家事ノート

プロ顔負け!? 「100均包丁」を驚くほど切れ味抜群にする方法

投稿日:2018-05-31 更新日:

「包丁は100円ショップ」という人も多いことでしょう。しかし「安いから切れ味が悪いのは当然」と諦めていませんか。実は、100均包丁も正しく研げばプロの料理人顔負けの切れ味を発揮することができます。

「100均包丁」も研ぎ方次第で切れ味抜群になる

食材から生活用品まで何でもそろう、お得で便利な100円ショップ。中でも「包丁」は、大手メーカーのものだと数千円するため、100円ショップで買っているという人も多いはずです。

「安いから切れ味が悪いのは仕方ない」――。そう半ば諦めながら“100均包丁”を使用している、そこのあなた。実はしっかりと研ぐことで、プロの板前さんも驚く(?)切れ味抜群の包丁に生まれ変わらせることができます。

「砥石」を使うのがポイント

今回、オトナンサー編集部の取材に応じてくれたのは東京・合羽橋の料理道具店「飯田屋」の飯田結太専務です。

飯田さんによると、100円包丁は「砥石」を使って研ぐことがポイント。電動シャープナーは便利ですが、刃先をギザギザにして食材に引っかかりやすくなるように研ぐため、切れ味は良くなっても刃を傷めてしまうといいます。

砥石は通常「荒砥(あらと)」「中砥(なかと)」「仕上げ」の3種類。それぞれ粒子の粗さが異なり、プロの板前さんは荒砥→中砥→仕上げの順番で3種類を使うそうですが、家庭であれば、中砥で研ぐだけで十分。コツは包丁と砥石の間に10円玉が2~3枚入るような角度にすることです。

しっかりと研げば、水が入った500ミリリットルのペットボトルも日本刀のようにひと振りで切れるように。ただし、100均包丁は高い包丁より硬さがないため、同じ切れ味を何回も持続するのは難しく、切れ味を復活させるにはもう一度研ぐ必要があります。

(オトナンサー編集部)


▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

おにぎりは「ラップ」で包むべきか、「アルミホイル」で包むべきか

お弁当の主食に「おにぎり」を作ることは多いはずですが、その包み方は「ラップ派」と「アルミホイル派」に分かれます。しかし「お米のプロ」によると、この両者には明確な優劣があるようです。   おに …

子どもと満席の電車にいたら、高齢者に席を譲られ…お言葉に甘える? 断る? どうすべき?

満席の電車やバス内で高齢者と居合わせた場合、子連れの親はどのように振る舞うべきなのでしょうか。 高齢者と幼児、着席の優先度が高いのは? 親子で電車やバスに乗った際、高齢者に席を譲られ「子どもを座らせて …

電気代は部屋の「色」を変えて節約できる!?

視覚を通じて人にさまざまな効果をもたらす「色」ですが、今回は、お部屋の色使いを変えることで電気代を節約するテクニックをご紹介します。ヒントは「寒色系」「暖色系」という考え方です。 「色」を利用した電気 …

こんなにサラサラ! 固まった「塩」「砂糖」を元に戻すワザ

容器に入れていた「塩」が固まって、いざ料理をしようとしたら穴から出てこない――。このようなご経験、おありではないでしょうか。今回は、固まった調味料を元通りにするテクニックをご紹介します。 塩はしけると …

凍ったフロントガラス、熱湯かけると危険? 効果的な除去方法は

寒い日の朝、停めていたクルマのフロントガラスに霜がつくことがありますが、お湯をかけてこれを溶かすのは危険です。効果的に除去するにはどのような方法があるのでしょうか。 傷のあるフロントガラスならば、もっ …