子育て 心のケア

忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

投稿日:2018-09-24 更新日:

忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

「仕事と家事に時間を取られて子どもに関わる時間が少ない。」
「子どもに寂しい思いをさせてしまっている。」

子育てしながら働くママであれば、誰もが一度は思うことではないでしょうか。

  • 家族が一番。
  • 子どもが大切。
  • と頭の中ではわかっていても、仕事を持つ社会人としての責任もある。

    育児に使える時間の少なさに悩むママもいることでしょう。

    でも、大丈夫!

    「3分」子ども達の心が大きく変わります。

    今日は忙しいママだからこそ出来る3分間育児について紹介したいと思います。

    【忙しいワーママにおすすめ】「3分間育児」とは?

    【忙しいワーママにおすすめ】「3分間育児」とは?

    文字通り「3分間でできる育児」です。

    「3分で何が出来るの?」
    と思うかもしれません。

    しかし、「3分」という短い時間でも、工夫をすることで子どもと濃いコミュニケーションをとることができるのです。

    【3分育児】絵本を1冊だけ読んでみる。

    【忙しいワーママにおすすめ】「3分間育児」とは?

    例えば読み聞かせ。
    絵本を毎日何冊も読むとなると、ただでさえクタクタなお母さんも疲れ果ててしまいます。
    でも”今日の特別な一冊”を子どもに決めさせて、そのスペシャルな一冊だけを読む。

    子どもはその特別な一冊を選ぶという”ワクワク感”が生まれます。
    お母さんとの絵本の時間をとても楽しい記憶として残ると思います。

    【3分育児】自転車の練習を3分間だけやってみる。

    【3分育児】自転車の練習を3分間だけやってみる。
    また、ちょっと大変だけど自転車。
    毎日3分の練習をすれば、いつか乗れる日がきます。

    「一緒に自転車の練習をしてくれた!」
    「ママは忙しくても応援してくれた!」
    「自分はママに愛されている!」

    毎日3分の自転車練習は子どもの中で鮮やかな記憶として刻まれます。

    そして、子どもに自己肯定感が芽生えます。

    子どもの自尊心を満たすことが大切

    3分あれば、

  • 子どもに語りかけることができます。
  • 子どもと遊ぶことができます。
  • 子どもを抱きしめることができます。
  • 育児で大切なことの1つは、子どもの自尊心を満たすことです。

    毎日忙しいママ。

    限られた時間で子どもに対してプラスとなる育児ができるか。

    密度の濃い育児も1つの方法かもしれません。


    まゆみ
    二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
    長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
    その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
    子育て応援「ZEROSAI」



    水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

    -子育て, 心のケア
    -

    関連記事

    【まさか私が毒親?】モラ母が子供を不幸にする3つの特徴

    女友達と一緒にランチをする時には、彼女の子供も一緒という機会が増えています。 自分の命よりも大切な大切な、我が子。 そんな思いで子供のために毎日頑張っている彼女たちのことを、私は尊敬しています。 一方 …

    「ごめんね」「いいよ」のやりとりは子どもの心を押さえつける?

    小さな子ども達の間で繰り返される「ごめんね」「いいよ」。 年少さんくらいまでは「ごめんね」「いいよ」と素直に繰り返されていくのですが、年中さんくらいになると自分の意志が芽生えてきます。 「私のせいじゃ …

    【子どもの視力】もしかして見えてない?長女の目の異変~斜視と近視~

    現在10歳の長女は、3歳の時に「斜視」と「近視」があることがわかりました。「テレビの見方がおかしい」とはじめて感じたのは長女が2歳の頃。 その後、3歳児健診を受けて異常が発覚、そこから眼鏡を作るまでの …

    子育て上手な親になるための、たった1つの方法。

    「素敵な子どもに成長させてあげたい」 親なら誰もが願うことではないでしょうか。 どんな子育てをすれば良いのか、子育て上手な親になるにはどうすれば良いのか。 そう考える日々が続いた頃、子どもが小学校に上 …

    「落ち着きのない子供」原因はあの成分が足りないから?

    今日は子連れでママ友と外食。 そんな時、落ち着きなく店内を歩きまわってしまったのは、なんとうちの子だけ! 「うちの子供だけ、どうして落ち着いて座っていられないのかしら……」 こんな悩みを抱えているママ …