家事ノート

プロ顔負け!? 「100均包丁」を驚くほど切れ味抜群にする方法

投稿日:2018-05-31 更新日:

「包丁は100円ショップ」という人も多いことでしょう。しかし「安いから切れ味が悪いのは当然」と諦めていませんか。実は、100均包丁も正しく研げばプロの料理人顔負けの切れ味を発揮することができます。

「100均包丁」も研ぎ方次第で切れ味抜群になる

食材から生活用品まで何でもそろう、お得で便利な100円ショップ。中でも「包丁」は、大手メーカーのものだと数千円するため、100円ショップで買っているという人も多いはずです。

「安いから切れ味が悪いのは仕方ない」――。そう半ば諦めながら“100均包丁”を使用している、そこのあなた。実はしっかりと研ぐことで、プロの板前さんも驚く(?)切れ味抜群の包丁に生まれ変わらせることができます。

「砥石」を使うのがポイント

今回、オトナンサー編集部の取材に応じてくれたのは東京・合羽橋の料理道具店「飯田屋」の飯田結太専務です。

飯田さんによると、100円包丁は「砥石」を使って研ぐことがポイント。電動シャープナーは便利ですが、刃先をギザギザにして食材に引っかかりやすくなるように研ぐため、切れ味は良くなっても刃を傷めてしまうといいます。

砥石は通常「荒砥(あらと)」「中砥(なかと)」「仕上げ」の3種類。それぞれ粒子の粗さが異なり、プロの板前さんは荒砥→中砥→仕上げの順番で3種類を使うそうですが、家庭であれば、中砥で研ぐだけで十分。コツは包丁と砥石の間に10円玉が2~3枚入るような角度にすることです。

しっかりと研げば、水が入った500ミリリットルのペットボトルも日本刀のようにひと振りで切れるように。ただし、100均包丁は高い包丁より硬さがないため、同じ切れ味を何回も持続するのは難しく、切れ味を復活させるにはもう一度研ぐ必要があります。

(オトナンサー編集部)


▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

子どもの送迎や宿題も! ベビーシッターは夫婦の救世主になるのか

ベビーシッターのマッチングサービスを行うキッズラインが「夫婦の時間の過ごし方」に関する調査結果を発表。夫婦2人で「週1回以上」外食すると答えた夫婦はわずか1.3%で、同社は「夫婦の『理想』と『現実』の …

冷やご飯はNG! おいしい冷凍のコツは「炊きたてを」「ふんわりと」

食べられると思って炊いたのに余ってしまったご飯。後日のために冷凍保存している人も多いと思いますが、そんな人のために、味を落とさずに食べるための保存・解凍方法をご紹介します。 (ご飯をおいしく食べるため …

「NHK受信料はワンセグも対象」司法判断にさまざまな声「NHKは営業妨害」「iPhone買うしかない」

ワンセグ付き携帯を持つだけでNHKが受信契約を義務づけるのは不当だとして、葛飾区議の男性が契約の無効確認などを求めた裁判は昨年末、東京地裁が請求を棄却。これを受け「iPhoneに替えるわ」などの声が上 …

ワイシャツの襟が真っ白に! 自宅でできる簡単クリーニング法

いつもきれいに着たい白ワイシャツですが、大敵は襟元の頑固な汚れです。しかしクリーニングに出すのはお金がかかるし、そもそも汚れが落ちる保証はない――。そんな悩めるあなたに、家庭で簡単にできる洗濯法を教え …

追い焚きユーザーは要注意! ひと晩放置したお風呂は菌が2000倍、人体への影響は?

浴槽を毎日洗う必要がなく節約にもつながる、お風呂の追い焚き機能――。便利なので、ついついヘビーユーズしている人も多いことと思いますが、そこには危険性も潜んでいるようです。 お風呂のお湯を取り替えずに放 …