子育て 教育・制度

もっと普通に!血のつながり以外の選択「養子縁組」について

投稿日:2018-04-25 更新日:

もっと普通に!血のつながり以外の選択「養子縁組」について

なかなか結果のでない不妊治療に苦しんでいる方や、血のつながりはなくても子供を育ててみたい方。

もうひとつの選択肢「養子縁組」について考えてみたことはありますか?

実子以外は絶対考えられないと思っている方も、すでに情報を集めている方もいらっしゃるかもしれませんが、子供たちの未来のために、今一度「養子縁組」について考えてみませんか?

養子縁組には二つの種類があった!

普通養子縁組と特別養子縁組の違い

一口に養子縁組といっても制度としては「普通養子縁組」「特別養子縁組」の二つに分かれます。

大きく何が違うのかと言うと「特別養子縁組」は実親の親権がなくなるため、戸籍上でも「長男」「長女」と記されるので「実子」と同じになります。

対して「普通養子縁組」は戸籍上は「養子・養女」と記載されて実親、養親ともに親権を持つことを言います。

また「特別養子縁組」は子供の年齢が6歳未満でなければいけないという制限があることに対して「普通養子縁組」は特に年齢制限はありません。

日本は先進国の中でも遅れてる…

もっと普通に!血のつながり以外の選択「養子縁組」について

実の子供として育てたい!という方は「特別養子縁組」を選びたいのが心情でしょう。

ですが、今の日本では何らかの事情で親と一緒に暮らせない子供たちが4万人以上もいることに対して、「特別養子縁組」として一般の家庭で暮らすことができた子供はなんと全体の1%、たったの400人ほどしかいないのが現状(2012年時点)です。

アメリカや他先進諸国に比べると、日本での普及はかなり遅れていることが分かります。

最近ではブラッドピット&アンジェリーナジョリー夫妻をはじめ、マドンナやシャーリーズセロンなどの海外セレブたちがアジアやアフリカから養子を受け入れた事で注目されました。

もっと普通に!血のつながり以外の選択「養子縁組」について

アメリカでは当たり前のように認知されている一方で、日本ではまだまだ一般的には浸透されておらず情報も少ないのが現実。

その背景には血縁にこだわる日本の独特の価値観もありますが、産みの親の親権が強いことが大きく関係していています。

産みの親は子供を施設に預けたままの状態であっても、法律上では「親権」が維持されるため、実親の同意がない限りは「養子縁組」もできないまま、児童養護施設で18歳まで過ごすことになります。

この現状、皆さんはどう思いますか?

親のためではない、子供のための制度

もっと普通に!血のつながり以外の選択「養子縁組」について

ここで勘違いをしてはいけないのは、養子縁組制度は「子供たち」の為の制度であって、子供のいない親のための制度ではありません。

主役はあくまでも「子供」。

「養子縁組」を考え始めるきっかけは「不妊治療」でももちろんいいと思います。

様々な事情を抱えた子供たちを受け入れて、あたたかい家庭の中で、大きく育ててあげたいと思う気持ちが一番大切なのではないでしょうか。

「養子縁組」制度が日本でももっと普通に広がって、子供を育てたい夫婦と家庭を望んでいる子供が、上手にマッチングできる社会になることを筆者は心から望みます。

 

【参考】
Fine,日本こども縁組協会など


ゆーみん
結婚5年目のぐうたら主婦ライター。「面倒なことがとにかくキライ」をモットーに くらし・料理・美容にまつわる便利・時短ワザをご紹介。 一方で妊活・子育てに関する情報もじんわり発信していきます。


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

-子育て, 教育・制度

関連記事

子供の癇癪(かんしゃく)に意外な理由が?

泣いたり、足をバタバタさせたり、叫び声を上げたり…。 2歳~4歳の子どもによくあることとはいえ、癇癪(かんしゃく)が治まらずに困ってしまうママも多いのではないでしょうか。 子供の癇癪(かんしゃく)はな …

イライラした時は要注意!子どもをダメにしてしまう親の言葉Best3

毎日の子育ては楽しいし、元気を貰えるし、癒されますよね。 でもその思いとは裏腹に、忙しい時や疲れている時にはついイライラして子どもに当たってしまうこともあります。 そんな時につい言ってしまう「ひとこと …

娘2人がてんかんを発症して5年。母親の牧ひとみさんが壮絶な過去を激白。

わたしはてんかんの持病をもった子どもの母親です 突然ですが皆さんは「てんかん」という病気をご存じでしょうか。 突然けいれんを起こし、道ばたで倒れるようなイメージを持たれている方が多いと思います。 わた …

男女の発達の違い男の子話聞いてない

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

「子どもを誉めて育てよう」という言葉があります。 私はこの言葉を鵜呑みにして長男をただ異常に誉めました。 一緒に歩いていて、急に走り出したら「凄い!早く走れるね!」 高いところに登ったら「凄い!高くま …

発達障害とは

【Part1】発達障害は“障害”ではない!?「有名人・偉人たちにみる発達障害」

栗原類さん、勝間和代さん、ミッツマングローブさんなど自身が「発達障害」であることを告白する芸能人や著名人の方のおかけで、最近は「発達障害」という言葉の認知度も高まってきていますよね。 発達障害といって …