エンタメ くらしの豆知識

【第3回】「何これ?」が口癖の娘、急に気になったのは旦那のアソコ…

投稿日:

言葉の爆発期

娘が2歳6か月のとき、俗にいう「言葉の爆発期」(言葉が急激に増えて、ガンガン喋りはじめる時期)が到来しました。
目に映るものすべてが興味の対象。
「何これ?」が口癖だった、娘のお話しです。

旦那のアソコを指さして「何これ?」旦那は何と答えた?

「何これ?」が口癖の娘、急に気になったのは旦那のアソコ...
「何これ?」が口癖の娘、急に気になったのは旦那のアソコ...
「何これ?」が口癖の娘、急に気になったのは旦那のアソコ...
「何これ?」が口癖の娘、急に気になったのは旦那のアソコ...

何にでも興味津々なお年頃の2歳女子!

何にでも興味津々なお年頃の2歳児!

出かけても、家の中でも「ナニコレ?」「ナニコレ―?」の連発。
正直、一個一個答えるのは面倒くさいなと思うこともありますが、娘の世界が広がっていくのを、そばで見ているのは楽しい。

でもスーパーで端から商品名を言わされるのが大変過ぎて「しなもの!」とか「たべもの!」とか雑な答えをしてしまう母を許してほしい。

極め付きは、夫の股間を指さして「ナニコレ?」
毎日、一緒にお風呂に入っているのに、急に気になったのかしら…?(あんまり存在感ないからね。ふふ)

突然の質問に困った夫は「にんじん…」と答えておりましたが、正解はそれじゃないだろ。
といいつつ、なんて言えばいいのか、私も分かりません。

激セマな我が家を正確に表現する娘

激セマな我が家を正確に表現する娘

そんな娘ももうすぐ3歳。
最近では、激セマな我が家を「せまい、ふるい、さむい…家ね」と正しく表現してくれるようになりました。

「ぱこそん(パソコン)」「ぴりび(テレビ)」「バッベッキュ(BBQ)」などのかわいい、言い間違いも、いつかは聞けなくなるんだろうな。

とりあえず、我が家では股間のことを「にんじん」と呼ぶことになりました。


シャーミー
シャーミー

30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

都内のおんぼろ狭小借家に住んでいます。
(そして、ニックネームに反して、生粋の日本人です。)

素敵に暮らしたい気持ちはあるのに、素敵じゃないことばかり。
ほぼほぼ大雑把に生きていますが、たまにくよくよちんまり。
そんな日々をざっくりじわっとお送りいたします。

夫→40代。心に乙女(というかOL、たまに妖精)が住む。介護職。娘ラブ。
娘→2015年生まれ。成長曲線の一番上をひた走る、健康児。


金運占い燕京無料

-エンタメ, くらしの豆知識
-

関連記事

費用0円! 3日で効果!? ●●体操でほうれい線対策!

歳を重ねるごとに気になる、シワ・たるみの一つといえば顔の「ほうれい線」。 ほうれい線が顔にあるだけで、実年齢よりも老けて見えがちですよね。 本当ならしっかりケアをして、実年齢より若くしておきたい……で …

賞味期限を守らないと危険な食べ物

賞味期限を守らないと危険な食べ物

買ったはいいけど冷蔵庫に入れっぱなしだった食材。 賞味期限をみてみたら3日過ぎている…! そんなときアナタならどうしますか? 「ちょっとぐらいなら大丈夫~♪」 と安易に食べちゃっている方は要注意! 賞 …

冷え対策服装

ほおっておくと危険!?30代からの正しい冷え対策とは?

「冷えは万病のもと」よくいわれますが、女性が抱えがちな体の悩みの原因のほとんどは“冷え”にあるそうです。 頭痛も肩こりも生理痛も、うつ病までもが“冷え”からくるもの。 しかも、年齢とともに冷えやすい体 …

大人女子にこそ読んでほしい!「KISS」の名作マンガ4選!

大人女子にこそ読んでほしい!「KISS」の名作マンガ4選!

学園モノやファンタジー系の少女漫画から卒業したら、次にハマったマンガ雑誌は「KISS」でした。 あわせて読みたい記事 かつて少女だったすべてのアラサー・アラフォーに捧げる懐かしの90年代「りぼん」の漫 …

ボクたちのドラマシリーズ

あのドラマを覚えてる?90年代懐かしの「ボクたちのドラマシリーズ」

90年代前半に、ティーンズ向けに作られたフジテレビの「ボクたちのドラマシリーズ」 「放課後」、「時をかける少女」など数々の名作ドラマを生み出しました。 内田有紀をはじめ、ヒロインには当時売り出し中の若 …