妊活応援隊!遠藤さん。 ―パートナーが妊活に乗り気じゃない!どうして?―

投稿日:


みんな、こんにちは!えんどう豆の遠藤さんだよ!

遠藤さんは、みんなの妊活応援隊だよ。

普段はtwitterの中から、妊活をがんばっているみんなの質問に答えたり、妊活の意外に知らないことをつぶやいたりしているよ。

遠藤さんの中には不妊症看護認定看護師さんや臨床心理士さんがいて、みんなのサポートをしているんだ。仲良くしてね。

妊活の話をするとき、パートナーさんが乗り気じゃない・積極的じゃない感じがするって感じたことはある?

妊活は2人にとって大切なことなのに、自分ばかり一生懸命になっている気がすると寂しいよね。

では、あなたはどんなことから「パートナーは妊活に乗り気じゃない」と判断したんだろう?本当にパートナーさんは妊活に乗り気じゃないのかなあ?

相手の態度だけで判断してない?

妊活パラ言語コミュニケーション
コミュニケーションには、「言語(ことば)」と「非言語(視線やうなずきなど)」の要素があるよね。それに加えてもう一つ、「パラ言語(イントネーションや声のトーンなど)」という要素があるんだ。
誰かとコミュニケーションをするとき、言語よりも非言語とパラ言語が印象に残りやすいよね。

例えば、「〇〇しようと思うんだけどどうかな?」とあなたがパートナーさんに伝えたとするよ。

  • 例1:パートナーさんがスマホやTVを見ながら話を聞いて、平坦なイントネーションで「いいと思うよ」と答える
  • 例2:パートナーさんがあなたの目を見てうなずきながら話を聞いて、抑揚のあるイントネーションで「いいと思うよ」と答える

パートナーさんの言語はどちらも「いいと思うよ」だけど、あなたはどちらが「本気で考えてくれている」と感じるかな。
きっと例2だよね。

例1と例2でパートナーさんの気持ち・考え方に違いがなかったとしても、非言語とパラ言語によって、あなたの受ける印象は変わってしまうね。

確かに例2の反応をされると嫌な気持ちになるけど、だからといってパートナーさんが「妊活に乗り気じゃない」とがっかりするのは早いかも。

パートナーさんの言語も信じてみてほしいな。

非言語やパラ言語を使いこなすのが上手な人もいれば、そうでもない人もいるよ。

あなたが話しかけるタイミングや、あなたの非言語・パラ言語を変えてみると、パートナーさんの反応も変わるかも。

「私が決めるから同意して!」モードになってない?

妊活夫婦の会話夫モチベーション
人はどうしても、「相手に適した問題の決定権は相手に委ねよう」と思ってしまうんだ。

相手の方がたくさんの情報や知識を持っていると、「自分はそんなに知識がないから相手に任せよう」と思うよね。

特に妊活は女性の身体の状態でタイミングの取り方、不妊治療の方法が変わるし、色んな負担が女性にかかりやすいから、どうしても女性主導になりがちなんだ。

男性にとって妊活は、自分で決められることが少ないんだよね。

つまり「自分が何を言っても結局は相手が決めることだから、積極的に意見を伝えにくい」んだ。

逆にあなたは、積極的に意見を言ってもらえないとパートナーさんを頼りにできなくなるよね。

するとパートナーさんは「自分は妊活のことで頼りにされてない」と感じて、どんどん妊活を自分事として考えにくくなるよ。

「妊活のことを一緒に話し合いたいけど知識がないし、相手に任せるしかない」と思っている人はとっても多いよ。

まずはあなたが、妊活のことでパートナーさんを頼りにしている気持ちを伝えてみてほしいな。

では今日のまとめだよ!

  1. 態度だけでパートナーのキモチを決めつけないでね
  2. 乗り気じゃないように見えるのにも理由があるよ
  3. あなたが頼りにしたい気持ちを伝えてみよう

遠藤さんはみんなの妊活を応援しているよ。参考にしてみてね!
何か困ったことがある人は、遠藤さんのお友達のファミワンさん
に相談してね。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
遠藤さん
みんなの妊活をサポートする、えんどう豆の遠藤さん。妊活をがんばっているみんなを応援すべく、「妊活応援隊!」を結成している。仲間は妊活に詳しい看護師さんと心理士さん。“さや”の中からTwitterに妊活の豆知識をつぶやくのが日常。趣味はTwitterで見かける診断テスト。豆類はだいたい友達。「メンデルの法則」のメンデルさんにちょっと憧れている。記事監修:ファミワン

関連記事

子育て上手な親になるための、たった1つの方法。

「素敵な子どもに成長させてあげたい」 親なら誰もが願うことではないでしょうか。 どんな子育てをすれば良いのか、子育て上手な親になるにはどうすれば良いのか。 そう考える日々が続いた頃、子どもが小学校に上 …

医学12星座占い健康当たる

医学と12星座の関係って?

この世界は、「火・風・土・水」の4つの属性で成り立っているとしたこの理論は現代でも生きているのです。 皆さんにとって一番身近なのは「季節」でしょう。 「春・夏・秋・冬」が「4体液病理学説」の「火・風・ …

ママにとって男の子は未知との遭遇?「男の子は宇宙人!?」

男の子の子育ては女の子の3倍大変だ!という話を聞いた事があります。 一般的に女の子はおとなしく、男の子は元気!というイメージがありますよね。 さあ、実際のところどうなのでしょうか? 我が家の娘と息子の …

【実態調査】お盆は帰省する?義実家のクセが強い!ぶっとびエピソード集

夏休みは旦那さんの実家に帰省するというご家庭も多いかと思います。 子連れと荷物で疲労もいっぱいなのに、義実家へ行く場合は気遣いもプラスされますよね。 家族が違えば生活習慣の違いや、価値観の違いからのト …

風水開運悪い気を吹き飛ばして五月病を乗り切る方法エネルギーチャージ

「好かれる人」はここが違った。人間関係がスムーズになるコツ

会社の上司や先輩から「礼儀がなっていない」と怒られた経験がある人は少なくないでしょう。 たしかに「礼儀正しく」はビジネスパーソンにとって基本中の基本です。 しかし「社会に出てからの礼儀」は、学校で教え …