【第8回】15年前に憧れていた先輩が…今や警察のお世話になっていた件!!

投稿日:2019-04-04 更新日:


こんにちは、シャーミーです。春ですね…。
春といえば、恋の季節。
みなさん、恋、してますか?(急に問いかけられても。)
私は、もうさっぱり、とんと。
それでも春の陽気に誘われて、過去の恋バナなぞしても…よろしいですか?

15年前に大ファンだった先輩

もう15年くらい前のことになりますが、私が勤めていた会社に、それはそれはかっこいい先輩がいました。

クールかつミステリアス、しかし人望があり仕事もできる。
見た目もよくて、某イケメン俳優さんに似ていました。
女子社員は、みんな先輩のファン!
私も、もちろん先輩の大ファンでした。
熱い視線を送っていましたが、特に進展もせず、かといって先輩の浮いた話も聞かず。
思いを伝えることもなく、私は退社することになりました。

先輩どうしているかな?と思ったら衝撃の展開が…!!

あれから15年……先輩どうしているかなあ?素敵な人と結婚しているのかな?仕事をバリバリがんばっているのかな?
たまに思い出してはキュンとするような大切な憧れでした。

そんなあるとき、先輩の名前がニュースで読まれたんです。
同姓同名か~、よくある名前だしね!と思って見ていたら、連行される容疑者の映像。
そこには見覚えのある顔。そう、まさにあの先輩だったんです!

うそでしょ!?

しかも、女子高生のスカート内を盗撮して逮捕だとか!?
え?余罪あり?長年にわたって盗撮を繰り返していた模様?
一瞬でクールな先輩像が崩れ去りました。
先輩!!なにしてんですか!!

今思えば、あのミステリアスさは、犯罪者のそれだったのかもしれません。まさかの恋の結末にがっくりです。

とりあえず、ノンミステリアスな夫の顔をみて、ホッとしている次第です。


30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

都内のおんぼろ狭小借家に住んでいます。
(そして、ニックネームに反して、生粋の日本人です。)

素敵に暮らしたい気持ちはあるのに、素敵じゃないことばかり。
ほぼほぼ大雑把に生きていますが、たまにくよくよちんまり。
そんな日々をざっくりじわっとお送りいたします。

夫→40代。心に乙女(というかOL、たまに妖精)が住む。介護職。娘ラブ。
娘→2015年生まれ。成長曲線の一番上をひた走る、健康児。


無料占い達川

-ライフスタイル
-,

関連記事

流産死産体験談

つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。 日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりま …

最初は「家族団らん」から!天才アスリートの作り方

2020年の東京オリンピックが近づくにつれて、次世代を担う若き天才アスリートたちの活躍を目にする機会も多くなってきました。 そんな彼らの勇姿を見るとき、ついつい我が子を応援するような気持ちで見てしまい …

男の子女の子育て方違い

秘密は脳の発達の順序の違い!男の子と女の子の育て方はこうも違う

一般的に、女の子のほうが育てやすく、男の子の育児は手こずる……と言われていますが、それは育児を担う母親目線での話なのかもしれません。 なぜなら、男性と女性とでは、脳の構造に大きな差異があるからです。 …

子どものやりきる力を育てる3つの環境づくり

子どもには色々な可能性があります。 ちょっとした言動で「もしかしたら、この子は天才なんじゃないか」と思わせてくれます。 いわば、「親バカにさせる天才」が子どもなのかもしれません。 今回の「やりきる力」 …

6年間の不妊治療を経て里親となった漫画家、古泉智浩さんインタビュー

これまでずっと何年も真っ暗な夜道を裸足で歩いているような気持ちだったー そう語るのは、6年間にも及ぶ不妊治療で600万円を費やしたのち、「里親」という選択をした漫画家・古泉智浩(こいずみともひろ)さん …