夫婦生活

浮気してる? 働く妻が旦那の心を取り戻す3つのセリフ

投稿日:2018-03-28 更新日:

旦那の心を取り戻すセリフ1「うん!カッコイイ!」

毎日忙しく働いていると、どうしても後回しになることがあります。

細かい掃除、時間をかけた料理、そして旦那のこと……。

そんな日常が続く中、「旦那がいつもと少し違う?」と感じるなら要注意!

第六感が旦那の浮気を疑っているのかもしれません。

浮気をしているかもしれない旦那の心を取り戻す

今回は、浮気をしているかもしれない旦那の心を取り戻すため、働く妻がカンタンに使えるセリフ3つを紹介します。

旦那の心を取り戻すセリフ1「うん!カッコイイ!」

旦那の心を取り戻すセリフ1「うん!カッコイイ!」

結婚をしてからも身だしなみに気をつけている男性の多くはいつまでも男性として認めて欲しいという強い欲求をもっている傾向があります。

ですから、あなたの旦那さまが身だしなみに気をつける男なら、旦那の服装をチェックした後に「うん!カッコイイ!」と言ってみましょう。

毎日言うのは大変……ということであれば、2~3日に1度でもかまいません。

いつまでも男性として認めて欲しい

一定のタイミングで旦那のスタイルを褒めてあげることにより、旦那さまは自分が妻に夫としてではなく男として認めてもらえたと実感しやすくなります。

すると、今まで外に向いていた承認欲求が家の中に向きやすくなろ、旦那の心も外から戻ってきやすくなります。

旦那の心を取り戻すセリフ2「頼りになる!」

旦那の心を取り戻すセリフ2「頼りになる!」

男性にとって女性に頼られるということは、男としての強さの証明なのです。

おまけに、女性は女性でも、しっかりものの女性に頼られるほど、男性は頼られた充実感でいっぱいになります。

ですから、旦那さまの心を取り戻したいなら、甘えてみましょう。

そして、甘える時には「頼りになる!」というセリフも付け加えてみて下さい。

家の中に自分を頼りにする存在がいる

家の中に自分を頼りにしてくれる存在がいるとわかれば、旦那の心は自然と外から戻ってきます。

旦那の心を取り戻すセリフ3「家ではゆっくり休んでね!」

旦那の心を取り戻すセリフ3「家ではゆっくり休んでね!」

男性の中には、仕事でのストレスを家には持ち込まず、外で発散させる人がいます。

このような男性の多くは妻や家族に心配をかけてはいけないという思いが強くなる傾向があります。

ですから、あなたの旦那さまが外出の多い男なら、「家ではゆっくり休んでね!」と声をかけるようにしましょう。

旦那に聞いてもらいたい話がたくさんあっても、です。旦那さまの休息を優先させましょう。

旦那の心は安心できる場所を作ってくれた妻のもとに戻ってくる

そうすることで、家の中でもストレスを解消できるとわかれば、旦那の関心は家の中に向きます。

そして、旦那の心は安心できる場所を作ってくれた妻のもとに戻ってくるのです。

 

いかがでしたか?

家庭円満を長続きさせるカギは、男性ではなく女性が握っているようです。

旦那に浮気疑惑を感じたのであれば、責めるのではなく、自然に戻ってくるようにうまく誘導してあげてください。

理想の家庭をつくるのは、いつの時代も女性なのかもしれません。

 

【参考】All About , Menjoy! など


クロエ無料占い不倫浮気略奪愛

-夫婦生活

関連記事

Q.満たされずにドカ食い。性欲と食欲は関係している?【専門家に聞いてみた】

「最近食欲が止められない。」それは満たされていないから!? 姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お金やくらしのことなど日頃の「気がかり」を解決するコーナーからお悩みをピックアップしました。 専 …

夫婦のセックスレスが過去最多!少子化に影響も

突然ですが、夫婦のセックスレスが増えているのをご存知ですか? 日本の年間の性交回数は、週に1回程度で世界の平均の半分以下なんだそう。 海外と比べると少なく感じますよね? 日本のセックスレス化は年々進ん …

カップル・夫婦が長続きする絶対的な8つのコツ

彼の行動が怪しいと疑ってしまう。ついつい彼の携帯をみてしまう。 思い当たることはありませんか? 今回は結婚しても”ラブラブ”な夫婦が実践している、長続きする絶対的な8つのルールをご紹介します♪ 1,と …

限界です!オラオラ系旦那の勘違いセックスに耐えられない!

「激しいセックス=女性が気持ち良い」という男性の勘違い。心当たりがある女性も多いのではないでしょうか。 この残念な”勘違い”の原因は一体何なのでしょうか。 姉妹サイト「ママニティ」の気がかり相談室Q& …

OLIVIAの夫婦のセックスにまつわる“ここだけの話”

はじめまして。OLIVIA(オリビア)です。 私は、ラブライフ・アドバイザーという肩書で、20代の学生から50代のお孫さんのいる既婚者までの幅広い年代の男女のお悩みにアドバイスしています。 「ラブライ …