もしかして我が子もそうなってしまう…?「アダルトチルドレン」って?

投稿日:2018-06-05 更新日:

もしかして我が子もそうなってしまう…?「アダルトチルドレン」って?

アダルトチルドレン」とは、「子どもっぽい大人」や「大人っぽい子ども」という意味ではなく、「機能不全家族の中で育ち、成人した人」のことをさします。

アダルトチルドレンは、自己肯定感が低い、人と親しくなるのが苦手、人に甘えたり頼ったりSOSを出すことができない、人に嫌われないかいつも不安などの葛藤を抱え、「生きづらさ」を感じながら生活します。自己否定を繰り返すと、精神疾患を招くことも……。

アダルトチルドレンになってしまう原因とは?

もしかして我が子もそうなってしまう…?「アダルトチルドレン」って?

Weblio辞書には、

親の虐待、不仲、感情抑圧などによる機能不全の家庭で育ち、外傷体験を持った大人。また、その影響を自覚する人。親の問題の責任を負おうとする、自己評価が低い、親密な関係が苦手などの特徴が指摘され、適応上の困難を持ちやすい
引用:Weblio辞書
URLhttps://www.weblio.jp/content/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%B3

と書かれています。

機能不全家庭は、親の有害な習慣、精神疾患、虐待などによって、健全な家庭運営が崩壊している状態だそうす。

「うちは機能してる。問題ない」と思う方も多いと思いますが、ニュースになるような深刻なケースでなくても、しつけとして叱ったり怒ったりすることは、子育て中なら日常茶飯事。

罵声を浴びせるまでいかなくとも、親がかけた言葉で相手が傷ついていれば、「言葉の暴力」=「心理的虐待」とも考えられます。それがトラウマとなった結果、アダルトチルドレンになる可能性があるとすれば、他人事ではありません。

我が子をアダルトチルドレンにしないために親としてできること

もしかして我が子もそうなってしまう…?「アダルトチルドレン」って?
しつけが言葉の暴力になってしまっていないか、今一度考えてみましょう。

なんでできないの? 〇〇ちゃんはできてるのに」など、お友達や兄弟姉妹と比較していないか?
いい子にしない子はダメ、嫌い」などと言って、いい子にしていれば愛してあげるような、条件付きでの愛情を示していないか?

できなかったら家から追い出す」など、厳し過ぎたり脅し過ぎたりしていないか?
言った通りにしないとイライラして怒っていないか?

子どもの気持ちを無視してコントロールしようとし、文句を言っていないか?
叱るのに、褒めていないのではないか?

しつけのつもりでも、受け止める側が傷ついてしまうと「何かが満たされない、消化不良の感情」をもったまま成長してしまいます。

もしかして我が子もそうなってしまう…?「アダルトチルドレン」って?

また、逆に何も言わないことが、子どもにとっては無関心に見えて愛情を感じられないこともあるそうです。

我が子の心がうまく成長し、自己肯定感をもって生きやすくなるよう、親としては過度に期待せずに見守り、子どもが満足するまで愛情や安心感を繰り返し与え続けるとよいそうです。

【参考】
リタリコ 発達ナビ、ママテナ、Taking a STAND(フォレスト出版)、特定非営利活動法人 日本トラウマ・サバイバーズ・ユニオン

<出典>
Weblio辞書(三省堂 大辞林)


カサンド蘭子
7歳男児、3歳女児、44歳夫と4人家族で、育児・家事に翻弄される毎日。13年勤めた会社を退職後、現在は月刊誌の取材・執筆・撮影に携わる。一方で子供に関わる社会問題にも関心を寄せる。好きな食べ物はマカロン。


青木泉蓉あおきせんよう無料占い結婚運命

関連記事

9歳女児が卵巣摘出⇒冷凍保存。15年後、無事出産!

突然、「子供が産めないかもしれない」と言われたら… 女性であれば、『いつか』妊娠できると思っている方がほとんではないでしょうか。 しかし、重い病気にかかったことで医師から「将来子どもが産め …

私が二人目の育児で「失敗した」と思うこと

息子が2歳4か月の時に娘が生まれました。 夢にまで見た2人目! 今日からは家族4人の生活が始まる。 大変なことも多いだろうが、楽しいことはきっと何倍もあるはず! そう思った2人目誕生でした。 が、私に …

【体験談】私が子育てに悩んだ本当の理由を打ち明けます

真っ暗なトンネルの中をずっと歩いている気がする 頭の中にこの言葉が浮かんだのは長男が生まれて3か月たった頃でした。 私は日々の疲れと、睡眠不足と、精神的ストレスで限界にきていました。 長男は本当よく泣 …

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法

今の子ども達は保育園・幼稚園の時から習い事で追われる日々を過ごしています。 英語、硬筆、ピアノ、スイミング…。 どれも子ども達の可能性を考えた習い事。 そして、子ども達の可能性を考えれば考えるほど、お …

【第4話】コロナで緊急事態宣言が出されても…

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 当たり前ですが365日を淡々と過ごすって簡単なようでとても大変なことだと思います。 特に今はコロナウイルスの影響で普通の生活 …