妊活応援隊!遠藤さん。 ―パートナーが妊活に乗り気じゃない!どうして?―

投稿日:2020-03-05 更新日:

遠藤の豆さん
みんな、こんにちは!えんどう豆の遠藤さんだよ!

遠藤さんは、みんなの妊活応援隊だよ。

普段はtwitterの中から、妊活をがんばっているみんなの質問に答えたり、妊活の意外に知らないことをつぶやいたりしているよ。

遠藤さんの中には不妊症看護認定看護師さんや臨床心理士さんがいて、みんなのサポートをしているんだ。仲良くしてね。

妊活の話をするとき、パートナーさんが乗り気じゃない・積極的じゃない感じがするって感じたことはある?

妊活は2人にとって大切なことなのに、自分ばかり一生懸命になっている気がすると寂しいよね。

では、あなたはどんなことから「パートナーは妊活に乗り気じゃない」と判断したんだろう?本当にパートナーさんは妊活に乗り気じゃないのかなあ?

相手の態度だけで判断してない?

妊活パラ言語コミュニケーション
コミュニケーションには、「言語(ことば)」と「非言語(視線やうなずきなど)」の要素があるよね。それに加えてもう一つ、「パラ言語(イントネーションや声のトーンなど)」という要素があるんだ。
誰かとコミュニケーションをするとき、言語よりも非言語とパラ言語が印象に残りやすいよね。

例えば、「〇〇しようと思うんだけどどうかな?」とあなたがパートナーさんに伝えたとするよ。

  • 例1:パートナーさんがスマホやTVを見ながら話を聞いて、平坦なイントネーションで「いいと思うよ」と答える
  • 例2:パートナーさんがあなたの目を見てうなずきながら話を聞いて、抑揚のあるイントネーションで「いいと思うよ」と答える

パートナーさんの言語はどちらも「いいと思うよ」だけど、あなたはどちらが「本気で考えてくれている」と感じるかな。
きっと例2だよね。

例1と例2でパートナーさんの気持ち・考え方に違いがなかったとしても、非言語とパラ言語によって、あなたの受ける印象は変わってしまうね。

確かに例2の反応をされると嫌な気持ちになるけど、だからといってパートナーさんが「妊活に乗り気じゃない」とがっかりするのは早いかも。

パートナーさんの言語も信じてみてほしいな。

非言語やパラ言語を使いこなすのが上手な人もいれば、そうでもない人もいるよ。

あなたが話しかけるタイミングや、あなたの非言語・パラ言語を変えてみると、パートナーさんの反応も変わるかも。

「私が決めるから同意して!」モードになってない?

妊活夫婦の会話夫モチベーション
人はどうしても、「相手に適した問題の決定権は相手に委ねよう」と思ってしまうんだ。

相手の方がたくさんの情報や知識を持っていると、「自分はそんなに知識がないから相手に任せよう」と思うよね。

特に妊活は女性の身体の状態でタイミングの取り方、不妊治療の方法が変わるし、色んな負担が女性にかかりやすいから、どうしても女性主導になりがちなんだ。

男性にとって妊活は、自分で決められることが少ないんだよね。

つまり「自分が何を言っても結局は相手が決めることだから、積極的に意見を伝えにくい」んだ。

逆にあなたは、積極的に意見を言ってもらえないとパートナーさんを頼りにできなくなるよね。

するとパートナーさんは「自分は妊活のことで頼りにされてない」と感じて、どんどん妊活を自分事として考えにくくなるよ。

「妊活のことを一緒に話し合いたいけど知識がないし、相手に任せるしかない」と思っている人はとっても多いよ。

まずはあなたが、妊活のことでパートナーさんを頼りにしている気持ちを伝えてみてほしいな。

では今日のまとめだよ!

  1. 態度だけでパートナーのキモチを決めつけないでね
  2. 乗り気じゃないように見えるのにも理由があるよ
  3. あなたが頼りにしたい気持ちを伝えてみよう

遠藤さんはみんなの妊活を応援しているよ。参考にしてみてね!
何か困ったことがある人は、遠藤さんのお友達のファミワンさん
に相談してね。

この記事を書いたライター
遠藤さん
みんなの妊活をサポートする、えんどう豆の遠藤さん。妊活をがんばっているみんなを応援すべく、「妊活応援隊!」を結成している。仲間は妊活に詳しい看護師さんと心理士さん。“さや”の中からTwitterに妊活の豆知識をつぶやくのが日常。趣味はTwitterで見かける診断テスト。豆類はだいたい友達。「メンデルの法則」のメンデルさんにちょっと憧れている。記事監修:ファミワン

関連記事

【今日からパパに実践!】褒め上手は家庭・夫婦円満を導く

日本人は積極的に人を褒めることが少ないですよね。それが身内ともなるともっと少ないと思います。 どちらかというと、謙虚に「いえ。うちの主人は全然です。」という人が多いですよね。 そのような謙虚なスタイル …

お茶ダイエット水

新茶の季節に始めたい!ペットボトルでもOK♪お茶ダイエット

お茶は、ほとんどがノンカロリーもしくは低カロリー。普段飲んでいる飲料が砂糖入りの場合、お茶に変えるだけでもダイエットにカロリーカットになります。 また、お茶に含まれる成分ではカテキンやポリフェノールが …

実態調査:離婚したいと思ったことってある?<アンケート結果発表>

4年に一度のうるう年の2月29日は円満離婚の日ということをご存じでしょうか? 1年間で最も離婚が多い3月の前日に「2人に、福(29)あれ」と、夫婦の絆や結婚・離婚の本質などについて考える日として、離婚 …

【実態調査】男女産み分け、チャレンジ&成功しましたか?

男の子は81%、女の子は80%の確率で男女産み分けが可能(※1)など言われていますが、男の子でも女の子でも生まれてくる子は、かわいい我が子! でも、「1人目は女の子が欲しい!」とか「2人目は男の子がい …

夫婦同寝別寝どちらがいい夫婦仲への影響

あなたたちはどちらを選ぶ?【夫婦同寝⇔夫婦別寝】夫婦仲に影響は?

突然ですが、あなたは旦那様と同じ寝室で寝ていますか? 「もちろん!」という人も、「別の寝室です!」という人も、何となくで選んでいませんか? 同じ寝室で寝るか、別々の寝室で寝るか――たったそれだけのこと …