家事ノート

こんなにサラサラ! 固まった「塩」「砂糖」を元に戻すワザ

投稿日:2018-07-18 更新日:

容器に入れていた「塩」が固まって、いざ料理をしようとしたら穴から出てこない――。このようなご経験、おありではないでしょうか。今回は、固まった調味料を元通りにするテクニックをご紹介します。

塩はしけると固まってしまう…

容器に入れていた「塩」や「砂糖」などの調味料が、いつの間にか固まって、穴から出てこなくなってしまった――。誰しも一度は、このようなご経験がおありのことでしょう。今回は、固まった調味料の戻し方、そして活用方法について、料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

フードプロセッサーでサラサラに

関口さんによると、そもそも塩はしけると固まり、砂糖はしけると、溶けてベタついた後に乾燥することで、アメのように固くなります。

固まった塩は、電子レンジで加熱して水分を蒸発させた後、袋などに入れて綿棒でたたきます。砂糖は、霧吹きで水分を吸わせたら、そのまま10分ほど置いてほぐしましょう。塩も砂糖もフードプロセッサーを使うと、よりサラサラになります。

それでは、固まった塩や砂糖を“そのまま”活用する方法はあるのでしょうか。

関口さんによると、塩は水に入れ、煮立てて液状化し、好きなハーブや香味野菜を入れておくと、香りの良い調味料として、サラダの味付けやお肉の下味、炒め物、パスタなどに使えます。塩の重さに対して水は5倍程度。水の一部を酢にしてもよいそうです。

一方、砂糖は重さの3倍程度の水で煮立てて溶かすと、ガムシロップ状になります。そのまま、シロップとして飲み物や食べ物に使用できます。

 

(オトナンサー編集部)


ライター:関口絢子(せきぐち・あやこ)
料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

薄毛とマイナス思考の原因は「便秘」にあった

便秘と薄毛とマイナス思考――。一見すると、無関係のようにも思える3者ですが、実は大きな関係性がありました。 薄毛の恐怖だけでなく性格もネガティブに… 「便秘になると、薄毛のマイナス思考人間になる可能性 …

雨なら昼間でもライト点灯 レースの世界でも重要な「知らせる」光の役割

昼間の時間でも、雨の時は自分の存在を「知らせる」ヘッドライトを使うことが重要だと、熊本県警が呼びかけています。どのような理由なのでしょうか。 雨の日の事故原因、「発見の遅れ」  明るい昼間でも、雨が降 …

朝起きられない人は「ガバッと起きずにゴロゴロするとよい」に共感の声、専門家の見解は?

朝、ガバッと起きずに、ゴロゴロと体を動かしてから起きると起きやすい――。SNS上で先日、このような見解が話題と共感を呼びました。科学的に見て、正しいと言えるのでしょうか。専門家に聞きました。 &nbs …

深い味わいに! ひと晩寝かせた「カレー」がおいしいワケ

家庭料理としても人気の「カレー」はなぜ、作ったその日よりも、ひと晩寝かせたほうがおいしいのでしょうか。この素朴な疑問を、「洋食のプロ」にぶつけてみました。 家庭料理の定番の一つ「カレー」 家庭料理の定 …

暖房と乗りもの酔い、関係あった 冬の車内や機内、暖かすぎて酔うメカニズムとは

クルマや列車、飛行機などの暖房によって乗りもの酔いしやすくなるというのは本当なのでしょうか、製薬会社に話を聞きました。 暖かい車内が体調悪化を促進? クルマや列車、飛行機など、冬場は暖房が使用されます …