子育て 心のケア

壁を乗り越える子どもに育てるには「ファンタジー」が大切

投稿日:2018-09-08 更新日:

壁を乗り越える子どもに育てるには「ファンタジー」が大切

何かを始めてもすぐに泣いてしまったり、諦めてしまったりする子ども。

「うちの子は大きくなったら大丈夫かしら…?」

そんな風に親なら一度は思った事があると思います。でも大丈夫!

子どもはそうして経験を重ねて学んでいきます。

親は子どもの心に寄り添うだけで成長していくものです。

しかし、ただ見ているだけでは普通に体が成長するだけで、心の成長厚みは出ません。

【壁を乗り越える子ども】なぜファンタジー体験が大切なの?

【壁を乗り越える子ども】なぜファンタジー体験が大切なの?

ファンタジー、つまり物語を体験させてあげるということです。

例えば、友達から手作りのものを貰いましたが「こんなの趣味じゃない」とあなたが捨ててしまったとします。

あなたは何も思わず捨てたかもしれませんが、実はその手作り品は引っ越しでもう会えなくなるので思い出に…と、友達が寝ないで作ってくれた品だと知ります。

あなたは後悔しませんか?
最初から知っていれば捨てなかったかもしれません。

これが物語です。

ただ手作り品を貰ったではなく、もう会えない自分のために寝ずに作ってくれた品だと価値が変わります。

世の中、全てに物語があります。
お父さん、お母さん、友達、食卓に並ぶ料理、空や雲。

では、その物語を子どもが体験すると、どうなるのでしょうか?

身近な人の物語が一番リアルで感動する

身近な人の物語が一番リアルで感動する

一番簡単にファンタジーを体験することができるのは絵本です。

絵本の中には

  • 正義
  • 友情
  • 悲しみ
  • 喜び

いろんな物語が溢れています。

しかし、もっと感動するのは自分の親の物語

「お母さんの小さかった頃はね…」
「お父さんの飼っていた犬はね…」

子ども達は親が自分たちと同じような時代があったことを知るとその時代のことを想像し、共感し、感動します。

養われた想像力は成長した時に大きく役に立ちます。

壁にぶつかった時に「私なんか…」と思うのではなく、どうすれば壁を乗り越えることができるかイメージすることができるようになります。

子どもにファンタジーを体験させてあげることは、とても必要素敵なことなんです。

そして、子どものファンタジー体験意味のあることなんだと、私は思います。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」



水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

-子育て, 心のケア
-

関連記事

発達障害がある子どもとの接し方

【Part2】発達障害は“障害”ではない!?「発達障害がある子どもとの接し方」

前回の【Part1】発達障害は“障害”ではない!?「有名人・偉人たちにみる発達障害」では、発達障害を持つ人たちがどうしてその「障害」を感じさせず、成功をできたのか?という点について説明しましたね。 そ …

【朝の支度が遅い】ADHDやアスペルガー症候群の「過集中」が原因かも?

子どもの支度が遅い、と悩んだことはありませんか? 保育園や幼稚園、小学校の登校前やおでかけの時など、支度が遅くなかなか準備が進まない…。 遅刻しては困りますし、その様子を見ている親もだんだ …

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

子育て中の方が経験する、子どもの「これ買って」攻撃。 これ、本当に困りますよね。 おもちゃ売り場、スーパー、場所をわきまえず子どもが攻撃してくる。 いつもは可愛い我が子が嵐のように泣き、岩のように動か …

【パターン別】子供の嘘を常習化させないママの対応法

先日、3歳の息子をもつ友達とランチをしていた時のこと。 「うちのコ最近、嘘つくようになったのよね……」 と、ため息交じりに話をしていました。 ママにとって子供の嘘は「うちの子にかぎって」という思いが強 …

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

子供にお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

お手伝いは、親子が触れ合いながら生活スキルが身につき、自信もつく等、たくさんメリットがありますよね。 母学アカデミー学長・河村京子さんの著書には、「お手伝いには、段取り力や自分の能力の使い方についてな …