身に着けることができるのです。

子どもが単語を覚えるためには、お父さんお母さんがたとえネイティブではなくとも、子どもの顔を見ながらゆっくりと、そしてはっきりと英語で話しかけることが大切だと茂木さんはいいます。

まだ言葉がよくわからない子どもに英語で話しかけても理解できないのではないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。私たち大人が思っている以上に、子どもはきちんと親の言葉を理解しています。

英語で考えるのに日本語を排除する必要はない

私たちが普段何かを考えるときには、日本語で考えています。では、英語ではどうでしょう。きっと英語で話をする場合、大半の人は一度日本語で考えてから、英語に「翻訳」しているはずです。しかしそれでは、どうしても会話のテンポが遅れてしまい、話が弾みません。

このギャップを埋めるために、多くの専門家がさまざまな方法を提唱していますが、「最初のうちは英語で考えようとしなくていい」というのが茂木さんの考えです。なぜなら日本人に限らず、第二言語を学ぶときというのは、ほぼ例外なく母語で考えることが研究結果からも明らかになっているからです。

日本人である以上、脳のなかの日本語の回路が豊かに育っています。無理やり英語で考えるよりは、素直に日本語で考えたほうが言葉の組み合わせなどの選択肢も多く、複雑なことも考えられます。

ですので、最初は日本語を自転車の補助輪のような役割で位置づけておき、そのうえで英語で考えるという癖をつければいいのです。

また英語で物事を考えるうえで必ずしも日本語を排除しなくてもよいという根拠として、“言語の化石化”があります。言語の化石化とは、外国語を習得中に起こる、ある特定の規則が誤って習得され、そのまま定着してしまう現象のことです。ときとして正しくない音や語彙、文法などが間違って定着してしまったときは、一旦日本語を介することで、間違いを修正しより外国語の理解を深めることができるはずです。

時間がかかってしまうとしても、まずは日本語の回路を否定せず、英語を取り入れていく。それが英語で考える力を養うための土台となるのです。

***

英語が得意な脳の育て方』は、「いますぐできる超実践 英語トレーニング」や「子どもが英語好きになる秘訣」など、お父さんお母さんの子どもの英語教育に関する疑問にしっかりと答える1冊です。茂木さん自身が感じた世界の英語教育事情や脳科学の観点から導き出された英語との関わり方は、一生ものの「英語が聴ける・話せる脳」を手に入れるための助けとなる書籍になるはずです。

書籍引用:英語が得意な脳の育て方著者:茂木健一郎価格:¥1,540(税込)
記事提供:日本実業出版社

-ライフスタイル
-, , ,

関連記事

産後ダイエット効果いつから

【妊活アンケート調査結果】私はこれで妊娠した!

愛する旦那さんの子どもが欲しい!そう思うのは当然のことです。でも、なかなか思い通りに妊娠できずに悩んでいる方も多いですよね。 妊娠・出産・育児のママニティで先輩ママたちの「妊娠するためにやったことアン …

サスティナブルライフエコリサイクル

最近よく聞く「サスティナブル」って? 地球に優しい暮らしのすすめ

年々、環境汚染に対する意識は高まっています。これまでは団体やグループでの環境保全への取り組みが主でしたが、これからは一人ひとりが行動を起こすことが重要です。 その中で注目されているのが『サスティナブル …

離婚へ進む前の砦夫婦カウンセリング対象話し合いが途中で終わってしまう夫婦

夫と話しても疲れるだけ! 夫婦の話がかみ合わない原因は○○にあった!

愛し合って一緒になったはずなのに、毎日の生活を繰り返しているうちに、夫と話すだけでイライラするという女性は多いことでしょう。 たとえば、夫婦で会話をしていて、妻がちょっとした愚痴をこぼしたとします。 …

「ママを取られた!弟・妹ばかりズルイ!」複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

「いつも弟の味方ばかりする!」 「妹にばかり甘い!」 弟や妹をもつ兄・姉なら1度は抱いたことのある感情ではないでしょうか。 一方、ママにしてみると「兄弟・姉妹は平等に接しているのに」と、嫉妬の炎に燃え …

スマホでも使える!! ママのための「子ども写真の基本」ワンポイント解説

「ついこの前、つかまり立ちを始めたばかり」と思っていたのに、今では所かまわず全力疾走するように……と、子どもの成長は早く感じませんか。だからこそ「すぐに見られなくなるあどけない姿を残したい!」と、子ど …