子育て 心のケア

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

投稿日:2018-07-29 更新日:

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」
子育てしていると、自分が子どもの頃のことをよく思い出します。
筆者は、母から「大好きだよ」「可愛いね」などと言われたことがなく、母に褒められた記憶はほとんどありません。
優しくて一生懸命家事をする真面目な人でしたが、母を思い出そうとすると、いつも家事ばかりしていたので表情がよくわからず、顔の辺りがぼんやりとした「のっぺらぼう」なんです。

そのせいだけではないと思いますが、私は昔から自己肯定感が低く、自分の性格もよくわからず、心が混乱。自分の良い点は一つも言えませんでした。

ふと今我が子を見ていると、幼い頃の自分と重なり、急に当時の気持ちになって、母に言ってほしかったことに気づきます。皆さんもそんな経験ありますか?

「のっぺらぼう」は時代も家庭環境も影響している

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

そんな母に、あまり肯定的な言葉をかけてもらえなかったことについて、考えました。

時代は遡りますが、母の両親は明治・大正生まれ。戦後すぐに生まれた母が子どもの頃は、家族が生きていくのに精一杯でした。ただ食べていくのに必死で、コミュニケーションがどうのとか、伝え方とか、自己肯定感とか、考えることもなかったと推測します。

そんな中、母自身もまた、大好きとか、可愛いとか、褒め言葉などを言われないまま大人になり、現在のように本やネットで子育て情報を得ることもなく、ひたすら家事と育児をしてきました。

それが当たり前だったし、正しかったと母は思っていると思います。

子育てしてやっと気がついた母の気持ち

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」
我が子は、とてつもなく可愛い存在ですよね。
子どもが夢中で食べている時、一生懸命歌っている時、無邪気に踊っている時、笑顔で走っている時、スヤスヤ寝ている時…。つい目を細めて眺めてしまいます。

そんな微笑ましいひとときに、母が頭によぎって気持ちが交錯しました。
『あ・・・母も私が子どもの頃、こんな風に私を見ていたのかな? 言葉にしなかっただけで、こんな温かい気持ちで見守っていてくれたのかな?』と、初めて気づきました。

私に素直な気持ちや特別なことは何も言ってくれなかったけど、悪気はなかったのです。長い年月を経てようやく気持ちが伝わってきたのは、子どもたちのお陰です。

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

それからは、息子と娘を見るたびに「私もこんなに可愛かったんだなぁ」と、自画自賛(笑)。
二人には、毎日ごく自然に「可愛いね」「大好き」と言っています。

「毒母」というほどでなくても、母親との関係を思い起こしながら子育てをすると、心の片隅にいる子どもの頃の自分、ちょっぴり傷ついたり満たされない自分を癒すヒントや、母親の想いに気づくことができるかもしれません。

<参考>
AERA.dot、産経ニュース、女性の美学


カサンド蘭子
7歳男児、3歳女児、44歳夫と4人家族で、育児・家事に翻弄される毎日。13年勤めた会社を退職後、現在は月刊誌の取材・執筆・撮影に携わる。一方で子供に関わる社会問題にも関心を寄せる。好きな食べ物はマカロン。


青木泉蓉あおきせんよう無料占い結婚運命

-子育て, 心のケア

関連記事

「落ち着きのない子供」原因はあの成分が足りないから?

今日は子連れでママ友と外食。 そんな時、落ち着きなく店内を歩きまわってしまったのは、なんとうちの子だけ! 「うちの子供だけ、どうして落ち着いて座っていられないのかしら……」 こんな悩みを抱えているママ …

私はモンスターペアレント…? 保育園の対応にどこまで言う?

保育園や幼稚園に不満があっても、モンスターペアレントだと思われることを恐れて、言いたいことを言えないママも多いよう。 そこで今回はママから寄せられたモンスターペアレントについての質問をピックアップ! …

芸能人の子がこぞって通う「インターナショナルスクール」とはどんなところ?

木村拓哉さんの娘も通ってた!「インターナショナルスクール」とはどんなところ?

インターナショナルスクールと聞いて浮かぶのは、まず芸能人のお子さんが多く通っているというイメージではないでしょうか? 芸能人たちがこぞって子どもを通わせるインターナショナルスクールとは、どんな学校なの …

「ママを取られた!弟・妹ばかりズルイ!」複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

「いつも弟の味方ばかりする!」 「妹にばかり甘い!」 弟や妹をもつ兄・姉なら1度は抱いたことのある感情ではないでしょうか。 一方、ママにしてみると「兄弟・姉妹は平等に接しているのに」と、嫉妬の炎に燃え …

子どもの作品,捨てる

子供の作ったものをすぐ捨ててませんか? 逆断捨離と捨てない勇気が「〇〇感」をサポート!

断捨離が流行っても、子育て世帯はすぐ物で溢れます。子供が嫌がって捨てられず、こっそり捨てたり(笑)。 しかし、親目線ではつまらないオモチャや壊れかけた制作物でも、「大事にとっておく」という行為が、もし …