ママの働き方 仕事 家庭との両立

【第12話】金なし、コネなし、専業主婦の私が占い師を目指す理由

投稿日:2019-08-25 更新日:

こんにちは、占い大好きシャーミーです!

私には年末になると翌年の運勢を占ってもらう、占い師さんがいます。

その人はとても素敵な占い師さん。

占いの腕もさることながら、具体的なアドバイスもしてくれるので、占いに行くとスッキリとした気持ちになるのです。

10年ほど前は、まったく結婚願望のなかった私に「(同棲している人がいるなら)あと2ヵ月以内に結婚したほうがいい!」とアドバイスしてくれました。

じゃあ、してみるか!と結婚したんですが、今ではあの時、アドバイス通りに結婚してよかったと、本気で思っています。

そして今から4年前。翌年の運勢をみてもらいにいったところ「誕生の星が出てる!来年はこどもが生まれるかも」と言われたんです。

正直、妊活をまじめにしていたわけでもないし、こどもができるとは思ってなかったので、「まさか~!!」と言ってしまったのですが、占ってもらってから2か月後に、妊娠していることがわかりました。

「誕生の星」しっかり出ていたようです。

そしてその占い師さんは占いの最後になると、お世辞にもかわいいと言えない私に「あなたはかわいいんだから!人生うまくいくよ!」とポジティブな事を言って送り出してくれます。

これが、特に誰からも褒められたことのない私には、染みる。

うれしいし、前向きになれる。

しかも、タロットを一枚引かせてくれて、「ほら、うまくいくカードが出たよ!」とやってくれるおまけつき。

(以前、悪いカードひいちゃったらどうしよう?って言ったら、いいカードが出るまで、ひけばいいんだよって言ってくれて、笑っちゃいました。)

そんな、心を前向きにしてくれる占い師になりたくて…目下、占い勉強中のシャーミーです。

ただ、どういう因果か、私が占い師を目指し始めたこの夏、この素敵な占い師さんが、引退することになってしまいました。

とってもとっても寂しいですが、私の憧れであることに違いありません。

素敵な占い師目指して、今日も勉強頑張ろうと思います!


30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

都内のおんぼろ狭小借家に住んでいます。
(そして、ニックネームに反して、生粋の日本人です。)

素敵に暮らしたい気持ちはあるのに、素敵じゃないことばかり。
ほぼほぼ大雑把に生きていますが、たまにくよくよちんまり。
そんな日々をざっくりじわっとお送りいたします。

夫→40代。心に乙女(というかOL、たまに妖精)が住む。介護職。娘ラブ。
娘→2015年生まれ。成長曲線の一番上をひた走る、健康児。

-ママの働き方, 仕事, 家庭との両立
-,

関連記事

ママ仕事復帰

【人生100年時代の働き方】第5回: 専業主婦はもう古い!?これからの時代、主婦は働くべき?

最終回は働き方についてです。女性は家事・育児・介護など「家庭責任」を負うことが多く、働くこと、収入を得ることがサブ的になりがちです。 人生100年時代を乗り切れるよう、働き方も変えていく必要があるかも …

“主婦のおこづかい”みんなどれくらいもらってるの?

主婦のみなさん、自分の“おこづかい”はありますか? ほとんどの方はもらっているようですが、なかには専業主婦なのでもらっていないという方も…。 そして、やっぱり気になるのは、「みんなどれくらいもらってい …

独学取得可能性あり女性おすすめ資格

独学での取得も可能で実際に役立つ【女性におすすめの資格】とは?

男性と同じように女性も社会に出て働く時代。 何か資格を持っていることで、必要とされる度合いが変わることがあります。 学校に通わず、独学で取得を目指すことができる資格もたくさんあります。 今回は、独学で …

共働きには思わぬ落とし穴も!専業主婦と共働きのメリット・デメリット

女性が結婚を契機に退職する「寿退社」。かつては一般的でしたが、現在は結婚後もそのまま働くか専業主婦になるか迷う方が多いようです。 そこで、今回は専業主婦と共働き、それぞれのメリット・デメリットについて …

選択的シングルマザーとしての生き方

子育てに余裕のない母親には共通点があると思う

ママは毎日忙しい。 子育てに家事、お仕事されている方は仕事も入ってきます。 朝起きた時から、やらなければいけない事がいっぱい。 朝ご飯を作り子どもの世話をしていると、あっという間に時間は過ぎ、自分の準 …