子育て 食育

「落ち着きのない子供」原因はあの成分が足りないから?

投稿日:2018-03-24 更新日:

子供遊び

今日は子連れでママ友と外食。

そんな時、落ち着きなく店内を歩きまわってしまったのは、なんとうちの子だけ!

「うちの子供だけ、どうして落ち着いて座っていられないのかしら……」

こんな悩みを抱えているママが大勢います。

しかし、「私のしつけが悪いの?」と悩んではいけません。

ある成分の不足が子供に落ち着きを奪っている可能性があるからです。

子供が落ち着かない理由はミネラル不足!

子供が落ち着かない理由はミネラル不足

ミネラルとは、 糖質・脂質・タンパク質・ビタミンと並び五大栄養素の1つで、「無機質」「灰分(かいぶん)」とも呼ばれます。

ミネラルは人体で作ることができないので、食事から摂る必要があります。

日本の場合、厚生労働省がカルシウムナトリウム鉄分などの13元素をミネラルとして食事から摂るように定めています。

ミネラルは骨や歯になる

ミネラルは骨や歯になったり、代謝を高めたりなど、体の中で様々な役割を担っています。

しかし、現代は食品の精製が進んだこともあり、食事から摂ることができるミネラルが減っています。

そのような中、白砂糖や添加物の多い食品を食べると、体内にわずかしか残っていないミネラルが更に減ってしまいます。

その結果、身体の調節や脳内の神経伝達に悪影響を与えてしまう恐れがあるのです。

落ち着きのない子供にはミネラル豊富なメニューを!

例えば、不足すると神経が興奮しやすくなるマグネシウムを食事から摂るなら大豆製品がオススメです。

マグネシウムを食事から摂るなら大豆製品

子供にとって必要なマグネシウム量は、体重1kgあたり5mgまでとされています。

つまり10kgの子供なら50mgのマグネシウムが必要だと言うことです。

これを食事で摂ろうとすると

  • 油揚げ40g(1枚弱)なら52mg
  • 納豆50g(1パック)なら50mg

のマグネシウムを摂ることができます。

マグネシウムの他にも、カルシウムや鉄分など、子供の成長そのものに欠かすことができないミネラルがたくさんあります。

海藻類や根菜類などを上手に使って子供に食べさせてあげましょう。

海藻類や根菜類などを上手に使っ

子供の体内でミネラルの量が安定し、自然と落ち着く可能性があります。

 

母親の笑顔

子供が落ち着かなくて不安……。

そんな時には、まず食事面を見直してみましょう。

そして、子供の落ち着きはもちろん、子育てについて悩むことがあるなら専門家に相談しましょう。

ママが一人で悩みを抱えていては、大好きな母親に笑顔がないと子供が不安になり、子供の情緒不安定を招きかねません。

子供にとって一番の安定剤はママの笑顔なのですから……。

 
【参考】農林水産省HP, EatSmartなど


ママ記者:美郷(misato)
お酒&お肉LOVEの妊活中ライター。2つ年上の旦那と東京で2人暮らし。 毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子供を妄想しつつ世界各国の育児ノウハウを収集中!


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

-子育て, 食育

関連記事

子供の「まだ帰りたくない!」には携帯アラームを有効活用!

子供と公園に行き「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」ってなりませんか? で、「じゃ、あと少しねー(●●分ねー)」と言って時間が来て「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」と …

「ママを取られた!弟・妹ばかりズルイ!」複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

「いつも弟の味方ばかりする!」 「妹にばかり甘い!」 弟や妹をもつ兄・姉なら1度は抱いたことのある感情ではないでしょうか。 一方、ママにしてみると「兄弟・姉妹は平等に接しているのに」と、嫉妬の炎に燃え …

私はモンスターペアレント…? 保育園の対応にどこまで言う?

保育園や幼稚園に不満があっても、モンスターペアレントだと思われることを恐れて、言いたいことを言えないママも多いよう。 そこで今回はママから寄せられたモンスターペアレントについての質問をピックアップ! …

6年間の不妊治療を経て里親となった漫画家、古泉智浩さんインタビュー

これまでずっと何年も真っ暗な夜道を裸足で歩いているような気持ちだったー そう語るのは、6年間にも及ぶ不妊治療で600万円を費やしたのち、「里親」という選択をした漫画家・古泉智浩(こいずみともひろ)さん …

発達障害親子

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第2話:物がみつからナイ!

私、しょっちゅう物をなくす女なんです。 ADHD(注意欠如・多動性障害)※1の症状の一つ、 「多動性」(落ち着きがない、じっとしていられないなどの症状) というのは、年齢とともにおさまりやすいものなの …