子育て 心のケア

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

投稿日:2018-07-01 更新日:

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

登園を嫌がって毎朝泣いている子を多く見かけます。

入園したてで戸惑う子、クラス替えして馴染めない子、弟や妹ができて赤ちゃん返りしている子…理由はそれぞれ。

幼稚園バスを見ると全力で抵抗して泣き、先生はママから引きはがしてバスに乗車させます。保育園では、何とかママが連れて行き、泣く子を先生にお願いしたら、後ろ髪を引かれながらも会社に行くしかありません。

そのうち慣れると思っても、長引くと親は大変。働くママは出勤時間に追われて焦り、幼稚園ママは急遽自分で連れて行くなどの対応を迫られます。では、どうすればいいでしょうか?

わからないなりに子どもの心の声を探る

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK
乳幼児にとっては、「親と離れて毎日通っている」というだけで、十分頑張っています。

慣れない中で気を張って、急に寂しくなり、ママの愛情が今までのように感じられていないのかもしれません。

まず理由を訊いて、新しいクラスが苦手なら先生に相談し、給食が苦手な子には「食べなくてもOK」と許容範囲を広げたりして、負担を軽くしてあげると良さそうです。

でも、理由をきちんと伝えられなかったり、別の理由を言ったりすることもあります。よくわからなくても、抱き締めて根気よく子どもの話を聞いてみてはどうですか。

「ママがいつでも話を聞いてくれる。ママは味方」と子どもに伝われば、根本的な解決がすぐできなくても、少しずつ安定してくるかもしれません。

思いきって休んでみた!

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK
私も、どうしても嫌がる子を無理矢理登園させていました。

休んだら休み癖がついて、ずっと登園できなくなったら困る!」と思っていたからです。
息子の場合は、妹ができてからママを独占できず不安定になり、登園も大変に。

そんな時、先生からの助言もあって私も気持ちを切り替え、「登園があまりにも大変だったらこの日は休ませよう」という日をあらかじめ決めました。

当日は「またゴネ始めたな」と感じたらすぐお休みを提案。こちらも早々に気がラクになります。そして「今日休む代わりに、明日は行くよ」と話すと、子どもは嬉しそうに「ハーイ」とにっこり。

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

その日は子どものペースで、子どものしたいことに集中し、気が済むまで遊びました。根本的な解決をしたわけではないのですが、満足したのか、翌日は不思議とすんなり登園。その後も徐々に良い方向へと向かったのです。

働くママは難しいかもしれませんが、何とか調整して1日でも付き合ってみてください。

幼稚園ママは「登園させなきゃ!」なんて思わずに、子どものペースで過ごしてみては。お互いに心が安定して気持ちが軽くなるかもしれないですよ。

<参考>
ママテナ


カサンド蘭子
7歳男児、3歳女児、44歳夫と4人家族で、育児・家事に翻弄される毎日。13年勤めた会社を退職後、現在は月刊誌の取材・執筆・撮影に携わる。一方で子供に関わる社会問題にも関心を寄せる。好きな食べ物はマカロン。


青木泉蓉あおきせんよう無料占い結婚運命

-子育て, 心のケア

関連記事

子どもの習い事は親の自己満足?娘のピアノレッスン拒否からの学び

今の子どもは、小さい頃から多くの習い事をしています。 友達と遊ぶ時間もないほど毎日何か習い事をしている子どもも、少なくありません。 「子どもには色々なことを早くから経験させて、可能性を見出してあげたい …

産後お悩み解決会話

【実態調査】子どもの発育や発達で気になることはありますか?

最近TVやネットでも取り上げられることが多くなった「発達障害」について。 日本の行政上では、発達障害者支援法が定める 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(A …

男女の発達の違い男の子叱り方

【体験談】子どもがグズった時ほど親の遊び心が効果的だった話

皆さんは子どもがグズった時、どのように対応していますか? 叱っていますか? なだめていますか? もしかしたらその方法、心の折れやすい子どもを育てるきっかけになっているかもしれません。 成長過程を知る! …

【キレる子ども】生活の乱れが原因だった!?

子どもが成長を重ねるたびに可愛さが増していきます。 その反面「いつの間にこんな口答えできるようになったんだろう」と思ってしまいます(笑) 反抗期はいつか来る。 しかし「キレやすい子ども」に育たないよう …

私が二人目の育児で「失敗した」と思うこと

息子が2歳4か月の時に娘が生まれました。 夢にまで見た2人目! 今日からは家族4人の生活が始まる。 大変なことも多いだろうが、楽しいことはきっと何倍もあるはず! そう思った2人目誕生でした。 が、私に …