家事ノート

イヤな臭いを撃退! 自宅で簡単に消臭スプレーが作れるウラ技

投稿日:2018-06-12 更新日:

玄関やトイレ、排水口など家庭の悪臭スポットに、市販消臭剤を使っている人も多いことでしょう。しかし、自宅で簡単に作れる「自家製消臭スプレー」なら節約にもなるため、一度試してみる価値がありそうですよ。

嫌な臭い対策に不可欠の消臭スプレー

 

お家の嫌な臭いといえば、「玄関」「トイレ」「排水口」が“三大スポット”と言えるでしょう。その対策として、それぞれの場所専用の消臭剤を購入している人も多いことと思います。しかし、誰でも自宅で簡単に消臭スプレーを作る方法があります。

教えてくれるのは、臭気判定士(におい刑事)として知られる、共生エアテクノ代表の松林宏治さんです。

 

玄関の悪臭、その原因は低級脂肪酸

まずは家族以外の人が立つことも多い玄関から。松林さんによると、玄関の臭いの原因は、靴の中に繁殖した雑菌が発生させる低級脂肪酸です。低級脂肪酸の成分は納豆の臭いと同じで、対策としては、靴の中にエタノールスプレーを噴射して除菌します。

エタノールスプレーは、濃度60~80%のエタノールをスプレーボトルに入れるだけでオーケー。臭いが強い場合は、スプレー後にしっかりと天日干しするか、日陰でも風通しの良い場所で乾燥させるのが効果的です。

続いてトイレの臭いです。その主な原因はアルカリ性のアンモニアで、これは尿の成分である尿素が空気中の細菌によって分解されることで発生します。アンモニアに対しては、酸性のお酢スプレーが有効です。お酢スプレーは、100ミリリットルのお酢と400~500ミリリットルの水をスプレーボトルに入れるだけ。

最後は排水口です。この悪臭は汚水によって発生する、ゴミ箱や三角コーナーの生ごみが腐敗して発生する硫化水素系の臭いです。ここで効果を発揮するのが重曹スプレー。アルカリ性の重曹が、酸性の汚水の臭いを中和してくれます。臭いが強ければ、重曹を直接振りかけます。重曹スプレーは、重曹大さじ1杯と500ミリリットルの水をボトルに入れて混ぜれば完成です。

ちなみに、エタノールスプレーはカビ、お酢スプレーはペット、重曹スプレーは洋服の皮脂汚れの臭いなどにも有効だそう。自家製なので、家計も大助かりですね。

 

(オトナンサー編集部)


ライター:松林宏治(まつばやし・こうじ)
臭気対策コンサルタント、株式会社共生エアテクノ代表取締役、臭気判定士/におい刑事(デカ)
1976年名古屋市生まれ。南山大学卒。悪臭漂う大きな工場の臭気対策から一般家庭の身近なニオイのトラブルまで、毎月100件近く寄せられる「におい110番」に対応している臭気判定士。多くの「におい事件」を解決していることから、通称「におい刑事」としてテレビなどのメディア出演も多数。2003年創業の臭気対策専門会社、共生エアテクノ(http://www.201110.gr.jp/)代表取締役。著書に「ニオイで女性に嫌われない方法」(http://quickbooks.impress.jp/?p=4183)。公式ブログ「におい刑事のにおい110番ブログ」(http://ameblo.jp/nioideka/)。

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

家計をお助け! ご主人の「お小遣い」を減らせる交渉術

夫婦であれば必ず付きまとう、夫の「お小遣い」問題。その金額の多さに悩んでおられる奥様も多いことと思いますが、今回はそんな方に向けて、家計のプロであるファイナンシャルプランナーが「減額の交渉術」をお教え …

老舗メーカー直伝“タイツをきれいに履く方法”が意外すぎて話題に「知らなかった」

老舗メーカー直伝“タイツをきれいに履く方法”が意外すぎて話題に「知らなかった」 ストッキングなどの製造販売を行う「福助」が紹介した「タイツをきれいに履く方法」がSNS上で話題に。驚きの方法について「知 …

捨てないで! お掃除にも使える「リンス」の驚くべきパワー

余ってしまったリンスをどう処理すべきか、悩んでしまったことはありませんか。浴室にずっと放置することもできないし、捨てるのはもったいないし……そんな時にオススメの活用法があります。 意外なほどに用途が広 …

「靴に10円玉を入れると臭いが消える」は本当なのか

毎日は洗えないため、蓄積する臭いが気になる靴。その手軽な消臭方法として「10円玉を靴の中に入れる」というものを耳にしますが、実際のところ効果はあるのでしょうか。 (毎日は洗えないため臭いが気になる靴) …

「予防接種したら入浴禁止」は本当? お医者さんに聞いてみた

インフルエンザの季節が近づき「そろそろ予防接種を…」という人も多いことでしょう。予防接種といえば「当日は入浴できない」という、一種の“迷信”めいた言説が有名ですが、その真偽の程はどのようなものでしょう …