子育て 心のケア

自分に自信が持てない子どもが増加!?簡単な解決法とは

投稿日:2018-11-17 更新日:

【我が家流】子どもの自己肯定感を楽しく育てる方法
「自分に自信が持てない」
「失敗したくないから挑戦しない」

このように考える子ども。原因は何だと思いますか。

1つは自己肯定感の低さだと言われています。

子どもの自己肯定感はなぜ低くなる?

子どもの自己肯定感はなぜ低くなる?
自己肯定感0歳~6歳までに形成されるそうです。

この期間に「ありのままの自分」を親や環境に受け入れてもらえず抑圧されると、自己肯定感の低い子どもに成長する可能性が増すようです。

子どもの自己肯定感を高めるには?

子どもの自己肯定感を高めるには?
  1. 「私は愛されている」と実感させる。
  2. 「やればできる!」を体験させる。

そう。
子どもに対する親の接し方次第なのです。

我が家の「自己肯定感アップ作戦」

我が家の「自己肯定感アップ作戦」

我が家では、子どもと楽しみながら「親が子どもを認める」を実戦しています。

その名も「ほめほめゲーム」

やり方はとっても簡単。

  1. 誰を褒めるか決める。
  2. その人の好きな所や良い所を言っていく。

これだけです。

例えば「パパほめほめゲーム」の時には

長男「お仕事頑張ってくれる」
長女「絵本読んでくれる」
ママ「たまにご飯作ってくれる」

と順番に褒めていきます。

慣れてきたらリズムに合わせてやると更に盛り上がります。

これが、結構楽しくて。
子どもから出てくる言葉に感動したり癒されたりするんです。

何より、褒められることによって「自分は必要な人間なんだ」と感じます。

子どもの自己肯定感。
家族で楽しみながら育んでみませんか?


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


林緋沙子無料占い死に際まで見える生涯あなたと一緒にいる人

-子育て, 心のケア
-

関連記事

発達障害がある子どもとの接し方

【Part2】発達障害は“障害”ではない!?「発達障害がある子どもとの接し方」

前回の【Part1】発達障害は“障害”ではない!?「有名人・偉人たちにみる発達障害」では、発達障害を持つ人たちがどうしてその「障害」を感じさせず、成功をできたのか?という点について説明しましたね。 そ …

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

不登校は予期せぬタイミングで始まります。 昨日まで学校に通っていても突然通えなくなるのが不登校なのです。 おそらくママからしてみれば、なぜ学校に行ってくれないのか、ウチの娘はずっと家でゲームしているの …

もしかして我が子もそうなってしまう…?「アダルトチルドレン」って?

もしかして我が子もそうなってしまう…?「アダルトチルドレン」って?

「アダルトチルドレン」とは、「子どもっぽい大人」や「大人っぽい子ども」という意味ではなく、「機能不全家族の中で育ち、成人した人」のことをさします。 アダルトチルドレンは、自己肯定感が低い、人と親しくな …

【感動】バス車内で泣きやまない赤ちゃん。運転手の心温まるアナウンスが話題に

バスや電車の中で突然赤ちゃんが泣きだす光景は誰でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 あの手この手で何とか赤ちゃんをなだめようとしてもまったく泣きやまずに、気まずくなって結局途中下車してし …

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

子育てしていると、自分が子どもの頃のことをよく思い出します。 筆者は、母から「大好きだよ」「可愛いね」などと言われたことがなく、母に褒められた記憶はほとんどありません。 優しくて一生懸命家事をする真面 …