しつけ 子育て

子どももママも楽しい♪困った時は●●選手権で切りぬける!

投稿日:2018-05-15 更新日:

子どもと一緒にいると困ることってありませんか?
例えば、掃除。

掃除をしているそばからおもちゃを出したり、部屋を汚したり。。
お母さんにとっては結構ストレスだったりしますよね。

「片づけているんだから出さないで!」と怒ることもストレスです。
子どもが 「私もお掃除するー」と言いながら拭き掃除後のまだ乾いてない場所にモップをかけ始めて、そこにモップのほこりがついたりすると、これもストレス。

でも、手伝ってくれているので怒るにも怒れず…。
そんなときは、我が家では●●選手権と名付けて、子どもと楽しみながら掃除をしています。

子どもの遊び心をくすぐる!

例えば、子どもを味方につけようと思いついた選手権が誰が一番汚してきたか選手権
単純に、雑巾を誰が一番汚すかという選手権です。

「モップをかけ終わったら雑巾を誰が一番汚してきたか選手権をするよ」と予告しておくと子どもたちは自分の雑巾を濡らしながら私のモップ掛けが終わるのを楽しみに待ってくれます。

そして「よーい!スタート」で一斉に走りだす子どもたち。

たくさん雑巾を汚してくるためには、いっぱい拭かなきゃいけないし、いっぱい汚れているところを見つけないといけない。
この選手権、楽しくて盛り上がります。

綺麗に拭けていなくて雑な部分もあるけど、ま、そこは目をつむって私が拭き拭き。
「凄いねー。こんなに汚してきたの?」
「こんな汚れ、どこにあった?」
「お掃除上手だねー!」

わざとらしいくらい大袈裟に言います。
すると、得意げになる子どもたち。

掃除以外にこんな選手権も!

誰が一番汚してきたか選手権のほかにも、
  • 誰が一番に眠るか選手権
    …子どもが眠ってくれない時
  • 誰がたくさん野菜を食べるか選手権
    …食事時

などは我が家でよく開催されます。

この選手権を開催すると、子どもたちは公共の場所でも楽しみながらマナーを守ることができます。

工夫次第で色々な選手権が出来るんです!

子どもと一緒に考えることが大切

選手権を開催する前には、勝つための秘策を子どもたちと一緒に考えます。

静かするためにはどうしたらいい?
「おしゃべりしない!」
「小さな声で話す」
「走らない」
など、子どもたちから意見が出たところで
よーい…スタート!

ママのストレスも軽減されます。
子どもと楽しみながら、ひとつの目的を達成する●●選手権。

子どもの

  • 想像力
  • 思考力
  • 思いやり
  • 自己肯定

なども磨かれます。
●●選手権、ぜひお試しあれ~!


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノ無料占い師1時間成就

-しつけ, 子育て

関連記事

私はモンスターペアレント…? 保育園の対応にどこまで言う?

保育園や幼稚園に不満があっても、モンスターペアレントだと思われることを恐れて、言いたいことを言えないママも多いよう。 そこで今回はママから寄せられたモンスターペアレントについての質問をピックアップ! …

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

子供にお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

お手伝いは、親子が触れ合いながら生活スキルが身につき、自信もつく等、たくさんメリットがありますよね。 母学アカデミー学長・河村京子さんの著書には、「お手伝いには、段取り力や自分の能力の使い方についてな …

保育園幼稚園,違い,選び方

【保育園・幼稚園違いは?】息子を保育園、娘を幼稚園に入れてみて、思うこと

保育園は「働くママのための福祉施設」、幼稚園は「教育施設」。 そう聞くと、保育園は子どもの面倒を見るだけで、幼稚園は勉強を教えてくれそうな感じがしますが、逆に英語やスポーツを取り入れている保育園、のび …

家族問題カウンセラーが見た【時代とともに変わりゆく小学生のトラブル】

子供達のトラブルは、時代と共に変化しています。 昔は、トラブル内容も複雑ではなく、お友達同士のちょっとした喧嘩や、子供同士がぶつかってどちらかが怪我をしてしまった、など単純なものが多く、いじめや仲間外 …

5歳児に授乳で炎上!?授乳は何歳まで?

液体ミルクが日本で発売され、しばらく経ちますね。 外出時や災害時のことを考えると、とても便利な液体ミルクですが、我が家は生まれた時から完全母乳。 うちの娘は1歳をすぎているので、もう授乳の必要ないのか …